バイナリーオプション業者比較と選び方

バイナリーオプションは世界的に人気の高い投資で、国内・海外問わず様々な業者が存在します。
自分の口座を開設して大切なお金を預けるわけですから安全な業者と取引したいですよね。
また、投資ですからリスクは低く、リターンの高い取引ができることが望ましいです。
その他取引のしやすさやサポートツールの有無など、業者比較・選び方についてまとめました。

バイナリーオプション国内業者比較と選び方

バイナリーの国内業者とか以外業者とは?

日本の金融庁の登録を受けており、安心して利用できるのがバイナリーオプション国内業者です。
バイナリーオプション国内業者では自主規制に伴いどの業者も取引の種類やルールを規制しています。
その結果海外業者と比較すると業者ごとの違いがあまり目立たないのが特徴です。

そのため、バイナリーオプション国内業者を選ぶ際はチャートやツールの使いやすさや取引の種類、業者の取引実績を見て検討すると良いでしょう。
チャートやツールの使いやすさは個人差があるので、気になる業者は口座開設をして実際に試してみるのがおすすめと言えます。

業者の取引実績は各業者の公式HPで発表されています。
使ってみたい業者の経営体質を確認するためにも取引実績や業者の利益率をチェックするようにしましょう。

手数料無料キャンペーン 7月31日まで

trade200

▶︎バイナリーオプションはこちら

バイナリーオプション国内業者を選ぶメリットデメリット

バイナリーオプション国内業者のメリット

バイナリーオプション国内業者を選ぶ一番のメリットは安全性です。
近年バイナリーオプションの利用者が増えるとともに、海外業者利用者の出金・返金トラブルも増加しています。

高い利益が見込める海外業者で取引を行っても、その利益が出金できなければ話になりません。
出金や返金のリスクを考えると、迅速に出金や返金が行えるバイナリーオプション国内業者の安全性は大きなメリットと言えます。
また、金融庁の登録を受けているバイナリーオプション国内業者は信託保全が整っているため、万が一利用している業者が倒産しても補償があります。

また、ルールがシンプルで、国内業者のほとんどが扱うラダーオプションは、エントリー価格より為替レートが高くなるか低くなるかを予想する取引なので、
ルールがシンプルでわかりやすく、初心者でも理解しやすい仕組みになっています。

また、レバレッジがかからないので、投資額以上の損失が出ないようになっています。
最小投資額も少なめに設定されているので他の投資よりも初めやすいです。

一度に投入できる最大投資額も決まっており、損失も限定されているので、
大きく儲けることがないかわりに大きく損することもないので安心して投資を始めることができます。

安心安全なバイナリーオプション国内業者ですが、その対価として規制を受けやすいのがデメリットです。
金融庁に守られている反面、金融庁の規制を受けた場合は応じなければなりません。
規制によって超短期取引が撤廃され、新規登録時に投資に関する知識テストを受けることが義務付けられています。

また、安心であるとはいえ投資には変わりありませんから、勝負は予想が当たるか外れるかで、引き分けがなく勝ち負けしかありません。
勝てば投資額が倍に増え、負けると投資額を全て失います。
白黒はっきりしている投資なので短期間で投資額を増やせる可能性がある一方、一度に投資額を全て失うリスクがあります。

その他、規制のない海外業者と比較すると手続きが煩雑で稼ぎにくいというデメリットがあります。

登録も簡単で取引種類の豊富な海外業者と比べると手間がかかり、魅力が半減するという理由で、バイナリーオプション国内業者はトレーダーからの人気が減少傾向にあります。

GMO

FX取引高が4年連続世界最高を記録しているGMO証券は、ユーザーや取引額が多く安定した業者です。
GMOクリック証券自体の業績が安定しているので、安心して使用できる業者です。

5つの通貨ペアと「ラダー」オプションを取り扱っています。
PCだけではなくスマホにも対応しており外出先からも取引しやすいです。

PCもスマホも取引画面が使いやすいうえに無料の取引サポートツールが充実しています。
取引画面が見やすく、直感的に操作できます。
使いやすさは個人差もあるので、ブラウザからデモ取引画面にアクセスできるので使い勝手を確認してみることをおすすめします。

即時入金サービスを使えば入金無料、出金手数料が無料です。
FXやバイナリーオプション以外の投資も考えている場合は、GMO証券口座を作れば一つのアカウントで複数の投資が行えます。

バイナリーオプションを含む投資全般を始めたいならまずはGMOクリック証券がおすすめです。

https://www.click-sec.com/corp/ad/fxop/?aid=aw1en27&cid=fxop

FXトレードフィナンシャル

FXトレードフィナンシャルは会社名の通りFXに特化した会社です。
そのためバイナリーオプションの取り扱い種類も多く、「ラダー」「レンジ」「タッチ」の3種類のオプションを取り扱っています。

通貨ペアは6ペアと他と比較しても豊富で、FX取引に特化したツールが便利で使いやすいというメリットがあります。
また、PCやスマホで取引画面が見やすいのでタイミングをつかみやすいです。

「ぶんせきチャート」や「未来チャート」という分析・予想ツールがバイナリーオプション用にカスタマイズされており、無料で使用できます。
これらのツールを使って勝ちにいくトレーダーも多いようです。

出金時は5万円以下または全額出金の時以外は手数料無料で出金できます。
入金もインターネットバンキングを使うと無料で入金できます。
テクニカル面に強い会社なのでバイナリーオプション取引には強い会社と言えるでしょう。

http://www.fxtrade.co.jp/lp/bo_02_fxtf

トレイダーズ証券(みんなのバイナリー)

通貨ペアは3ペア、「ラダー」オプションのみ取り扱っています。
6つの目標レートを選んで投資するので、レート数や取引数が多いと迷ってしまう人はトレイダーズ証券から始めるのがおすすめです。

登録不要でデモ画面が試せるので、一度デモ画面を触ってみると良いでしょう。
取引画面がシンプルで使いやすく、チャート上に必要な経済指標の発表予定を出してくれるので初心者には便利です。

PCだけでなくスマホやタブレットのアプリ画面も見やすいので外出先から取引が簡単にできます。
みんなのFX口座を利用すると、ダイレクト入金による入金手数料と出金手数料が無料になるのも嬉しいところです。

http://min-fx.jp/LP/index_bo4.html

オプトレ

オプトレはヤフーグループが運営するバイナリーオプション業者です。
「ラダー」と「レンジ」の2種類のオプションを取り扱っています。
通貨ペアは8種類と業界最多です。

8つの通貨ペアのチャートを見るだけで世界経済全体の流れが直感的に把握できるのも強みです。
パソコン・スマホ・タブレットから取引可能なので場所を選ばず取引ができます。
専用スマホアプリがあるのでスマホやタブレットの画面がとても使いやすいです。

また、事前に選択したおいた回号の開始や通貨ペアの購入価格をメールで通知してくれるサービスがあるので取引タイミングを逃しません。
判定時刻1分前まで取引可能です。
気になる手数料は外貨ex口座経由で提携する銀行口座からの入出金を無料で行うことができます。

http://www.yjfx.jp/accountform/optre.html

国内業者を選ぶ際の注意点

バイナリーオプション国内業者で口座を開設する際は身分証明書の提出と知識確認テストの合格が必須です。

バイナリーオプションを理解しているかどうかを問うのが知識確認テストですが、
専門用語が多いため初めてバイナリーオプションを始める人が準備せずにテストを受けるとさっぱりわからないかもしれません。

各業者のHPには必ず知識確認テスト対策ページがありますし、金融先物取引協会のHPに参考ページがあるので事前に勉強しておきましょう。
テスト勉強は面倒に感じるかもしれませんが、基本知識が頭に入っておいた方がバイナリーオプションで利益を上げやすいです。

また、バイナリーオプションを始めようとして手続きをしてから、本人確認や知識確認を経て口座開設になるので実際取引ができるまでに日数がかかります。
始めたい日からすぐ取引ができるとモチベーションも上がりますが、そうでない場合面倒になって口座開設をやめてしまうかもしれません。
バイナリーオプション国内業者で申し込みをすませたら、テスト勉強をしたりデモ画面でイメージを膨らませたりしてモチベーションを下げないように気をつけましょう。

実際に取引を始めて20万円以上利益が出たら確定申告を行う必要があります。
申告分離課税方式で計算して申告しましょう。
損失を3年分繰り越して申告できたり、他の投資を行っている場合その損失と相殺できたりするので、よく調べてから申告を行うようにしましょう。

バイナリーオプション国内業者は当局からの規制を受けやすいのも事実です。
金融庁のお墨付きで安全性が高い反面、今まで行っていた取引が急に規制を受けるリスクがあります。
バイナリーオプション取引に関する世間の動向はチェックしておきましょう。

バイナリーオプション海外業者比較と選び方

制約の多い日本業者と異なり、多様な取引スタイルを選択できるのが海外業者です。
また、ペイアウト率やサービス内容も業者によって特徴があります。

そのため、海外業者を選ぶ際は自分に合った業者を選ぶのがポイントです。
海外業者を選ぶ前に、あらかじめ自分が重要視するポイントを確認しておきましょう。

海外業者を調べる時には、自分が行いたい取引スタイルを取り扱っているかどうかはもちろん、
利益に直結するペイアウト率や最低入金額、最低取引額の数字は確認しておきましょう。

PC以外のデバイスから取引できるかも大切です。
スマホやタブレットで専用アプリがある業者であれば、出先でも簡単に取引が行えます。
普通の携帯、いわゆるガラケーに対応している業者もあるのでガラケーユーザーは要チェックです。

出金方法や出金手数料、出金の実績についても確認しておきましょう。
ネットや電話でのサポート体制が整っている業者もあるので初心者で始めるのが不安な人はサポート体制が充実している業者が良いですね。

安全性はもちろんですが、取引スタイルやチャートやアプリなどの使い勝手、手数料やペイアウト率など、
利益に関する情報を収集した上で、自分の目的に合った海外業者を選ぶようにしましょう。

バイナリーオプション海外業者のメリット・デメリット

バイナリーオプション海外業者は国内業者と比較するとメリットがたくさんあります。

一番大きいのは自由度の高さです。
元々バイナリーオプション自体が海外から日本に輸入されたもののため、取引に関しては海外の方が進んでいます。

日本では1日の取引時間や取引回数が制限されていますが、海外業者では24時間で何回でも取引できるため様々な取引が行われています。
日本だと短期取引でも最短2時間という規制がありますが、海外業者では最短1分という超短期の取引が可能です。

また、取引スタイルも日本では二者択一オプションのみですが、海外業者を利用するとワンタッチオプションや境界オプションなど複数のオプションを選択できます。
日本では通貨のみが取引対象ですが、海外では通貨はもちろん個別株式銘柄や株価指数など選べる銘柄が多数あるので、高利益が見込める銘柄を選ぶことが可能です。
口座開設手続きが簡単でスピーディーに取引が始められるのもメリットです。

メリットの多い海外業者ですが、もちろんデメリットもあります。
海外業者は基本的に海外に拠点を置いているため、業者によっては日本語サポートが手薄な業者があります。
そのため、不明点がある場合は英語で問い合わせなければならず、回答への時差が生じるなど困る場面があるかもしれません。

以上のように、1日に何回も取引ができるというメリットがある反面、取引をストップするのに外部から強制がかからない環境のため、損失額を増やしやすい面もあります。
客観的に判断し、必要があれば取引をやめるよう自分を律することが必要になると言えるでしょう。

Yバイナリー

Yバイナリーはイギリスの会社です。
海外業者ですが日本向けのサポート体制が整っており安心して使えます。

初めて海外のバイナリーオプション業者を利用する時は、分からないことや不安なことが多く出てくるはずです。
そんな時のために、Yバイナリーでは日本語スタッフによるメール・電話・チャットを使ったサポート体制が整っており安心して利用できます。

また、スマホから簡単に取引できる専用アプリがあるので外出先でも取引可能です。
バイナリーオプション初心者向けの教育コンテンツも充実しています。

ペイアウト率は最大500%が選択できるマックストレードを使用しており、高い利益が望めます。
最低入金額は20000円からで、銀行送金とクレジットカードとネッテラーに対応しています。
入金手数料が無料の上、クレジットカード以外は出金手数料無料なのも魅力的です。

https://www.ybinary.com/

ハイローオーストラリア

海外バイナリーオプション業者は日本の金融免許を取得していないので不安に思う人が多いかもしれません。
ハイローオーストラリアは厳しいオーストラリア金融当局で金融商品業務の免許を取得している安全性が高い業者です。

また、初めての人でも取引しやすいように最低入金額が5000円、最低取引額が1000円に設定されています。
取引方法がハイローの二者択一方式のみなのでルールが分かりやすいです。
最大200%の高ペイアウト率を設定しているので高い利益が見込めます。

チャート画面も大きく見やすいので使い勝手が良いです。
クレジットカード、銀行送金、ネッテラーに対応しているので入出金がスムーズです。

入金手数料は無料です。
出金時はクレジットカードおよびネッテラーでは出金金額の1.5%の手数料がかかります。
銀行送金での出金手数料は無料ですが最低出金金額が設定されています。
メールや電話での日本語サポートもしっかりしているので安心です。

https://jp2.highlow.net/account

オプションビット

オプションビットはキプロス証券取引委員会の認定を受けている業者です。
キプロス共和国の金融規制当局であるキプロス証券取引委員会では、一定額の預託金の保証を行っています。

バイナリーオプションを行う際、日本の業者は業者が倒産した時に預託金の保証があるけど、海外業者では保証がないから心配だと思っていませんか。
オプションビットなら預託金の保証があるため安心して取引が行えます。
オプションビットのバイナリーオプション取引チャートも高機能で使いやすい上に、Algobitという分析ツールを使えば取引タイミングを簡単に予測できます。

高ペイアウト率な上に最低入金額が10000円、最低取引額も500円と利用しやすく、銀行送金やクレジットカード、ネッテラーに入出金が対応しているのでとても便利です。
入金手数料や口座維持費は無料で、月1回出金手数料無料サービスがあるのも嬉しいポイントです。
完全日本語対応で電話やメールやチャットでのサポートが充実しています。

また、ガラケー含むほとんどのデバイスに対応しており、スマホ専用アプリもあるので外出先からの取引もスムーズです。

https://www.optionbit.com/ja/

スマートオプション

超短期型のハイローだけでなくFX取引や自動取引など取引種類が豊富で利益を出しやすいのがスマートオプションです。
自動取引のiフォローではトレーダーをフォローし、その人の取引を自動で真似してくれる機能です。

腕のいいトレーダーをフォローすると、自分で取引しなくても多額の利益が期待できるので初心者におすすめです。
日本語のサポート体制もしっかりしており、安心して利用できます。

他の業者では条件を達成しないと出金できない場合が多々ありますが、スマートオプションでは出金条件達成前でも入金額と利益額を出金できるので安心です。
クレジットカードと銀行送金、ネッテラーに対応しておりスムーズに入出金できます。

豊富な取引種類があるにも関わらず最小入金額は10000円、最低取引額が500円に設定されているので少額から様々な取引を試すことができます。
高ペイアウト率ももちろんですが、他の業者にないオリジナルな取引要素が多いので自分に合う取引を試して利益を出したい人におすすめです。

https://www.smartoption.jp/

海外業者を選ぶ際の注意点

安全簡単にバイナリーオプションを

バイナリーオプションを行う場合、利益が20万円以上生じると確定申告を行う必要があります。

海外業者で取引を行うと総合課税の扱いになります。
取引で得た利益と他の収入を合算した金額から控除額を引いたものに課税される仕組みです。
国内業者は申告分離課税なので間違えないように気をつけましょう。

また、日本の金融業者では信託保全がありますが、海外業者にはないことがほとんどです。
業者が倒産するなど何かあった場合、預けておいたお金を保証するシステムがないことが多いので、海外業者の経営の安全性を確認しておくようにしましょう。

海外業者は国外に拠点を置いているので、金融会社としての登録内容を確認するのに手間がかかります。
それを悪用して、一部の悪質な業者では実態のない会社を海外バイナリーオプション会社としてHP上で募集することがあります。
海外バイナリーオプション業者の評判を調べると悪質な業者が分かるので登録する前に評判や実績を調べておきましょう。

バイナリーオプションについてより詳しく知りたい方は以下の記事も参考にしてみてください。

はじめてのバイナリーオプション入門

2016.03.25

バイナリーオプションは詐欺なのか?武井壮が挑戦

2016.02.09

バイナリーオプションの初心者向け攻略方法【戦略&必勝法】

2014.10.21

ABOUTこの記事をかいた人

タロウ

1990年3月9日神戸生まれ。 webが好きです、でもラーメンはもっと好きです。SEOには自信があります。最近太ってきたせいで着る服がありませんが、太ってきたのであったかいです。 Twitter・Facebookから友達申請よろ!