Googleドライブの使い方

Word・Excel・PowerPointなど、資料を作る際に必要となるこれらのソフトですが、僕は持っていないので『Googleドライブ』を使って資料を作っています。

Googleドライブとはその名のとおり、Googleが提供してくれているサービスでオフィスソフトとほとんど変わらずに作成・操作することができます。

Googleドライブのメリット

ほかのパソコンから操作できる

ほぼ、オフィスソフトと変わらない上に、ネット上に保存しておくことができるので、Googleアカウントを持っていればほかのパソコンからでも編集ができます。エクセルで作ったグラフを貼りつけたり、URLなどを編集するのもブラウザ上で編集できるので非常に簡単です。

複数人でリアルタイムの編集ができる

また、編集者をあらかじめ決めておくことによって、同時にファイルを編集することもでき複数人での編集や進捗の管理がスムーズになります。

一般の方に公開できる

設定を公開にした上で、ファイルのURLを公開すると誰でもそのファイルを閲覧出来るようになります。PDFではファイルを編集するためにはアップロードをしなければいけませんが、Googleドライブではファイルを編集するだけでOKです。

自動保存機能

編集をした瞬間に保存されますので、『あー!!消しちゃったー(´;ω;`)』ということがなくなります。

デメリット

デメリットはあまりないとおもいますが、しいてあげるとすれば

ネット環境でしか利用できない

ネットのサービスなので、ネット環境がある場所でしか利用ができません。新幹線の中で利用するのは少し不安があります。

ぐらいになります。

使い方

Googleのアカウントを持っている必要があります。

Gmailのアカウントの右上の9個の資格のようなボタンをクリックすると、【ドライブ】が表示されるのでクリックします。

Gメール受信画面

すると、Googleドライブの利用画面に移ります。

グーグルドライブ

左の作成ボタンからファイルを作成することができます。

グーグルドライブ ファイル作成

 

作成したものはPDFにすることもできるし、外注さんとの管理にも使うことができますので、是非利用してみてください。

使用例

詳しいサポートがほしい方はこちらがおすすめです↓
ネットビジネスコンサル

無料でウェブマーケティングを勉強しませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

タロウ

1990年3月9日神戸生まれ。 webが好きです、でもラーメンはもっと好きです。SEOには自信があります。最近太ってきたせいで着る服がありませんが、太ってきたのであったかいです。 Twitter・Facebookから友達申請よろ!