【普通が一番】カップヌードル謎肉祭レビュー

こんにちはクソガリ野郎です。

僕は食への興味が無さすぎて、簡単に用意できるカップ麺などが多くなりがちです。
あまりにひどい時は、多少お腹が空いていても用意するのすら面倒くさくてご飯を抜く始末。

結果、前の職場での健康診断の脂質検査で、

中性脂肪が低すぎるから病院で検査しろ

と言われたことが2度ほどありました。
結局病院行ってないのですが・・・。

世のダイエット中の皆様、痩せすぎも健康に良くないようです。
気をつけましょう。

そこで、今日もカロリー摂取のために暴飲暴食の限りを尽くそうとしているわけで・・・。
とういことで、今日はカロリー高そうな、

カップヌードル謎肉祭

を食したいと思います。

カップヌードル謎肉祭を詳しく

正式名称は、

カップヌードルビッグ”謎肉祭”肉盛りペッパーしょうゆ

です。

カップヌードル謎肉祭

謎肉が普通のカップヌードルビッグの10倍入っています。
カップヌードル生誕45周年を記念して発売されました。

メーカー希望小売価格は税抜205円で、内容量は106gです。
普通のカップヌードルビッグが205円、100gなのでほんの少しお得になっています。

今回僕はスーパーで税抜188円で購入しました。

そもそも”謎肉”って何?

謎肉を知らない人のために解説すると、カップヌードルに入っているサイコロ状の成型肉のことです。
メーカーの正式名称は”ダイスミンチ”というのですが、ファンから愛着を込めてこう呼ばれています。
謎肉自体にしょっぱい味が付いていて、程よいアクセントになっているわけです。

”と呼ばれてはいますが、原料が不明ということではありません。
(そもそもこの国で原材料が不明な食品が出せるわけが無いですよね)
肉は日本、または北米産の豚肉を使用しているそうです。

カップヌードルファンの中でも大変人気で、2009年3月から”コロ・チャー”に変更があった時には

「謎肉に戻せ!」

と声がネット上で挙がったほどです。
ちなみにコロ・チャーといえば木村拓哉のCMが話題になりましたね。

謎肉祭開封

では、開封していきます。
通常の10倍の謎肉をご覧ください。

謎肉祭開封

茶色いコロコロしているのが謎肉です。

30個くらいは入っているでしょうか?
確かに多いですね。

代わりにエビや卵といった、通常の具材が入っていません。
肉とネギだけです。
これが食べた際にどのように影響してくるのかがポイントですね。

謎肉祭を食してみた

謎肉祭出来上がり

待ち時間はいつも通り3分です。
これは個人の好みで変えても大丈夫かもしれません。
(自己責任でよろしくお願いします)

カップヌードルってビッグになって量が増えようが、謎肉を増量しようが待ち時間は3分据え置きなんですね。
量が増えたら戻すのに時間がかかりそうなイメージがあるのですが。

スープ、麺の味は?

実際に食べてみた感想は、

スープ・麺は普通のと変わらない

というところでした。

一応、”肉盛りペッパーしょうゆ”なのでほんの少しコショウを感じるのですがそこまでではありません。
公式サイトの説明では、

たっぷりの “謎肉” からうまみが染み出たスープに、ペッパーでアクセントを加えました。
(公式サイトに飛びます)

とあるのですが、謎肉の旨味もそこまで感じません。
ほぼ、いつも通りのカップヌードルを謎肉大盛りにしただけという印象でした。

多量の謎肉

謎肉の方ですが、元々一辺5mmほどのサイコロ状なので麺と一緒に食べられるものではなく、謎肉を箸やフォークですくって食べる必要があります。
通常の2、3粒程度であれば気にならないのですが、さすがにこの量をいちいち箸で取るのは面倒くさく感じました。

結局、麺を先に食べて最後にスープと一緒に流し込むように食べました。
僕は元々食が細い方なので、20粒以上の多量の謎肉を口に含むのはさすがにしんどかった・・・。

肉以外の具材が無いので、食べる時はある程度覚悟をしておいた方がいいかもしれません。
ボリュームを求める方には最適でしょう。

まとめ

謎肉が増量したことでボリュームがアップしてそうですが、

  • エビ

の通常の具材が入っていないので、実はボリュームはトントンな感じです。
ペッパーもそこまで主張していないので、単純に具材が謎肉オンリーになったカップヌードルと考えていいでしょう。

謎肉に特化しているので、謎肉が好きという方には嬉しい商品です。
逆に謎肉にそこまで愛着がない方は、素直に普通のカップヌードルを食べたほうがいいかもしれません。

これが通常のラインナップに加わるのか期間限定商品なのか不明ですが、店頭で見つけたらとりあえず手に取っておくのも良いと思います。
カップヌードルなので日にちも持ちますし。

ぜひカップヌードル45周年の歴史を感じてみてください。

ABOUTこの記事をかいた人

マツ

高2から陰キャでコミュ障になり、最終学歴高卒フリーターの人生がけっぷち屑野郎へ。 こっから人生大逆転ホームラン狙ってます。担当はゲームとお菓子調達です。よろしこ 最近、4コマ漫画のブログをはじめました。 クリック