スタバの新作はプーさんのハニーハント味?

こんにちは、童貞が嫌いな男タカハシです。

スタバファンの楽しみと言えば、やはり新作メニューの発表ではないでしょうか?

先日、退勤前に社長よりこんなことを言われたので、朝から会社とは逆方向の電車に乗りわざわざスタバまで足を伸ばしました。

社長
タカハシくん、スタバの新作知ってる?
タカハシ
知らないです。僕の家(馬橋というど田舎)の近くにカフェが存在しませんから・・・
社長
あのさ、ちょっとおいしいか知りたいから明日の朝さ、出勤前に味見してきてよ
タカハシ
家の近くにないんですけど・・・(2回目)
社長
あ、あそこならあるから、あそこあそこ!(会社とは逆方向の場所)

スタバの新作、ゴールデンメイプルフラペチーノ with キャンディ ウォルナッツを飲んできた!

スタバの新作、ゴールデンメイプルフラペチーノ with キャンディ ウォルナッツ(税抜き560円)について書いていきますが

まず、はじめに名前が長過ぎる!

名前が長いせいで

 

 

 

 

 

注文する時、少し緊張してしまったではないか! 

 

 

 

 

はい、しっかりレポートします。

まずは見た目からレポート

starbacks

メイプルシロップにハニー、バター、クルミのペーストを使用したソースをドリンクのベースにブレンドし、キャンディコーティングされたクルミを混ぜ込んで、ホイップクリームの表面にソースをたっぷりとかけてゴールドカラーの見た目に仕上げた、季節限定のフラペチーノ®です。

引用元:starbucks 

スターバックスの公式HPページにも記載がある通り「メイプルシロップ」に「ハニー」「バター」「クルミ」と言った、ダイエット中には絶対に聞きたいくないような甘く甘く甘いソースがホイップにたっぷりとかかっていて、見た目だけで甘党の味方だとわかるほどです。

※ちなみにTallサイズは390キロカロリーで、これはマクドナルドでいうベーコンレタスバーガーと同じカローリなので、かなりボリューミー

 

筆者は飲む前に、定員にオススメされるがままに買った「シュースティック(税抜き80円」を差し込みました。

starbacks2

※勢いよく差し込むと写真のように、すんごく汚くなるので、優しく優しく差し込んでください。

おいしいの?

そして、誰もが気になる味に関してですが、僕も飲む前に気になったので注文時に店員にどんな味がするのか聞いたところ

スタバ店員
プーさんのハニーハントのような味です! 

と素敵な笑顔で言われました。

 

 

プーさんのハニーハント味だって!?

 

 

プーさんのハニーハント味がわからないので、全くイメージがつかめません。

その後、プーさんのハニーハント味について調べたら、同じようなことを言われた方が何人もいて、これはスタバサイドのオペレーションなのかな?

 

もしこれから「ゴールデンメイプルフラペチーノ with キャンディ ウォルナッツ」をご注文する際は、一度

 

 

「どんな味がしますか? 」

 

 

と、店員さんまでお問い合わせください。

結局味はどうなの?

肝心の味ですが、本当に本当に甘かったな。

とにかく甘くて、甘党にはたまらないんですが、朝から飲むのはオススメできません。
かなり重いので、おやつの時間にでも飲んでいただくのがベストなのかーなんて感想を抱きました。

あと、朝に飲むことをオススメしない理由がもう1つありまして、、、、

 

ナッツです。
細かく入っているナッツが、結構歯につまるんです。

女性の方なんて特にですが、朝から爪楊枝を加えて出勤する訳にはいかないですよね? 

なので、やはり朝から飲むことはオススメできません。

まとめ

結論、スタバで毎回「キャラメルフラペーチノ エキストラホイップ エキストラキャラメルソース」を注文する筆者的には大満足の1品でした!非常に甘い甘い一品なので、甘党の方には絶対オススメです。※朝はダメ

期間限定 9月1日(木)〜10月2日(日)

となっているのに加え、売り切れ次第終了とのアナウンスがあらかじめされていますので、お早めにお召し上がりください!

 

 

P.S

9月1日に発表された、新作というのが今回紹介した「ゴールデンメイプルフラペチーノ with キャンディ ウォルナッツ」と「ゴールデンメイプルラテ」の2つあるのですが、社長がどっちのことを言っているのかわからなかったので、朝8時から1人で2つ飲んできました。

starbacks5

 

冗談抜きで朝から気分が悪いです。
※スタバはなにも悪くありあません。

starbacks4

『成果が10倍になるネット集客』無料プレゼント中

ABOUTこの記事をかいた人

ケニー

ピンポンキャッチという「箸を使って、1分間でピンポン玉をいくつキャッチできるか!?」という企画のギネス記録を持ってましたが、最近中国人に記録を抜かれた上、僕はピンポン球を投げ、親友がキャッチするというスタイルから、投げる側の凄さが認められず、ギネス記録保持者の欄から名前まで抹殺されました。