コメントと思ったら?No Self Pingsでワードプレスの内部リンクのトラックバック対策

ワードプレスで内部リンクを張ると、自動的にコメントの部分に表示されてしまいます。
どういうことか詳しく説明しましょう。

 

例えば、自分のブログの中で『~~についてはこちら』という風に以前の記事を紹介するとします。
すると管理画面では、、、

No Self Pings

「お!コメントがきてるぞ。

どれどれ、、、」↓

No Self Pings手順

 

って、自分のサイトからやないかーい!!
となるわけです。

サイト自体に影響はないし問題があるわけではないのですが、ぬか喜びさせられてしまう上にいちいち手作業で削除しなければずっと表示し続けます。
これはwordpress特有の「ピンバック」という機能です。

ピンバックというのは、簡単に言うと『あなたのページにリンクを貼らせてもらいましたよ。私のサイトも見てね!』というリンクを自動で貼ってしまう少々迷惑な機能のことで、ワードプレス同士のサイトでリンクを貼った際に働きします。
気にしなければ問題ないのですが、気にすると気になる・削除しないとずっと残ってるという迷惑メールのような感じ。
ちなみにこの機能を使って『トラックバックスパム』というスパムがあるほどです。

 

No Self Pingsでサイト内ピンバックを無効に

この自分で自分に迷惑メールを送ってしまうような機能を無効にできるのが、【No Self Pings】というプラグインです。
そもそもピンバックという機能は、必ずしも悪いものではありません。
一般的な使い方であればとても有効な機能なのです。

しかし、自分の内部リンクでピンバックが表示されるのは全く意味がないので、この時だけ無効化してくれます。

使い方は超簡単【No Self Pings】を入れるだけです。
これだけで、自分のコメントに内部リンクが表示されることはなくなります。

注意点は、過去の内部リンクは無効化できないということ
ですので、以前のピンバックだけは手作業で削除していく必要があります。

 

以上!【No Self Pings】の説明でしたー

無料でウェブマーケティングを勉強しませんか?

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    タロウ

    1990年3月9日神戸生まれ。 webが好きです、でもラーメンはもっと好きです。SEOには自信があります。最近太ってきたせいで着る服がありませんが、太ってきたのであったかいです。 Twitter・Facebookから友達申請よろ!