アフィリエイトを始める前に準備するもの・必要なもの

「パソコンがなくスマホしかないのですが、アフィリエイトはできますか?」

という質問を受けることがあります。

 

スマホでできないこともないのですが、、、

「今やっていることで運が良かったら稼げればいいや」ということでよければいいのですが、
「アフィリエイトで稼ぎたい!」というのであれば、作業効率的にパソコンは用意すべきです。

その他にもアフィリエイトを始めるために、揃えていただきたいものが4つあります。

  1. 10年以内に購入した「Windowsパソコン」
  2. これからいろいろな所に登録をする際に必要な「メールアドレス」
  3. アフィリエイト報酬を入金してもらうための「銀行口座」
  4. アフィリエイトサイトを作るために必要な「レンタルサーバーやドメイン」

以上の4つに関しては”必ずしも必要ではない”のですが、0から始めるのであれば必要となることがほとんどですので自分で「私は初心者だ」と思うのであれば始める前にこれらを用意したほうが良いでしょう。

メールアドレスや銀行口座はほとんどの人がすでに持っているとは思いますが、アフィリエイトを始めるにあたり、今使っているものではなくアフィリエイト専用メールアドレスや銀行口座を作るのがオススメです。

それでは、詳しく説明していきます。

1.Windowsのパソコン

パソコンはアフィリエイトサイトを作るのに必要です。高いスペックは必要ないですが、OSの種類がMacだとツールが使えないことがあるので、Windowsがオススメです。

例えば弊社で利用しているGRCチェックツールはwindowsでしか利用することができません。

キーワードの順位をチェックするならGRCがおすすめ!

2016.10.03

正確には、”macに仮想Windowsを入れるという方法”でWindowsの環境を再現することができるそうなのですが、僕はよくわからないのでやめてしまいました。

 

そのため弊社では、、、

grc_win

 

GRC専用PCを買ったほどです。

 

ちなみに、パソコンのタイプはノートパソコン・デスクトップのどちらでも問題なく作業が行えます。
ですが、気分転換に外で仕事をしたりできるのでノートパソコンをお勧めします。

2.アフィリエイト専用のメールアドレス

アフィリエイトを始めると、とにかく大量のメールが送られてきます。送られてくるメールは大まかに以下の3種類に分けられます。

1)ASPからのメール

登録確認メールだけでなく

  • 「キャンペーンでアフィリエイト報酬が高い案件があります」
  • 「現在契約中のアフィリエイト案件が終了します」

などの情報メールが配信されます。

その数は登録するASPの数や会社によってまちまちですが、一日に数十通くることもあります。契約している広告が多ければ多いほど多くのメールが届きます。

実際には全てのメールを確認する必要はないのですが、売り上げが上がるにつれ”特別単価”の連絡が来ることがあります。特別単価とは、売上が高いユーザーに特別に設定される報酬単価で、

一件売って通常1000円だった報酬が3000円になる

メールボックスの振り分け設定で他の重要なメールが埋もれないようにしたほうが良いでしょう。

2)ツール販売者からのメール

大抵のユーザーはアフィリエイトに便利なテンプレートやツールを購入します。
その場合は、販売者からの連絡事項やバージョンアップなどのお知らせが届きます。

こちらもASPからのメール同様、全て確認の必要はありませんが一部重要な情報もありますので、メールボックスの振り分け設定をお勧めします。

3)ユーザーからのメール

アフィリエイトが順調に進んでいくとあなたのサイトを見たユーザーさんから問い合わせのメールが届くこともあります。

商品を作っているわけではないので、必ずしも対応する必要はありませんが、対応頻度を上げることによって見込客が購入してくれる可能性も高まりますので、なるべく目を通すようにしたほうが良いでしょう。

4)広告主からのメール

最も大切なメールがこの広告主からのメールです。
と言っても、この広告主からのメールはアフィリエイトは関係ありません。

どういうことか詳しく説明します。

特定のジャンルで多くのアクセスを集められるような人気サイトになったり、競合が多いキーワードで上位表示されるようになると、広告主の方から「月額〇〇万円でここのHPに広告を設置させてくれないか?」「10万円で紹介記事を書いてくれないか?」というお問い合わせが届くことがあります。

こういった広告のことを”純広告”とか”記事広告”と言います。

それまでは「一件売って数千円」という売上だったのが、「広告を設置するだけで、(商品が売れなくても)月数十万円」ですから大きく売上が増えるのはご理解いただけると思います。

なぜ広告主がこのように予算をかけてまで、アフィリエイターに直接交渉してくるのでしょうか?

広告主から考えてみれば、現在自社の商品を取り扱ってもらっていても、何かのきっかけで紹介される商品を切り替えられてしまって他社の商品を売られるぐらいであれば、月の固定費を払ってでも自社の商品を取り扱って欲しいのです。

逆に、現在他社商品を取り扱われているのであれば、なおさら大きな予算をかけてでも自社商品を取り扱ってもらおうとします。

ですので、このメールは決して見逃さないようにしましょう。

 

以上の4つの理由から、普段使っているメールアドレスとは別にアフィリエイト専用のメールアドレスを持つことをお勧めします。

 

フリーメールアドレスとは、完全に無料で使用できるメールアドレスのことですが無名の会社より大手の「ヤフーメール」や「Gmail」のほうがオススメです。

ヤフーメールかGmailのどちらが良いとは言えませんが、Gmailのほうは不達メールが少ないと言われています。どちらもパソコンだけでなく携帯、スマホからいつでもメールを確認することができます。

フリーメールアドレスの取得方法は、ここでは触れませんがこちらから登録することが出てきます。

gmail開設

ヤフーメール開設

ただし、ヤフーメールもGメールも取得する際に”現在持っているメールアドレス”を記載する項目がありますので、そこは携帯電話・スマホのメールアドレスやプロバイダのメールアドレス・既存のメールアドレスなどを使うと良いでしょう。

フリーメールアドレス取得時に記載した現在のメールアドレスには、登録確認や重要な連絡メールが届いたり、パスワードを忘れたりしたときなどにも使うので、長期に渡り使用できるメールアドレスを使用してください。

また、アフィリエイトで使わない方が良いのはインターネット接続時にプロバイダからもらったメールアドレスです。今後お得なプロバイダに乗り換えることもあると思いますが、その際にすべての登録先にメールアドレスの変更手続きを行う必要があります。

その労力を考えるとやはりフリーメールアドレスがオススメです

フリーメールアドレスは1つ取得すれば大丈夫です。銀行口座の登録もフリーメールアドレスで登録できます。

3.ネットバンキングができる銀行口座

アフィリエイトを行うにあたり、ネットバンキングができる銀行口座を事前準備しましょう。

ネットバンキングとは、銀行との取引をインターネット上で行うことができるサービスで、その銀行口座をネットバンク口座と言います。窓口やATMに出向かなくてもパソコンなどで残高照会・入出金照会・振込みを行えるのでとても便利です。

ネットバンキングのメリット

基本的に、ASPに登録する際に銀行口座も併せて登録します。ASPから報酬が振り込まれる口座は、一般的な都市銀行や地方銀行、信用金庫、ゆうちょ銀行などでもまったく問題はありません。

アフィリエイトをビジネスとして捉えた場合、ネットバンキングが可能な銀行口座を事前準備するメリットがいくつかあります。

アフィリエイト報酬の入金確認が24時間行える

ASPなどから報酬振込が行われた際に、たとえ何時であっても入金確認できるのは精神的にも肉体的にもラクですし、時間を効率良く使うことができます。

ネットバンキングなので、パソコンだけでなくスマートフォンからも操作が可能です。将来的に商材を購入する、または自分が販売する立場になった際、入金や確認をスピーディーに行うことができます。

振込手数料も窓口より安いことが多く、同じネットバンク同士なら無料の銀行がほとんどです。

生活とは別にネットバンクに銀行口座を作ることで金銭管理が一元化できる

アフィリエイトはれっきとしたビジネスですので、所得が20万円を超えれば確定申告が必要です。申告時の手間を考えると収支が明確にわかるよう、アフィリエイト専用のネットバンク口座を準備しておきましょう。

ネットバンキングができる銀行口座を持っていることは、アフィリエイトの効率化や手間という面から見てもメリットが大きいのです。

オススメのネットバンクは?

ネットバンキングを取り入れている銀行は、大きく2つに分かれます。

1つは、都市銀行や地方銀行・ゆうちょ銀行など、店舗を持っている銀行が運営するものです。例えば、みずほ銀行の「みずほダイレクト」や三菱東京UFJ銀行の「三菱東京UFJダイレクト」など。

もう1つは、リアル店舗がなくインターネット上ですべての取引を行うインターネット専業銀行です。有名なネットバンクとして、「楽天銀行」と「ジャパンネット銀行」があります。

珍しいところでは、2008年に設立された「じぶん銀行」というものもあります。KDDIと三菱東京UFJ銀行が共同出資して作られた、実店舗を持たないインターネット銀行です。

アフィリエイトの銀行口座として使うなら、新参の珍しい銀行よりも一般的に普及していて利用者が多い、楽天銀行かジャパンネット銀行がオススメです。

4.レンタルサーバーとドメイン

アフィリエイトで稼ぎ続けるためには、有料のレンタルサーバーや独自ドメインを事前準備する必要があります。無料ブログだけを利用し続けるのは危険です。

無料のものは何の指摘もなく突然アカウント停止になり使用できなくなったり、作成してきたサイト内容(データ)が消えたりする可能性があり、すべてが水の泡になることがあるからです。

【レンタルサーバー】【ドメイン】とは

レンタルサーバーやドメインはホームページを作る際に必要なものですが、

これらの利用方法は「自分の土地を買って家を建てる」といったイメージに似ています。

  • レンタルサーバー=土地
  • ドメイン=住所
  • ホームページ=家

と考えてください。

ですので、ホームページを作る際に、「レンタルサーバーだけ使う」「ドメインだけ使う」と単体で使うことはなく、レンタルサーバーの中にサイトのデータを作り、自分が選んだドメイン(URL)にそのデータを反映させながらサイトを構築していきます。

レンタルサーバーとドメインは同じ会社で借りることもできますし、それぞれ別の会社で借りることもできます。

ちなみに、ドメインとは具体的にはURLを指し、当ブログで言う[tsuchiyashutaro.com]がドメインと呼ばれるものです。これは他の方が所有していないものであれば自由に選ぶことができます。

ですので、例えば[yahoo.co.jp][youtube.com]などは、すでに他の会社が使用しているため取得することができません。
有名な単語などはほとんどが取得済みだと思ってください。

まとめ

アフィリエイトを始めるために事前準備するべきものは、以下のとおりです。

・Windowsパソコン

・ヤフーメールやGメールなどのフリーメールアドレス

・ネットバンキングができる銀行口座

・レンタルサーバーやドメイン

 

初めてアフィリエイトに取り組む人は、なんだか難しそうと思うかもしれませんが、実際に行動してみると大したことではなかった、と感じるはずです。

しっかりと事前準備を整えて、いざアフィリエイトに取り組みましょう!

無料でウェブマーケティングを勉強しませんか?

ABOUTこの記事をかいた人

タロウ

1990年3月9日神戸生まれ。 webが好きです、でもラーメンはもっと好きです。SEOには自信があります。最近太ってきたせいで着る服がありませんが、太ってきたのであったかいです。 Twitter・Facebookから友達申請よろ!