HTMLとは?|アフィリエイト用語集

htmlのイラスト

HTML(エイチティーエムエル)は「Hyper Text Markup Lanfuage(ハイパー・テキスト・マークアップ・ランゲージ)の頭文字をとったもので、Webページを作成するために使われる言語のひとつです。Webページのほとんどが、HTMLで作られています。

Webページというのは“専用言語”で作成されており。画面上で右クリックをすると「ページのソースを表示」という項目があります。

それをクリックすると、色んな記号や文字などがズラッと出てきます。これがWebページを形作る裏側のソースコードです。

Webページというのは、基本的にHTMLタグを使って構成されています。
タグというのは例えば、【〈html〉~~~〈/html〉】このタグは「これはHTML文書ですよ」と宣言するタグです。

【〈title〉~~~〈/title〉】このタグの間にタイトルを指定します。タイトルは「お気に入り」に追加する時などに表示されるものです。
もしタイトルを指定していない場合は、そのページのURLがそのまま表示されることになります。

ハイパーテキストとは?

htmlとセットでよく聞く”ハイパーテキスト”という言葉。

その名の通り高機能なテキスト(コンピュータの画面上に表示される文字情報)のことであり、
ハイパーリンクを埋め込むことが出来ます。

ハイパーリンクというのは、Webページで見る下線がついたテキストなどをクリックすると、別のWebページに移動するリンクのことです。
ハイパーテキストは別のWebページのリンクを貼り付けたり、Webページに画像や動画、音声などをリンクで埋め込むことが出来ます。

マークアップとは「目印をつける」という意味で、その文書がどのような要素なのかを示すということです。

文書内の各部分にHTMLによって目印を付けて、その部分がタイトルなのか小見出しなのか、段落なのか等コンピュータが理解しブラウザで読み込まれることでWebページが表示されます。

>>アフィリエイト用語集一覧に戻る

ABOUTこの記事をかいた人

タロウ

1990年3月9日神戸生まれ。 webが好きです、でもラーメンはもっと好きです。SEOには自信があります。最近太ってきたせいで着る服がありませんが、太ってきたのであったかいです。 Twitter・Facebookから友達申請よろ!