コンバージョン・CVRとは|アフィリエイト用語集

27

コンバージョン(CV)とは、英訳すると「転換」「交換」などを表す意味です。

インターネット上においてWebサイトの運営者が目標とする最終の成果を達成したものをコンバージョンといいます。

Webサイトの種類によって目的が異なるため、何をコンバージョンと定義するのは難しくサイトによってコンバージョンの意味は変わってきます。

コンバージョンの定義

  • ECサイト(ショッピングサイト)では商品購入
  • コミュニティサイトなら会員登録
  • 企業サイトでは資料請求や問い合わせ

以上で挙げた例がサイトごとのコンバージョンの例となります。

CVR【コンバージョン率】とは

CVRとは、サイトに来てくれたユーザーのうち、最終成果であるコンバージョンに至った割合を示す指標のことです。

Webサイト運営者が「コンバージョン=商品の購入」と定めた場合、コンバージョンの数字は商品の購入数ということになります。

コンバージョン率が低いというのは、ユーザー(お客さん)がお店(Webサイト)に来てくれたけれど、何も商品を買わずに帰ってしまった人の割合が低いということです。

CVRの計算方法

【コンバージョン率=コンバージョン数÷訪問者数×100】

例えば、Webサイトを訪れてくれたユーザーが500人いて、商品を購入してくれた人が10人いるとします。

この場合

〔10(購入者)÷500(訪問者数)×100=2

コンバージョン率は、2%となります。

CVRとの付き合い方

コンバージョンレートが高いほど、運営者が目標としているコンバージョンを達成できているように思うかもしれません。
しかし、コンバージョン率が上がりさえすれば良いというわけではありません。

例えば、サイトに1000人のユーザーが訪問してくれ、そのうちの10人が商品を購入してくれたとします。
この場合、コンバージョン率は「1%」となります。

それに対して、サイトに3000人のユーザーが訪問してくれ、そのうち15人が商品を購入してくれたとします。
この場合のコンバージョン率は「0.5%」となります。

コンバージョン率だけを見ると0.5%後者の方が低くなっています。

でも実際、商品を購入してくれた人数は後者の方が多いのです。

コンバージョン数やコンバージョン率を上げることは大事ですが、その数字の増減だけを見比べても意味がないので気をつけましょう。

その数値から、いかに分析し、いかに判断するのか、そしてそれをどのように活かすかによってWebサイトの向上に繋がるのです。

>>アフィリエイト用語集一覧に戻る

『成果が10倍になるネット集客』無料プレゼント中

ABOUTこの記事をかいた人

ケニー

ピンポンキャッチという「箸を使って、1分間でピンポン玉をいくつキャッチできるか!?」という企画のギネス記録を持ってましたが、最近中国人に記録を抜かれた上、僕はピンポン球を投げ、親友がキャッチするというスタイルから、投げる側の凄さが認められず、ギネス記録保持者の欄から名前まで抹殺されました。