バイナリーオプションの攻略テクニック

バイナリーオプションはハイアンドローのような二択とはいえ、テクニックやデータ分析に精通しているかどうかで勝率は大きく変わります。
バイナリーオプションの攻略にはさまざまな手法が用いられていますが、どれか1つだけ用いれば必ず勝てるというわけではありません。
戦略を立てる上でどのように勝つかを考えるために使うのが攻略テクニックです。
初心者の方は特にどんなものがあるのかを知っていただくだけでも勝率の向上に参考になるかと思います。
ここではバイナリーオプション攻略の際に知っておきたいテクニック・データ分析についてまとめました。

ファンダメンタルズ分析とは

バイナリーオプションを始めるにあたり、まずはどうやったら儲けられるのかを考える必要があります。
そこでどの外貨を売買するのかを判断する基準として経済指標をチェックして世の中の動きを分析し、
その外貨が上がるのか下がるのかを予測するのがファンダメンタルズになります。

それではファンダメンタルズ分析を行うにあたり、何を指標にしたら良いのでしょうか。

主な手段としては経済指標が使われています。
この経済指標は調査会社や証券会社から発表されており、それを参考にしながら取引を進める方が多く見られます。

米国の雇用統計もまた、ファンダメンタルズにてよく用いられる指標の1つになります。
米国経済が世界経済に与える影響が非常に大きいことから、米国の雇用情勢によって大きく景気も左右されます。

他にも個人消費の動向をチェックする手段として使われているのが小売り売上高、
外貨の値動きを把握する指標となる貿易収支もよく用いられる指標の1つになります。

ファンダメンタルズの指標がバイナリーオプションに与える影響

バイナリーオプションとは、相場が下がるか上がるのかを予測する売買方法になります。
投資を行う多くの方がそれで利益を上げたいと考えていますので、指標を参考にして分析を行っているのです。

多くの方が実際にこれらの指標を参考にしているのですが、市場の実際の値動きがこの指標と大きくずれることも時々起こります。
もしも指標を参考にせず取引をしていた場合は、大損するリスクがある一方、逆に大儲けをする可能性も十分あり得ます。

テクニカル分析とは

バイナリーオプションで用いられる分析法には、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2つに分けられます。

ファンダメンタル分析は証券会社などから発表される指標を基にした分析方法であるのに対し、
テクニカル分析は現在の株価動向(チャート)を元に、外貨が上がるか下がるかを分析する方法になります。

テクニカル分析と一口に言ってもそのやり方は色々あり、人によりその活用方法は異なります。
中には、その時の状況に応じて最も適した分析方法を使い分けている方もいます。

テクニカル分析の種類

テクニカル分析の種類は多岐にわたっていますので、代表的な手法をいくつか紹介していきます。

バイナリーオプションで最も王道で有効となってくる分析方法が、トレンド系の指標でもある移動平均線です。
為替相場は細かい値動きを繰り返しながらも一定の方向に向かって為替が動くという特徴を持っていますので、
その流れや動きをとらえて為替の値動きを分析するのです。

短期の移動平均線が長期の移動平均線を下から上に抜けた場合は「ゴールデンクロス」で上昇トレンドを、
短期線が長期線を抜いた場合は「デットクロス」で下降トレンドを表しています。

また、一定時間の為替の値動きを示すローソク足と呼ばれるものもあります。
ローソク足は設定した期間の開始時と終了時の値段、一番高い値段、一番安い値段をローソクの形で表しており、
このローソクが「白ヌキ」「黒ヌリ」どちらで表されているかによって、上昇・下降の勢いどちらが強いのかが分析できます。

ファンダメンタルズのように経済状況から値動きを判断することもできるのですが、
相場の流れをつかむことで外貨の売買のベストタイミングを把握しやすくなるのです。

テクニカル分析を行う方法

バイナリーオプションをはじめFX取引を始める時はFX口座を証券会社などに作る必要があるのですが、
バイナリーオプションのサイトを見てもその画面が表示されていないケースがほとんどです。
そこで、MetaTrade4などの無料ソフトをインストールしてテクニカル分析を行うことが多いようです。

テクニカル分析を行う際の注意点

テクニカル分析はあくまでも過去のデータを基にしています。
過去の値動きから今後の値動きを予想するのですが、この動きを大きくずれることも十分あり得ます。

また、テクニカル分析を行う時は一つのシグナルに頼るのではなく、
複数の手段を組み合わせて行った方がより正確に相場の動きを把握しやすくなります。

ローソク足とは

チャートを読み解く上でローソク足の知識は非常に重要で、
しっかりと理解している人とそうでない人では投資成績に大きな差が出る場合があります。
では、ローソク足とはどのようなものなのでしょうか?

ローソク足は次の4つの値段を使用します。

  • 設定した一定の期間で開始時の値段(始値)
  • その期間で一番高い値段(高値)
  • その期間で一番安い値段(安値)
  • 期間が終わった時の値段(終値)

この4つの値段を基本としてグラフを作成します。
これらをグラフ化した際、形がローソクにそっくりなことからローソク足と呼ばれます。

ローソク足のパターン

ローソク足には以下の5つのパターンがあります。

1.分足(自分が設定した分のスタート時の価格から終わりの価格までを表示するパターン)
2.日足(その日のスタート時の価格から終わりまでの価格を表示するパターン)
3.週足(週の最初の日のスタート時の価格からその週の最終日の終値を表示するパターン)
4.月足(月の最初の日のスタート時の価格からその月の最終日の終値を表示するパターン)
5.年足(年の最初の日のスタート時の価格からその年の最終日の終値を表示するパターン)

自分が投資するものや目的に合わせて、どのローソク足を使用するかを選ぶ必要があります。

ローソク足の見方とヒゲ

ローソク足ではまず始値と終値の間が四角で表されます。

この時安い金額と高い金額のどちらが始値でどちらが終値か分かりませんよね。
それを一目で分かるようにするため、始値より終値が高い場合は四角の中を塗りつぶします。
逆に始値の方が終値より高い場合は白の四角なので一目瞭然です。

ただし、この四角で表すものは始値と終値です。
つまり、この四角では高値と安値が表示されません。

ここに高値と安値を表示する際に、四角の上下に棒をひく形を取ります。
この棒のことを「ヒゲ」と呼びます。

例えば始値が500円で終値が510円だとします。
ここで高値が530円、安値が490円の場合、上は530円の所まで下は490円の所までヒゲがあるようになります。

ローソク足はチャートを読み解く上で基本になります。
しっかりと理解した上で分析をし、活用することで投資成績が向上する可能性があります。
投資は運だけでは出来ませんので、しっかりと理解して行うようにしましょう。

ボリンジャーバンドとは

ボリンジャーバンドとは、ある一定期間の値動きの移動平均を表す線を基に、その上下に値動きの幅を加えた指標のことを言います。

この上下の幅は標準偏差を用いて構成します。
標準偏差は統計学で用いられるもので標準偏差=σとなり、
それに±1〜3をかけたものの数値が移動平均線の上下に表示する線になります。

また、その線のことをボリンジャーバンドの±1σ〜±3σと言います。
この時、ボリンジャーバンドの±1σの範囲内に収まる確率は約68.3%、
±2σの範囲内に収まる確率は95.4%、±3σの範囲内に収まる確率は99.7%となります。

ボリンジャーバンドの設定方法

ボリンジャーバンドを設定する際は、まず設定期間を決める必要があります。

元々は21日間で設定されていましたが、最近では9日間、20日間、25日間というのが主流になっています。
期間を設定したら以下の計算式で標準偏差を算出します。

σ=(期間×期間内の終値の2乗の合計−期間内の終値の合計の2乗)÷(期間)×(期間−1)

これでσが算出されればそれに±1〜3をかけた数値を表示することで設定ができます。
計算式だけを見ると非常に複雑に感じるかもしれませんが、
バイナリーオプション用のソフトなどでは期間を入れるだけで設定できるものがほとんどなので、活用すると良いでしょう。

ボリンジャーバンドを使用する際の注意点

ボリンジャーバンドを使用する際には注意が必要なこともあります。
それは「株価がボリンジャーバンドの幅に収まらないこともある」ということです。

ボリンジャーバンドはあくまでも過去数日間の平均値や偏りによって算出されたものになります。
その期間と比べて±3σ内に収まる確率が99%以上であっても、これから先の状況が標準偏差を算出した期間の状況と同じということはありません。

例えば、算出期間に対象とする通貨に関わる国に大きな政治的な変動が起きたとします。
そうすると自然に値動きも大きくなります。

その数値を基に算出したボリンジャーバンドだと正確だとは言えません。
つまり、ボリンジャーバンドは確率だけ見ると非常に高くはなりますが、あくまでも参考としてみる必要があるのです。

移動平均線とは?

移動平均線は、それぞれが定めている期間の終値の平均値をつなぎ合わせて線にしたものです。
移動平均線はチャート分析をする上で最も重要と言っても過言ではありません。
期間は必要に応じてそれぞれですが、代表的な移動平均線は以下の6種類になります。

・5日移動平均線…5日毎の終値の平均値を線としてつなげたもの
・25日移動平均線…25日毎の終値の平均値を線としてつなげたもの
・75日移動平均線…75日毎の終値の平均値を線としてつなげたもの
・200日移動平均線…200日毎の終値の平均値を線としてつなげたもの
・13週移動平均線…13週毎の終値の平均値を線としてつなげたもの
・26週移動平均線…26週毎の終値の平均値を線としてつなげたもの

これらを短期的で見るのか、長期的で見るのかなど目的によって使い分けることで、より正確なチャート分析をすることができます。

移動平均線で分かること、バイナリーオプションへの活用

移動平均線によって以下のようなことが分かると言われます。

1.ある期間の株価の大まかな流れを知ることができる
2.今現在の株価がある期間と比べて高いのか安いのかを知ることができる
3.ある期間の株価の流れを知ることができるので、その後の値動きを予想しやすくなる

では、これをバイナリーオプションではどのように活かすことができるのでしょうか?

バイナリーオプションは基本的にはある期間の株価の動きが上がるか、下がるかということを予測するものになります。
つまり、前述した移動平均線で分かる3つのことを踏まえて考えると、これからの動きが上がるのか下がるのかを予想しやすくなります。

移動平均線乖離とは?

移動平均線の活かし方として「移動平均線乖離」というものがあります。

移動平均線乖離は簡単に言うと「今の株価が平均的なものからどのくらい離れているのか」を表したものになります。
これを数値化したものを移動平均線乖離率と言い、移動平均線をバイナリーオプションに活かすための大きなヒントになります。

株価の考え方として「株は上がりすぎれば下がり、下がりすぎれば上がる」というのがあります。
つまり、移動平均線と比べて大幅に株価が高く乖離していた場合、下がるのではというヒントになります。
逆も同じで安く乖離していた場合は上がるのではというヒントになるのです。

もちろん100%ではなく、更に乖離することもありますので、上記の移動平均線で分かる3つのことなどと組み合わせて分析することで、
バイナリーオプションをする上で大きな助けになります。

RSIとは

RSIとはRelative Strengthen Indexの略で相体力指数とも呼ばれており、
米国人が考案した最も著名なテクニカルチャートのことを言います。

一定期間内において外貨が上昇した時の上げ幅、下落した時の下げ幅の合計を比較して、
現在の価格がどの程度の水準にあり、上昇と下落どちらの勢いが強いのかを客観的なデータとして提示してくれます。

RSIの設定のやり方について

取引の際にRSIを用いる時は、相場にあまり大きな値動きがない時に活躍してくれるチャートです。

為替が少しでも値動きを見せていればその動きから今後の動きを予測することが可能になりますが、
値動きの幅が小さいと今後の動きの予測も立てづらくなってしまいます。
そのような為替にはRSIを用いることによって、売りや買いのタイミングを見計らうことができるようになるのです。

RSIはパーセンテージで表示され、50パーセントが基準値となります。
株価が80パーセント以上になると買われ過ぎ、株価が20パーセント以下になると売られ過ぎを意味します。

RSIの逆張りとは

逆張りとは株式投資でもFXでも使われる手法の1つなのですが、
相場の流れに沿って取引を進めていくところをその逆をいくのです。

為替相場は上昇と下落を繰り返しているのですが、それにも必ずピークの時期がやってきます。
そのピーク時期を見極めて逆方向に取引を行うことで大きな利益が期待できるのです。

ただし、そのタイミングを適切に見極めることは簡単ではありませんので、場合によっては大損することもあります。

RSIを用いる時の注意点

RSIを分析手法として活用する際に注意すべきなのが、トレンドが発生した時です。
逆張りを仕掛けたにもかかわらず大きな値動きを示さなかったため、損を大きくすることがあります。

上昇トレンドが発生してしまった時はその勢いが止まらず損がどんどん大きくなりますので、
早めに見切りをつけることが重要になります。

まとめ

ここまでいくつかバイナリーオプションでよく使用される分析方法や攻略テクニックについてご紹介しましたが、
バイナリーオプションを攻略するためにはどれか1つに頼ればいいというものではありません。
また、テクニカル分析やファンダメンタルズ分析などは日ごろの勉強や経済ニュースなどに敏感になっておく必要もあります。

バイナリーオプションの勝ち方は、さまざまな攻略テクニックを実際に使ってみて自分にあったものを選択することで、自分なりのバイナリーオプションの必勝法にすることなのです。

 

バイナリーオプションがどのようなものかわからない方はこちらをご覧ください。
http://tsuchiyashutaro.com/archives/3985

初心者向け攻略法はこちらをご覧ください。
http://tsuchiyashutaro.com/archives/8246

あと、アップしてもらった記事のタイトルに「修正」と入っているので抜いてください
http://tsuchiyashutaro.com/archives/13930

ABOUTこの記事をかいた人

タロウ

1990年3月9日神戸生まれ。 webが好きです、でもラーメンはもっと好きです。SEOには自信があります。最近太ってきたせいで着る服がありませんが、太ってきたのであったかいです。 Twitter・Facebookから友達申請よろ!