コンテクスチャル・セリングとは?|アフィリエイト用語集

コンテクスチャル・セリングとは、

パッと見ただけでは広告だと気づきにくい広告の掲載方法のことです。

通常のバナー広告のように広告を掲載するような場所に貼り付けるのではなく、Webページのメニューやコンテンツの一部かと思わせるような広告を指します。

テキストなのでユーザーから見ると広告という意識を持ちにくいため、クリック率が高くなる傾向があります。
そのためアフィリエイトには向いている方法で、クリック率が高いということは「広告費用対効果」が良いといえます。

極端にいえば、コンテンツ内の言葉一つ一つ全てにリンクを埋め込むこともできます。
しかしコンテクスチャル・セリングも度を越してやり過ぎてしまうと、大変読みづらいコンテンツとなってしまいます。

「ここは見て欲しい」というものに絞ってコンテクスチャル・セリングを上手に利用できると、
その文字が目立ちアフィリエイトとしての効果も高くなりアクセス数を増やすこともできるといえます。

『成果が10倍になるネット集客』無料プレゼント中

ABOUTこの記事をかいた人

タロウ

1990年3月9日神戸生まれ。 webが好きです、でもラーメンはもっと好きです。SEOには自信があります。最近太ってきたせいで着る服がありませんが、太ってきたのであったかいです。 Twitter・Facebookから友達申請よろ!