無料レポートでダウンロード数を増やす5つの方法

メルマガ読者を増やすために無料レポートを発行する方はおおいとおもいますが、無料レポートをただただ発行してもダウンロード数は伸びません。というのも、メルぞうなどは日々多くのレポートが発行されており、すぐにTOPページの掲載から外れてしまうからです。

TOPページに掲載されなくなると、ダウンロード数は100分の1ぐらいになってしまうので、ダウンロード数を増やすための方法をまとめました。

タイトルにこだわる

ダウンロードをするまでは内容がわからず、タイトルから中身をイメージするしかありません。ですのでここが弱いと、中身がどんなに良い物でもダウンロードはしてもらえません。タイトルは興味を引くために少し盛るぐらいでいいと思います。

具体的なポイントは

数字を入れる

  • 200ページ分の~
  • 50万稼いだ~~

のように数字が入っていることによってユーザーはイメージがしやすくなります。

ベネフィットを伝える

このレポートを読んだら、ダウンロードしたら何の得があるのかをはっきり伝えてあげましょう。

  • あなたも~~できます。
  • 読めば~~がわかります。

のように。読者は自分に得がなければわざわざダウンロードしてくれません。

わからない場合は単語を詰め込むようにしましょう。

表紙の画像にこだわる

タイトル同様、見た目で訴求できる点が表紙のデザインです。

無料レポートの特徴なのかわかりませんが、3D画像というものが流行っています。しかしこれはお勧めしません、表紙に何かキーワードが書いてあったとしても非常によみづらくなってしまうので、平面画像にキーワードを詰め込む方が良いでしょう。

掲載日は金曜日を狙う

メルぞうの掲載審査は土曜日曜にはお休みしています。ですので、金曜日を狙うと金・土・日と3日間掲載されるのでダウンロード数が伸びやすいです。

審査自体には2~3日ぐらいかかりますので、火曜か水曜日に申請するのが良いでしょう。

複数のレポートスタンドに登録する

単純に考えて、2つのレポートスタンドに登録すればダウンロード数も2倍になります。Xam、スゴワザ、激増、まぐぞうなど、複数のレポートスタンドに登録しておきましょう。

※僕はまぐぞうに落ちました。まぐぞうは審査が厳しいようです。

紹介をお願いする

最も重要な点です。ぶっちゃけ、レポートをただ作っただけでは50ぐらいしかダウンロードされません。ランキング入りするためには、大物アフィリエイターに紹介をお願いするしかありません。

ですが、良いレポート出なければ紹介はしてくれません。ひどいレポートを紹介すると自分の評価が下がるだけですからね。

ただ、レポート作ってからお願いするというのは下心しかないので、相手に報酬を渡す必要があります。どうしてもレポート数を増やしたいのであれば、良い物を作って1~5万ほどの報酬を渡せば紹介してくれるはずです。

ちなみに、僕は経験がありませんが、本当にいいものを作れば大物アフィリエイターが紹介してくれるということもあるようです。

まとめ

タイトルや画像は最低限でもいいですが、大きくダウンロード数を伸ばすための条件は『コンテンツの質』だということを覚えておきましょう。

無料でウェブマーケティングを勉強しませんか?

2 件のコメント

  • メルマガで収益を得たいと思っているのですが、大変参考になりました。

    このレポートで収益が上がった場合、またご報告させていただきます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    タロウ

    1990年3月9日神戸生まれ。 webが好きです、でもラーメンはもっと好きです。SEOには自信があります。最近太ってきたせいで着る服がありませんが、太ってきたのであったかいです。 Twitter・Facebookから友達申請よろ!