バナー広告とは|アフィリエイト用語集

34

バナー広告の、バナーには「旗」や「のぼり」という意味が含まれます。
店鋪型のお店で言うと看板のような役割を果たしていると理解しておくといいでしょう。

バナー広告が果たす役割

バナー広告とはインターネット広告の形態のひとつで、写真や絵・テキストを使ってつくられた広告です。

web上ではリンクや広告用に使われていて、クリックすると商品ページやダウンロードページに飛びます。

テキスト広告に比べると、商品や会社のイメージを視覚的に伝えやすいのに加え、不特定多数の人の目につくので、例えクリックされなくても認知度が向上するなどのメリットがあります。

ただ、出稿するための費用がテキスト広告に比べると高く設定されていることがほとんどです。

バナー広告は看板

冒頭でも述べましたが、バナー広告は看板の役割を果たします。

つまり、ユーザーに「ここに目的のものがありますよ!」ということ伝えらなければ意味がありません。

「え。これ、まさか広告だったの?!」というような、デザインであれば、ユーザーが広告をクリックする可能性は格段と低くなります。

商品の魅力や使用シーンを連想させるなど、ユーザーに商品の良さを効果的に伝えられるデザインにすることが重要です。

無料でウェブマーケティングを勉強しませんか?

ABOUTこの記事をかいた人

ケニー

ピンポンキャッチという「箸を使って、1分間でピンポン玉をいくつキャッチできるか!?」という企画のギネス記録を持ってましたが、最近中国人に記録を抜かれた上、僕はピンポン球を投げ、親友がキャッチするというスタイルから、投げる側の凄さが認められず、ギネス記録保持者の欄から名前まで抹殺されました。