お父さんにYouTubeを監視されているの

こんにちわ太郎です。

以前、YouTube再生回数が1万回を超えたという記事を書きました。

ぶっちゃけ1万回再生なんて対したことがないんですが、僕も有名になったということなのか、YouTubeを見たとHPのお問い合わせフォームからメールが来ました。

From、父さん

件名:YouTube見てるぞ
内容:(無し)

そう、僕の父ちゃんからです。

僕と父さんの関係

少し僕の家庭の話をします。

僕は芝浦柏中学という学校へ入るため中学受験をしました。

芝浦柏中学の偏差値は55ですが、小学生の偏差値というのは、中学~高校の偏差値と違い【勉強している人たちだけの偏差値】なので、これでも結構高いんです。

そんな僕がこの学校に入るのは、結構しんどくて毎日6~8時間勉強しました。夏休みなんて5年のときから一日8時間とか勉強する鬼みたいな講習に参加されられました。

今でも覚えているのが、合格発表の日のこと

あの日は平日だったのですが、わざわざ父さんが会社を休んでくれたました。ただ、パソコンで確認すればいいだけなのに。

そして合格発表を確認すると、結果は合格!

僕以上に喜んでくれた父さんは、僕の帰宅まで我慢することができなかったのか、僕の小学校の靴箱の中に『受かってたぞ!』という手紙を入れてくれました。すごく嬉しかった。

今思うと、あの時が僕の人生のピークだったような気がします。笑

これだけを見ると、なんて仲の良い親子だって思われるかもしれませんが、実はいつも喧嘩をしていました。僕には何もなかったので仕方なく勉強をさせられていただけです。

しかし、中学からは僕は反動で全く勉強をしなくなり、めきめきと学力は低下していきます。

そして、仲が良くなかった父と息子の関係もさらに悪化していきます。父から手が出たことは2回しかありませんでしたが、激しい言い合いは毎日していました。

あんな奴とか糞ジジイとか言いまくったし、嫌いすぎて『親子の縁を切って欲しい』と土下座したほどです。

父は偏見が強い人で、

『和田アキ子は朝鮮人なんだ』とか『あいつはスパイだ』とか『某予備校の講師はみんな売春婦』とか言っていました。僕がどこで調べたの?と聞くと、『2ch』と言っていたので、そのおかしさは皆さんにも理解してもらえると信じたいです。

母も毎日怒られていて、『こんなもん食えない』とか『精神異常者』とか罵られまくっていました。

だから、正直な話今でも好きじゃありません。

大学受験の思い出

バカになりまくった僕は、日東駒専レベルに落ちまくり、地元の5流大学へ入学しました。

いつもは激怒する父も『俺の教育が悪かった』とか落ち込んでいたのを思い出します。その時は、どんなに怒られた時よりも自分の勉強不足を反省しました。

高校の偏差値が74の僕にとっては、偏差値44の大学は本当に怖かったです。入学式には成人式のニュースでよく見る、ヤンキーみたいな格好の人がたくさんいました。

そして、大学2年の終わりに家を出て、それからは一人暮らしを続けています。地元の大学なのに、当時流行りのシェアハウスに入ったりもしました。

息子が勝手に思う父の心情

僕には4歳上の従兄弟がいるんですが、その従兄弟がめちゃくちゃ優秀でして、、、

どれくらい優秀かというと、東大の医学部に現役合格して、今は世界で仕事をしているぐらい優秀です。従兄弟がそんなに優秀なのに、自分の息子は比べ物にならないぐらい馬鹿で、きっと辛かったんだと思います。

自分が親だったらと思うと、本当に申し訳ない。

去年、『自慢の息子じゃなくてゴメンね』とメールを送ったら、

『悪いがお前のことを、もう自慢の息子だと思っていない』と言われましたが、何も言い返すことはできませんでした。

メールが来た後の話

親に監視されているというのはとんでもないやりづらさです。無意識的に表現が制限されていきます。そのせいかYouTubeの更新もストップしてしまいました。笑

正直僕がやっていることは怪しさマックスな業界なので、このままだとイメージを払拭するのは難しそうなのですが、まあ批判されなかっただけよしとして、今後も情報発信を続けて行きたいと思います。

後日談

でも、数日後にこんなメールが

from、父さん

件名:無し
内容:再生回数30万回にできないのか?

どんな心理で送ってきたのかわかりませんが、応援されているみたいで嬉しかった。

だからもうちょっと精一杯頑張ろうと思います。

無料でウェブマーケティングを勉強しませんか?

6 件のコメント

  • なんだかうちの父にも少し似るところがあり、
    親近感が湧きました。
    しかし、お父様が見ていると思うとやりづらいですね(笑)

  • 最近の若者世代って、親子間の仲がすごく良くて、
    高校生の息子とお母さんがデパートで買い物してたり、
    大学生の娘がお父さんみたいな人でないと結婚しない、
    とか本気で言ってたりします。

    反抗期がなかったりするみたいですよね、昨今は。
    パラサイトシングルとか言われて久しいですし。

    仲がいいこと自体は悪いことじゃないです。平和で素敵です。
    でも親っていつかは超えていくものですから。
    確執とか葛藤とかを超えて大人の階段を上るわけですから。

    なので、お2人のたどってきた歴史と今のほどよい距離感
    がほほえましいなと思いました。

  • なんか良いお話ですね。
    私は母子家庭で育ったので、羨ましいです。
    子に厳しくするのは愛情。とても素敵なお話でした。

  • 有難うございます。
    もう少し仲良くしたいと思っているのですが、なかなか難しいですねー

  • 母子家庭の方からすれば、うらやましい悩みですよね
    失礼いたしました。

    ノンノンさんのお母さんもきっと、愛情たくさんでノンノンさんを育ててくれたんでしょうね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    タロウ

    1990年3月9日神戸生まれ。 webが好きです、でもラーメンはもっと好きです。SEOには自信があります。最近太ってきたせいで着る服がありませんが、太ってきたのであったかいです。 Twitter・Facebookから友達申請よろ!