グーグルアナリティクスとサーチコンソールを連携させ検索キーワード(検索クエリ)などを調べる方法

「自身のサイトは狙った検索キーワードでどの位置に表示されているんだろう?」
「サイトは上位表示はされているのけど、ちゃんとクリックされているのだろうか?」

そんな疑問が浮かんだときは、グーグルアナリティクスとグーグルサーチコンソールを連携させ、ユーザーの動きをより正確に調べてみましょう。

これらふたつのツールはよく混同されることがありますが、

  • グーグルアナリティクスはユーザーがサイトにアクセスしてからの動きを把握するもの
  • グーグルサーチコンソールはユーザーがサイトにアクセスする前の動きを把握するもの

として捉えておいてください。

それでは、このふたつのツールを使ってユーザーの動きを把握する方法をみていきましょう。

グーグルアナリティクスとサーチコンソールを連携させる

正確なデータを得るためには、まずこのふたつのツールを連携させる必要があります。この方法に関しては、下記の記事で詳しく説明していますので、そちらを参考にしてください。

(参考記事)「グーグルアナリティクスとグーグルサーチコンソールのアカウントを同期する方法

サーチコンソールのデータを確認する

グーグルアナリティクスとサーチコンソールを連携させると、アナリティクスのレポート画面からサーチコンソールのデータを確認することができるようになります。

ここでは、「検索クエリ」と「ランディングページ」について解説していきます。

検索クエリを確認する

検索クエリは以下の手順で確認できます。

「管理画面」→「レポート」→「集客」→「Search Console」→「検索クエリ」

 

サーチコンソール 検索クエリ

各項目の意味は以下の通りです。

  • 検索クエリ・・・自身のサイトへの検索キーワード
  • クリック数・・・検索結果で表示された自身のサイトのページが、実際にクリックされた数
  • 表示回数・・・自身のサイトが検索画面上で表示された回数
  • クリック率・・・検索結果で表示された自身のサイトのページが、実際にクリックされた確率
  • 平均検索順位・・・対象期間における平均の検索順位

検索クエリを見ることによって、各キーワードごとに「自身のサイトがどれだけのユーザーを逃しているのか」や「検索順位でどの位置にいるのか」が明確になります。

ランディングページを確認する

ランディングページは以下の手順で確認できます。

「管理画面」→「レポート」→「集客」→「Search Console」→「ランディングページ」

ランディングページの解析画面では、サーチコンソールのデータとアナリティクスのデータが同時に表示されます。

サーチコンソール ランディングページ

検索クエリと異なり、「CTR」という項目が表示されますが、これが「クリック率」と同じ意味です。

まとめ

このように、アナリティクスとサーチコンソールを連携させておけば、「ユーザーがサイトにアクセスする前の行動」や「見込みユーザー(取りこぼしているユーザー)」が簡単に把握できます。

ふたつのデータも紐付けられるため、サーチコンソールとアナリティクスはぜひ連携させておきましょう。

『成果が10倍になるネット集客』無料プレゼント中

ABOUTこの記事をかいた人

タロウ

1990年3月9日神戸生まれ。 webが好きです、でもラーメンはもっと好きです。SEOには自信があります。最近太ってきたせいで着る服がありませんが、太ってきたのであったかいです。 Twitter・Facebookから友達申請よろ!