レポートスタンド審査に合格するための7つのチェックリスト

メルマガのリストを集めるために、無料レポートを発行しようとしたものの審査に落ちてしまうという話をよく聞きます。 審査落ちを防ぐために、今回は審査落ちの基準を検証していきます。

URLのリンク切れ

PDFを作ったあと、リンク先のURLが変更されるなどしてリンクが切れている可能性があります。 リンクを実際にクリックしてリンク先を確認してみましょう。

レポートの中に連絡先が書いてない

レポートの中に連絡先を書かないと審査には通りません。 連絡先は、『ニックネーム』と『メールアドレス』をかいておけばOKです。ただし、まぐぞうは本名である必要があります。

レポートのボリュームが少なすぎる

レポートが3ページ程度では審査に通らない可能性があります。確実に受かりたいのであれば、最低20ページは作りましょう。 ただし、新着ランキングなどを狙っていきたいのであれば、100ページぐらいは目指しましょう。

内容が個人を誹謗中傷していないか

当たり前ですが誹謗中傷はNGです。 審査に通りたいと思うのであれば、誰かを否定するような文章をレポート内容に書くのはやめておきましょう。

アダルトコンテンツを含んでいないか

アダルト系は少しだけでもNGです。

人物画像は全てNG

人物画像は有名人無名人問わず、すべてNGと考えてください。 メルぞう曰く、「本人の画像であっても、確認が取れないので使用しないでください。」とのことです。 以上が、レポートスタンドの審査を一発で通過するための7つのチェックリストです。

無料でウェブマーケティングを勉強しませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

タロウ

1990年3月9日神戸生まれ。 webが好きです、でもラーメンはもっと好きです。SEOには自信があります。最近太ってきたせいで着る服がありませんが、太ってきたのであったかいです。 Twitter・Facebookから友達申請よろ!