CPCとは|アフィリエイト用語集

29

CPCとは、Cost Per Click(コストパークリック)の略語で「クリック単価」のことです。

インターネット広告の掲載料金の単位の一つです。
Webページなどに掲載されているテキスト広告やバナー広告というのは、そのWebサイトに訪問したユーザーが広告をクリックすると、CPC1回分の報酬が発生する仕組みになっています。

CPCの例

広告主が「CPCが100円」という場合は、訪問者が広告主サイトへ1クリック(=1アクセス)するたびに、広告掲載料として100円払ってくれるということになります。

CPCは低ければ低いほど「費用対効果」が高いといえます。

CPCは『広告費÷クリック数』で算出し
広告費総額が12万円でクリック数が1000
回なら

120000÷1000=120

クリック単価は120円ということになります。

CPCはCPMと違ってクリックされたときに発生する料金なので、表示だけされたとしても0円です。
あなたのWebサイトに来てくれたユーザーが、その広告が1000回表示させたとしても、クリックされなければクリック回数はゼロなので料金は発生しません。

Web広告が1回クリックされて発生する料金、これがCPCです。

>>アフィリエイト用語集一覧に戻る

無料でウェブマーケティングを勉強しませんか?

ABOUTこの記事をかいた人

ケニー

ピンポンキャッチという「箸を使って、1分間でピンポン玉をいくつキャッチできるか!?」という企画のギネス記録を持ってましたが、最近中国人に記録を抜かれた上、僕はピンポン球を投げ、親友がキャッチするというスタイルから、投げる側の凄さが認められず、ギネス記録保持者の欄から名前まで抹殺されました。