スパムとは|アフィリエイト用語集

スパムとは、不特定多数の人に一方的に膨大な量の営利目的であるメールを一斉に送信するような行為をいいます。

広告や詐欺的内容のものが多く、迷惑メールやジャンクメールなんて呼ばれています。

出会い系サイトやアダルトサイト、金融サイトなどへの誘導を目的とするメールが多く、身に覚えのないWebサイトの利用料と記された架空請求メールなどが代表的です。

【ソーシャルスパム】

FacebookやTwitterなどで見られる、「有名ブランドサングラスが特価優遇2499円!」なんていう広告もスパムが多いです。

サングラスの商品画像に多くの人をタグづけして、不特定多数の人のニュースフィードに載るよう施策を凝らしたり、とても悪質ものが跡を経ちません。

その広告(URL)をクリックすると、偽ブランドサイトへ飛ばされてしまうなんてことも当たり前のように行われています。

 

【リファラースパム】

アクセス解析ツール(主にGoogleアナリティクス)により発覚するリファラースパム。

アクセス解析によって「どこから自分のサイトに来たのだろう」ということがわかるのですが、見たこともないようなドメインからのアクセスを目にすることがあります。

確認してみると、海外の通販サイトであったり、実態がよくつかめないようなサイトに飛ばされたりします。

最悪、ウイルスに感染する・・・なんてこともあるので気をつけましょう。

こういった悪質なサイトへの誘導を目的とし、あなたのサイトにくるサイトをリファラースパムといいます。

まとめ

スパムの概念と、ソーシャルスパム、リファラースパムについて説明していきましたが、

迷惑行為=スパム

という理解で、大方は大丈夫でしょう。

サイトのアクセスしただけで、被害を被るというケースも少なくないので、「不自然だな」と感じたメールやリンク先にはアクセスしないのが、トラブルに巻き込まれないためにはベストな選択でしょう。

>>アフィリエイト用語集一覧に戻る

無料でウェブマーケティングを勉強しませんか?

ABOUTこの記事をかいた人

ケニー

ピンポンキャッチという「箸を使って、1分間でピンポン玉をいくつキャッチできるか!?」という企画のギネス記録を持ってましたが、最近中国人に記録を抜かれた上、僕はピンポン球を投げ、親友がキャッチするというスタイルから、投げる側の凄さが認められず、ギネス記録保持者の欄から名前まで抹殺されました。