dTVをしばらく使ってみて感じたメリットとデメリット

dTVでゴッドタンを無料で見る方法

2017.01.16

dTVの無料お試しを始めて3週間ほど経ちました。無料期間終了まで残り1週間ほどになりましたが、ここでこれまで使用してみて感じた部分などをまとめたいと思います。

dTVに興味はあるけど実際の申し込みまで踏み込めない、という方は参考にしてみてください。

メリット

dTVには優れている点が多数ありますが、

  • 料金が安い
  • コンテンツが豊富
  • 漫画が読める

の3点が個人的に気に入りました。

一つずつ見ていきます。

料金が安い

何より、月額500円(税別)で利用できる点は大きいです。

  • お昼ご飯何食か安く済ませる
  • ジャンプ2冊立ち読みで済ませる
  • 飲み物を4本我慢する

このくらいで1ヶ月分が捻出できるので、お財布には非常に優しいと感じました。レンタルビデオ店の旧作レンタルでも1本100円くらいなので、その5本分で見放題というのは破格です。

また、自分はドコモユーザーなので、電話料金に上乗せして払うこともできるので、クレジットカードが必須ではないのも良いですね。学生などが利用するのにぴったりだと思います。

コンテンツが豊富

動画本数の多さもdTVの魅力の一つで、配信されている動画数は約120,000本に登ります。

ジャンルも洋画・邦画・国内外ドラマ・バラエティ・アニメなど、幅広く取り揃えているのでどんな方でも興味を引く動画が見つかるはずです。

僕は特撮ヒーローが好きなので、個人的にうれしかったのが「ウルトラマン」「仮面ライダー」「スーパー戦隊」シリーズが豊富に揃っていた点です。

漫画も読める

dTVは動画配信サイトでありながら、漫画の配信も行っています。種類は多くありませんが、「進撃の巨人」「闇金ウシジマくん」「新宿スワン」などの人気作品も追加料金なしで読むことが可能です。

配信されている作品は、dTV内で配信されている漫画原作の映画やドラマの原作作品が多めに感じました。映画やドラマから原作、または原作から映画・ドラマを観てもらうためかもしれません。

ただ、通常の電子書籍の形式と違い、漫画も動画形式で配信されています。自動でコマやページが進み、特殊な演出なども見られました。紙の本や通常の電子書籍とは違う点は戸惑ってしまうかもしれません。

デメリット

dTVを利用していて感じたのはメリットだけではありません。もちろんデメリットもいくつかありました。

  • PPVがある
  • 画質が良くない
  • 検索ボックスが使いづらい

PPVの件は、動画配信サイト業界全体に言えることなのですが、画質や検索ボックスは他社サイトと比べて目についてしまうポイントなので少し突っ込んでみたいと思います。

PPVがある

PPV(ペイ・パー・ビュー)とは、動画一つ一つに対して対価を支払うことで視聴ができるシステムのことです。

各社動画配信サイトは、月額制の見放題サービスを提供しているサイトが多いのですが、新作映画など一部動画はこのPPV形式をとっている場合も少なくありません。

dTVにも、PPV作品が多数存在します。レンタル・セルDVDが出たばかりの新作映画や、人気作品がPPV対象になることが多いです。

観たい動画が見つかっても、PPVで追加料金がないと観られないということも多くなります。月額料金を払ったうえで、追加料金を払うのは嫌だなーと感じました。

ただ、これはdTVだけでなく他社動画配信サイトも同様なので仕方ないことではあります。完全見放題のHuluは新作映画が配信されていないので、PPVで対応しているだけdTVの方が優れているとも言えるかもしれません。

画質が良くない

一応dTVでは、ほとんどの動画をHD(720p)で見ることができますが、フルHDには対応していません。

HDも高精細画質のうちに入りますが、それでもフルスクリーンで視聴するとさすがに粗が目立ちます。リビングの大型テレビで視聴するとなれば、なおさら画質が気になると思います。

4Kの対応も始まってはいますが、対応している動画が10本もありません。

しかもそのうち4本が、AAA(トリプルエー)という音楽グループのミュージックビデオです。AAA好きな方には申し訳ないですが、個人的に全く興味が無いのでこれはいらないなぁと感じてしまいました。

検索ボックスが使いづらい

これは完全に個人的な感想です。

dTVにも動画を検索するうえで大事な検索ボックスがあるのですが、これが非常に使いづらいです。

dTVの検索ボックスの使用するには、サイト上部にある虫眼鏡アイコンにマウスポインターを合わせる必要があります。

dTVの虫眼鏡アイコン

実際にマウスポインターを合わせると下画面のようになるのですが、これの表示に1秒くらいの間が発生します。地味に面倒くさいです。

dTVの検索ボックス

また、検索ボックスが表示されてから他の部分をクリックすると検索ボックスが引っ込んでしまいます。このせいで慣れない頃は、

検索ボックスを表示させる→誤って他の部分をクリック→検索ボックス消える

というようなミスを繰り返していました。僕が鈍臭いのもあるのですが、そもそも検索ボックスを常時表示させない意義がよくわからないのでここは改善して欲しいですね。

検索ボックスだけでなく、全体的に画面の使いづらさも個人的に感じてしまいました。

まとめ

かなり個人的な意見になってしまいましたが、いかがでしたでしょうか?

画質の点は、4Kとは言わないのでフルHDに対応して欲しいですね。とくに映画は大きな画面で観たいので、HDではやはり物足りません。

ただ、悪い点を踏まえても月額500円というのは大きいと思います。子供の月々のお小遣い程度の金額です。最初の1ヶ月は無料なので、まずはお試ししてみるのもいいかもしれません。

ABOUTこの記事をかいた人

マツ

高2から陰キャでコミュ障になり、最終学歴高卒フリーターの人生がけっぷち屑野郎へ。 こっから人生大逆転ホームラン狙ってます。担当はゲームとお菓子調達です。よろしこ 最近、4コマ漫画のブログをはじめました。 クリック