ロングテールSEOとは?

アクセスアップのためにビッグキーワードばかりを狙って、アクセスの伸びを妨げてませんか?

今日はそんなあなたのために、ロングテールSEOというものをご紹介しましょう。

ロングテールSEOとは

ロングテールSEOとは、検索ボリュームがあるビッグワードでの上位表示とは別に
検索ボリュームが少なく、競合もいないようなスモールワードで検索上位を狙い、より広い層のユーザーを獲得できるように施策を凝らすことを言います。

パレートの法則

ロングテールSEOと全く逆の概念なのですが、ECサイトが普及する前、店舗販売が当たり前の時代では、「2:8の法則」というのが謳われていました。

これは何かというと、お店にある2割の商品の売上が会社の売上の8割を占めるということです

longtall-seo2

しかし、AmazonをはじめとするECサイトの普及により、この概念はそのままひっくり返されロングテールという概念が生まれます。

ロングテールSEO

サイト全体のアクセスを見た時に、人気のある記事のアクセス数が全体の2割、他の人気のない記事のアクセス数の合計がサイト全体のアクセスの8割。

longtall-seo1

つまり、サイトのアクセスのおおよそを、人気のない記事が支えているという状態を目指すのが、「ロングテールSEOをする」ということになります。

ロングテールSEOのメリット・デメリット

ここまでロングテールSEOとは何かを説明していきましたが、メリットやデメリットがあるので紹介していきます。

メリット

  • サイトのアクセスが安定する
  • サイト全体で強くなる
  • 競合が少ないので、様々なワードでの検索上位が狙える
  • ニッチなキーワードゆえ、CVにつながりやすい

デメリット

  • コンテンツを充実させるための時間がかかる
  • コンテンツ量が増えるので、重複の恐れがある
  • 爆発的なアクセスがある訳ではないので短期間での結果が見えにくい
  • 記事数が多くなるため、管理の手間が増える

ロングテールSEOとの付き合い方

デメリットでもご紹介しましたが、ニッチなキーワードゆえ、検索上位にいるにも関わらずアクセスが毎日ほとんどないなんてことも珍しくありません。

「それじゃやる意味がないじゃん! 」

と思われがちな問題児ロングテールSEOとの付き合い方を以下で紹介していきます。

ビッグワード1記事+他多数

弊社が抱えるクライアント様の中でも、競合が多い業界で検索からの流入増やしたいなんて要望が多々あります。

そんな時に、このロングーテールSEOを推奨するのですが、まずはビッグワードでボリュームのある記事を1つ書き、あとはサイト全体のコンテンツボリュームを増しましょう!という提案をします。

かなり、当たり前のこと言っていますが、これが以外とできてないんですよね。

「検索流入がないから、検索ボリュームがもっとあるキーワードで記事を書くことが重要ですよね? 」

なんて、意見も残念ながらよく聞きます・・・

リンクを使うことで内部施策

ビッグワードで書く1記事には、長くなっていいので広く浅く記事を書きます。

ただテキストが並ぶだけの長い記事は好まれないので、弊社がオススメしてるのはリスト記事にして、要点をまとめるような記事を作りましょう。

例:FX関連のキーワードで上位表示を考えてる場合

h1僕がFXをオススメする10のワケ(タイトル案)

リード文 200文字程度

h2FXをはじめるメリット
200文字

h3 自動化できる
300文字で説明

h3 利益率がいい
300文字で説明

h3 入金が早い
300文字で説明

h3 専門スキルが不要
300文字で説明h3

時間場所を問わない
300文字で説明

h3世界の情勢を知れる
300文字で説明

h3 レバレッジがかけられる
300文字で説明

h3 参加へのハードルが低い
300文字で説明

h3 手数料が安い
300文字で説明

h3 元本からマイナスになることはない(ゼロカット)
300文字で説明

h2FXをはじめてみよう!(まとめ)
300〜500文字

要点を小見出しh3で挙げ、300文字程度で軽く説明するという構成にします。

ここでは、300文字程度でさらっと触れた内容でも、もっと詳しく書ける! なんてことが多々あるでしょう。

例であげたh3「自動化できる」を他の記事にすると

  • なぜ自動化できるのか
  • 自動化に必要な環境
  • オススメツール
  • チェック頻度について
  • 自動化するためのオススメの設定

というように、独立した記事にしても十分コンテンツとして充実できるものにできます。

これをしっかり1記事にして、h3「自動化できる」以下に詳しくは◯◯という記事で説明していますが・・・

という1文を加え、独立させた記事のリンクを埋め込みます(アンカーテキストにしてください)。

こうすることで、ビッグワードで書いた記事がサイトにおける目次ページのような役割を果たすのに加え、内部にリンクを送ることによりSEOにも効果的です。

まとめ

SEOというのは本来、特定のキーワードでサイトを上位を持っていくというよりは、サイト全体のコンテンツを充実させることが重要です。

100個記事があるとすれば、キーワードボリュームの有無に限らず、100個のキーワードでSEOをすることが理想です。(たろろぐのおもしろ記事は全くSEOを意識してませんが・・・)

長期的にサイトの運用を考える方でしたら、今回説明したロングテールでSEOを行うことが非常に重要なので、サイト全体のアクセスの8割が、特定の記事から・・・といった状態にならぬよう、しっかりニッチなキーワードを拾っていくことが重要になります。

無料でウェブマーケティングを勉強しませんか?

ABOUTこの記事をかいた人

ケニー

ピンポンキャッチという「箸を使って、1分間でピンポン玉をいくつキャッチできるか!?」という企画のギネス記録を持ってましたが、最近中国人に記録を抜かれた上、僕はピンポン球を投げ、親友がキャッチするというスタイルから、投げる側の凄さが認められず、ギネス記録保持者の欄から名前まで抹殺されました。