Wi-FiとBluetooth、最適な使用用途は?

Wi-FiもBluetoothもどちらも無線だということは知っていても、具体的にどう違うの?と聞かれると言葉に詰まってしまう人は多いのではないでしょうか。

Wi-FiもBluetoothも具体的に特色を知ることで、用途によって使い分けることができるので更に便利になります。
どちらも良く使用するものとして知っていて損はない、この2つの特徴や違いについて詳しくお話していきます。

Wi-Fiとは?

Wi-Fiとは、無線LANの規格の一つでありいわば通信規格を使用している機器であることを示すブランド名のことです。
Wi-Fiという電波にのってインターネット環境へ入っていくものであり、Wi-Fi対応機器同士であればメーカーを気にすることなく利用することが可能です。

代表的なWi-Fi対応機器には自宅で使うWi-Fiルーターがあり、これを利用すればWi-Fi対応のノートパソコンやスマートフォン、タブレットをインターネットに接続することができます。
また、モバイルWi-Fiといった持ち運び型もあるのでこちらも人気があります。

Wi-Fiのメリット

1.通信速度が速い。
Bluetoothの最大通信速度が24Mbpsなのに対しWi-Fiは6900Mbps と、かなりの差が出る。

2.通信範囲が広い。
一般的に、Wi-Fiは数十メートル程度の範囲でつながるのに対し、 Bluetoothは10メートル前後しか通信が届かない。

Bluetoothとは?

Bluetoothも、Wi-Fiと同じように無線規格のひとつです。
50~100メートル程度の無線通信を想定して作られたWi-Fiとは違い、Bluetoothは数メートルから10メートル程度の近距離無線通信を想定して作られた規格になります。
インターネット環境は関係なく、ただ近くにある家電と家電を繋ぐものとして利用されるのがBluetoothです。

スマートフォンやタブレットの多くにBluetooth機能が備わっており、Bluetooth対応のイヤホン、スピーカー、キーボードなどを利用することができます。

Biuetoothのメリット

1.消費電力が少ない。
Bluetoothは、音楽プレーヤーやヘッドホン、マウス、キーボードなど、電池で駆動する機器の無線接続に向いていいるもの。

2.大容量の通信可能なので、写真などの大容量のデータ通信に適している。

Wi-FiとBluetooth、それぞれの特色を活用しよう!

結論として、Wi-Fiはインターネット環境へ機器を繋ぐもので速度は速いが、電池消耗が激しいものになります。
そして、Bluetoothは無線機器同士を繋ぐもので速度はやや劣るが、電池を消耗しにくいという特徴を持っています。

それぞれの特色を知っていれば、利用環境や何に使いたいかによってどちらを使うかを選択することができるので便利になりますね!
それぞれの用途によって、賢く使い分けて下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

タロウ

1990年3月9日神戸生まれ。 webが好きです、でもラーメンはもっと好きです。SEOには自信があります。最近太ってきたせいで着る服がありませんが、太ってきたのであったかいです。 Twitter・Facebookから友達申請よろ!