トラフィックとは|アフィリエイト用語集

トラフィックとは日本語で、「交通」という意味です。

インターネットでは、Web上でのユーザの流れや、テキスト、画像などのデーター通信量・情報量のことを指します。

トラフィックの具体例と付き合い方

Google Analyticsなどのアクセス解折ツールえトラフィックを見ると、サイトへの流入経路を知ることができます。

訪れたユーザーの離脱率が低く、サイト内のリンクを通じて自社ページをいくつも見てくれることは非常に光栄なことですし、webマーケティングの理想です。

ただこの場合トラフィックは大きくなります。

トラフィックが大きくなる=データー通信料が大きくなるので、バズ(短期的に爆発的なアクセスがあること)が起きたさいなど、サイトの通信速度が低下したり、サイトが落ちてしまうなんてことがサイト経ち上げ当初には少なくないです。

あらかじめ、適当なサーバーを選ぶなど対策はしておきましょう!

簡単にワードプレスが使えるおすすめレンタルサーバー

2016.11.24

>>アフィリエイト用語集一覧に戻る

無料でウェブマーケティングを勉強しませんか?

ABOUTこの記事をかいた人

ケニー

ピンポンキャッチという「箸を使って、1分間でピンポン玉をいくつキャッチできるか!?」という企画のギネス記録を持ってましたが、最近中国人に記録を抜かれた上、僕はピンポン球を投げ、親友がキャッチするというスタイルから、投げる側の凄さが認められず、ギネス記録保持者の欄から名前まで抹殺されました。