無料のおすすめキャプチャーツール&トリミングツール2種類

作業の説明文、資料などを作るときに必要となるのが、キャプチャー画像です。作業中の画像を差し込むだけで、文章の100倍伝えるのが簡単になります。

今回は僕が使っているソフトを2つ紹介したいと思います。

Awesome Screenshot Captur

一つ目に紹介するのは、クロームブラウザ専用の拡張機能(アドオン)です。ブラウザがクロームでない人はこちらからどうぞ

インストール方法

下記URLからダウンロードをします。
https://chrome.google.com/webstore/detail/awesome-screenshot-captur/alelhddbbhepgpmgidjdcjakblofbmce

キャプチャーツール スクリーンショット

左上の【無料】からダウンロードします。

キャプチャーツール スクリーンショット ヘッダー

ブラウザの右上に、カメラのレンズのようなものが表示されれば準備OKです。

使い方

画面を切り取りたいページで、先ほどのレンズ画面をクリックします。

キャプチャーツール スクリーンショット 使い方

すると、いくつかの選択肢が表示されます。使うのは3つ

Capture Visible Part of Page: 今表示されている部分のキャプチャー

Capture Selected Area: 自分でキャプチャー部分を選択してキャプチャー

Capture Entire Page: そのページを上から下まですべてキャプチャー

ただし、キャプチャーを取った後からでもサイズ変更できますし、選択してキャプチャーをするとキャプチャー部分がずれることが多いので、【Capture Visible Part of Page】【Capture Entire Page】のいずれかでいいでしょう。

キャプチャーツール スクリーンショット 編集

キャプチャーをすると、その後画像にする前に編集することができます。

文字を追加したり、線で囲んだり、ぼかしを入れたりすることができます。

キャプチャーツール スクリーンショット 保存

画像の編集が終われば、【save】して保存すればOKです。

Raptureおにぎりキャプチャーツール

さて、先ほどのキャプチャー&トリミングツールは非常に高性能なのですが、2点問題があります。

  1. 赤で囲んであるような、サイトの外の部分はキャプチャーできない。キャプチャーツール スクリーンショット 編集できない場所
  2. そもそも、PDFやツールなどブラウザの外ではキャプチャーできない。

という問題がありますので、もう一つのツールは見たまんまのパソコンの画面のキャプチャー画像を作れるツールです。

インストール

ダウンロードURL
http://www.vector.co.jp/soft/win95/personal/se386376.html

上記のURLからインストール、解凍してください。

使い方

解凍すると中に、おにぎりのマークがついた物があります。

おにぎり トリミングツール

これをクリックすれば、次にクリックした場所からマウスを離した場所までのキャプチャー画像がつくれます。

ただし、このツールは画像の編集機能がありませんので、画像の編集は別のツールを使う必要があります。

以上、使える無料トリミング&キャプチャーツールの紹介でした。

無料でウェブマーケティングを勉強しませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

タロウ

1990年3月9日神戸生まれ。 webが好きです、でもラーメンはもっと好きです。SEOには自信があります。最近太ってきたせいで着る服がありませんが、太ってきたのであったかいです。 Twitter・Facebookから友達申請よろ!