CPMとは|アフィリエイト用語集

CPMとは、Cost Per Mille(コストパーミル)の略語です。

Milleとは1000という意味を持ちます。
※余談ですが、英語でいうところのthousandで、Milleはラテン語になりますので「マイル」ではなく「ミル」なので要注意

CPMはWeb広告における指標の一つで、広告を1000回表示するごとに発生する料金です。

CPMの「M」が1000の意味なので、100回のデーターではCPMにはなりません。もし表示100回あたりの料金を知りたい場合は、CPMを10で割りましょう。

似たような言葉でCPCがありますが、これはクリックにより発生する料金にたいして、CPMはインプレッション数によって発生する料金です。

CPMの計算方法

例えば、見込みインプレッションが月間100万PVで1か月の広告費用が10万円かかるバナー広告があったとします。
この場合、

10万(円)÷100万(PV)=0.1

という計算になり、1PVあたり0.1円となります。

しかし、CPMは1000PVあたりのコストのことなので、

実際には

0.1円×1000=100

となり、CPMは100円になります。


つまり「この広告を1000回表示すると100円の料金が発生しますよ」ということが計算でわかりました。

広告主である企業側はこのCPMがコストになり、広告を掲載するサイト側は収益性をあらわすものとなるのです。

>>アフィリエイト用語集一覧に戻る

無料でウェブマーケティングを勉強しませんか?

ABOUTこの記事をかいた人

ケニー

ピンポンキャッチという「箸を使って、1分間でピンポン玉をいくつキャッチできるか!?」という企画のギネス記録を持ってましたが、最近中国人に記録を抜かれた上、僕はピンポン球を投げ、親友がキャッチするというスタイルから、投げる側の凄さが認められず、ギネス記録保持者の欄から名前まで抹殺されました。