ビットコインを500万円分買ってえらいことになったその①

※今回の話はあくまで僕個人の話なので、リスクはご自身でお願いします。

 

 

みなさんビットコインってご存知でしょうか?

bitcoin

 

かくいう僕も名前だけ聞いたことがあって、”仮想通貨”であるということしか理解していなかったのですが、

12月あたりから、

「ビットコインが来てる」「ビットコインが儲かる」「ビットコインの値上がりがすごい」

っていう話を延々と聞かされていたんですね。

 

で、いよいよ取引先からも

「タロさん、、、ビットコイン買ったほうがいいっすよ! 」と言われまして

ふむふむと話を聞くと

 

その人は2016年に買ったビットコインが倍の値段になっているそうで、

1000万ぐらい買ったのか2000万になっているとかいないとか(話ではなってるって言ってましたが。)

 

なるほどと思い、自分なりに調べてみて「これは面白そうだ。とりあえずやってみるか」と

 

で、そもそもビットコインっていくらなんだ?って思って調べてみたんです。

一応通貨っていうぐらいだから1btc(ビットコインの単位)数百円だと思いませんか?

例えば

1ドルって115円 1ユーロだったら120円とかそこらですよね。

 

 

だから僕もそんなもんなのかなぁと思っていたら

1btc

 

12万円

 

たっか!!!

ビットコインたっか!!!

 

そんな高い通貨がこの世に存在するのか、、、
いや、仮想通貨だから存在していないんですけど

 

だからかわかりませんがビットコインって

その下の単位があるんですね。

 

100銭が1円みたいな

 

その単位が

satoshi(さとし)

っていうんですよ。

さとし、、、

ポケモンマスターかな?つって

いろいろ調べていると、そもそもビットコインを提唱してきた人が

中本哲史(なかもとさとし)さんというそうで、そのさとしさんに対する敬意を表してこの単位を作ったそうです。

 

で!で、ですよ?

何サトシが1btcなのかというと

 

100000000satoshi = 1btc

なんですって

 

いる?その単位必要だった?

 

でもって、

546Satoshi以下はダスト(ゴミ)ってよばれてて、価値が発生しないそうです。

そりゃそうだ、

1サトシは0.001円だからね。(現在の価値で)

 

もう一回いうけど

 

その単位いる?

 

500サトシでもお金として認めてもらえない単位必要かな?

 

まあいいか、そんなことに突っ込んでても話が進まないのでとりあえず始めようかということでググってみると

 

ビットフライヤーっていうところが一番有名っぽいんですよね。

 

※今日の話はなんの責任も持てないので、ご自身でね。

 

なんでこういう話にこんなに警戒しているかというと、

学生時代、怪しいファンドを立ち上げた友達だったり、資産運用の話が結構来てたことがあるんですね。

 

 

で、こういうお金関係の何が一番怖いかというと

金を集めてる会社が

「うちは元金保証」
「月利10%固定」

とかおいしいこと言いつつ

結局倒産して集めた金を持ち逃げするとか、
最初の方だけ配当を渡して、後から入った奴らにはいろいろ言い訳しつつ配当を払わないとか、

まあそういうことって往々にしてあるんですね。

 

僕のとこに「お金出しません?」ってきた会社は5社中3社がそんな感じで

一番笑ったのが、

「結局信頼だから、俺はあいつになら持ち逃げされても後悔しないよ」って言って俺に紹介してきた人が、本当に80万持ち逃げされたっていう。

1年後に聞いた「ああ、あれね。。。ダメだったよ」という悲しい顔が今でも思い出せます。

 

 

ちなみに残りの2社のうち、1社は事業転換し、もう1社はファンドで大成功してますね。社長の成金っぷりがやばい。26で港区のタワマン買ってた。たぶん現金で

 

 

 

話は戻りまして、実体験からしてもこういうあまり出回っていない情報ってちょっと警戒しちゃうんですね。

そもそもその会社大丈夫なん?

お金引き出せるん?って

 

 

というわけで、自分の金をぶっこんで実験してみました。

 

途中興奮してしまっていたので、キャプチャー等は取っていないのですが、

全部本当のことなんで信じてもらえればと思います。

ビットコインの購入方法は基本的には

  1. ビットフライヤーのアカウントにお金を送金
  2. アカウント内にあるお金でビットコインを買う

という簡単な流れです。

ビットフライヤーへの入金方法

アカウントに送金する方法は、

  • 銀行振込
  • インターネットバンキングを使ったクイック入金
  • クレジットカード
  • コンビニからクイック入金

の4種類があります。

僕はコンビニから入金以外を試しました。

銀行振込での入金の場合

わかりづらいのですが、インターネットバンキングがある場合は「インターネットバンキングで銀行振込」と「インターネットバンキングを使った入金」がありまして、前述の方はただの銀行振込と変わらりません。

一般口座からであれば振込手数料がかかりますが、三井住友銀行のネットバンキングからビットフライヤーの三井住友銀行の口座への振込はであれば振込手数料はかかりません。

受付時間

銀行振込であれば銀行の業務時間内のみの対応であることはもちろん、ビットフライヤーの確認の時間がかかります。

例えば、夜急に買いたくなっても対応してもらえないということですね。

インターネットバンキングを使った入金の場合(pay easy)

インターネットバンキングを使った入金は、payeasyという決済システムを使うためこうざ324円の手数料がかかります

受付時間

基本的には24時間いつでも対応してもらえるのですが、以下の時間はメンテナンス時間になるため処理できません。

1月1日 PM8:00~1月2日 AM5:30
6月、9月の第3日曜日 AM0:00~AM5:30

クレジットカードを使った入金の場合

クレジットカードの場合だとさらに手数料がかかります。

約1割の手数料がかかるためクレジットカード入金は避けたほうがいいかもしれません

受付時間・処理完了までの時間

24時間受付可能です。

 

ビットコインを買ってみる&売ってみる

 

とりあえず買ってみることに

 

僕が買った12月30日は1btc11.9万でしたが、その後すぐに13万まで上がったので、年明けにすぐ利確し売ってみました。

その時の利益は2万円ぐらい。

35万ぐらい投資して+2万ですからそんなに悪くないですね。

 

そのお金を出金してみましたが、出金も問題なく1時間後には口座への振込が行われていました。

その後2度ほど取引しましたが、まあトントンといった感じです。

 

ここからが波乱でした。

 

そして、ビットコインfxへ

ビットコインには現物買いとfxというものがあります。

 

fxの場合は証拠金(必要資金)の5倍まで帰るというものなのですが、

 

とりあえず100万円FX口座へ

 

そして、、、

買ったよね

 

 

 

 

 

ビットコイン500万円分

 

続く

ABOUTこの記事をかいた人

タロウ

1990年3月9日神戸生まれ。 webが好きです、でもラーメンはもっと好きです。SEOには自信があります。最近太ってきたせいで着る服がありませんが、太ってきたのであったかいです。 Twitter・Facebookから友達申請よろ!