電話占いヴェルニで会社の将来相談したら、占い結果痛烈過ぎワロタw

最近電話占いなるものが流行ってるとよく聞くのですが、僕自身は占いを全く信じておらず「へえー 占いねぇ、、、」とかなり冷めていたのですが、、、

経営に関して悩みが出て来たので、「ああ、こんなときに電話占いをするのかな? 試してみようかな」と思うようになり、実際に電話占いを利用して見ました。

 

どこがいい?とスタッフに聞くと、ヴェルニというサイトがオススメとのこと。

どこがオススメなのかと聞くと、

  • 口コミが多い
  • 占い師の数多い

のがポイントだと言っていました。

登録・支払いの流れ

登録すると

ヴェルニ登録

入会特典なのか1500ptがもらえていました。
ちなみに、先生によって1分あたりの値段が違い、230~380ptが必要になってきます。

相談には何分ぐらい必要かなと思って色々調べてみると、早い人だと30分ぐらいで終わるようなので、

230pt(1分)×30 = 6900pt

は必要となりそうです。

通常は1pt=1円ですので30分相談するのに7000円もかかるんですね、、、たけぇ、、、
なんにせよ、1回はやってみようと決めていたので残り5400pt程度を追加することに

電話占いの料金支払い方法

電話占いヴェルニ清算方法

今なら先入金でpt2倍ということで、3000円分購入

電話占いヴェルニキャンペーン内容

3000円分でもらえるポイントは
3000pt(通常)×2(キャンペーン2倍)=6000ptが追加され、入会時特典の1500ptと合わせて7500ptに

料金支払い

これくらいあれば、終了時間に慌てる必要もなさそうです。

占ってもらう先生を選ぶ

相談しようと思った内容は仕事と恋愛のことです。

まず先生を選びます。

ヴェルニ占い師一覧

先生の写真を押すと

ヴェルニ先生プロフィール

先生が何を使って占うのか?何を占えるのか?を確認することができます。

というわけで電話占いやってみた

電話占いをするタロウ

わかりにくいですがスピーカーで話しています

相談内容はあらかじめて決めており

1.仕事のこと

  • そもそも俺経営者向いてる?
  • 事業内容を変えようか悩んでる

2.恋愛のこと

  • 結婚のタイミング
  • 今の彼女と結婚するのか

これらのことを相談することにしました。

 

電話をすると、初めにあらかじめ録音されている先生のプロフィールが流れ、スキップするためには♯を押します。そのプロフィールを聞いて、『この先生でいいですか?』と確認されるのでさらに#を押すと先生につながります。

 

先生:
「こんにちは〜」

タロウ:
「こんにちは!」

先生:
「まずですね個人を特定することはないのですが、お呼びすればいいですか?
あと、細かい生年月日は必要ありませんがおいくつぐらいか教えてください」

タロウ:
「じゃあタロウでお願いします。27歳です。」

先生:
「わかりました。ではどう言ったお悩みでしょうか?」

タロウ:
「占って欲しいことは2つありまして、仕事のことと恋愛のことですね」

先生:
「え〜っと、質問をもう少し細かくしてください。仕事のどう言った内容でしょう?仕事にも人間関係とか売上とか転職とか色々ありますよね?」

タロウ:
「はい、仕事に関しては実は経営しているのですが、経営者としての才能?器というのでしょうか?そう行ったものがないのかなって悩んでいます
そもそも、個人でやっていて、今は社員を入れましたがまあ、そこまでうまく行っているというわけでもないので、、、」

と割とガチな相談をする僕に適度な相槌を入れながら聞いてくれます。

タロウ:
「あとは、現在やってる事業自体もなかなか成長していかなくて、思い切って事業転換してみようかなって考えているんですよね。」

先生:
「なるほど、細かくなくていいのですが、事業内容をざっくりと教えてもらっても良いでしょうか?例えば、アパレルとか飲食店とか」

タロウ:
「う〜ん、一応ITですかね。」

先生:
「ITは何年めですか」

タロウ:
「個人で初めて、今は会社にしたんですが、会社にしてから2年目ですね。」

先生:
「はい。あとは恋愛でしたっけ?」

 

恋愛・結婚の占い結果

タロウ:
「そうですね。恋愛についてです。」

先生:
「あのですねぇ、、、
恋愛にも、例えば婚期とか出会いとかそう言ったことがあると思うんですが、もっと細かく質問してもらわないと回答できないんですよ。詳細にお願いします。」

タロウ:「あ、はい。
今付き合っている彼女と結婚するのかな?っていう、、、
正直なかなか結婚が見えなくて、あとはまあ仕事がめちゃくちゃうまく行ってるというわけでもないので、このまま結婚してもいいのかなって自分自身が悩んでるんですが、悩んでて結婚しないのも違うのかな?と結婚に悩んでいる感じでしょうか
あとは純粋に婚期ですね。今の相手であってもそうでなくても」

先生:
「なるほど、わかりました。
ではまず、本名ではなくてもいいのでお相手の呼び名と年齢も特定しなくていいので、なん歳ぐらいか教えてもらえますか?」

と、かなりざっくり聞かれました。

タロウ:
「え〜はい。のんちゃんでお願いします。27歳で同い年です。」

先生:
「そうなんですね。では15秒から20秒ほどで結果が出ますので、このままお待ちください。」

 

そういうと先生は何かをし始め、電話の奥で『あれ〜、おかしいなぁ』とボソボソ聞こえました。
占うに当たって、本名と生年月日などは特に聞かれませんでした。

登録した時点でそう言ったデータは伝わっているのでしょうか?
話した感じでは僕のデータは何もわかっていないような感じはありましたが、、、

そして20秒ほど待っていると「はい出ました」と

タロウ:
「どうでしょうか?」

先生:
「しばらく結婚はしなさそうです。
タロウさんが結婚にこだわるのであれば別れないですが。だらだらと30歳を超えるでしょう。
お相手は結婚は考えていなくはないですが、もう少し仕事を頑張っていきたいと思っているようです。」

タロウ:
「そうなんですね。
今の彼女と結婚するということですか?
それとも違う方とでしょうか?」

先生:
「うーん。
それはよくわかりませんが、いずれにせよ結婚は30超えてからですね。」

タロウ:
「結婚はしますか?僕の人生は」

先生:
「そうですね。結婚はすると出ています。」

タロウ:
「でも今じゃないと?」

先生:「はい。お相手もそうですし、
タロウさん自身も経済力や自分の時間など万全じゃないとしたくないと思っていますね。」

タロウ:「そうですか、わかりました。」

内心では、『まあそれ俺も自分で言ったことだしな、、、』と思ってしまいました。

 

先生:
「お相手の方の異性関係も占いましょうか?」

タロウ:
「え?」

先生:
「異性関係ですね。」

タロウ:
「ごめんなさい、つまりどう言ったことでしょうか?」

先生:
「簡単に言えば、
浮気しているかどうかもわかりますがどうですか?」

タロウ:
「え、いや〜う〜ん。。。
いいです。それは知りたくないです。」

なんだか知るのが怖くて怖くてやめてもらいました。

先生:
「そうですかわかりました。」

仕事についての占い結果

タロウ:
「あ、仕事の方が気になるのでそっちを占ってもらえますか?」

先生:
「はい。えっとどう言った内容でしたっけ?」

タロウ:
「はい。そもそも経営者が向いてるのかっていうことと、事業を変えようか悩んでるが、変えずにもう少し頑張るべきか?ってことですね。」

先生:「わかりました。
え〜まず、器ですがこれも悪くはないというか。ありますね、器は」

タロウ:
「そうですか?」

先生:「はい。だから続けて言って問題ないと思います。業種ですが仕事がITというのも向いていると思います。
ちなみにITのなんですかね?」

タロウ:
「(アフィリエイトって言いたくない、、、)広告系です。」

先生:
「なるほど。今は何人なんですか?」

タロウ:
「3人、、、、
まあ携わっている人は多いのですが、うーん実質4人ですね」

先生:
「なるほどそれを30人にしていきたいと、」

タロウ:
「はい。そうですね
大きな会社にしたいと常に思っています。」

先生:
「なるほど、、、
そうですね。これから会社を大きくしていきたいのであれば、新しい仕事を考えた方がいいですね。」

タロウ:
「そうなんですか?」

先生:
「色々なサイトを作っていくらっていうのはよくないから
サイトを作って売上に応じた金額を安定的にもらえるっていう方がいいと思います。
やっぱり、一本やっていくらっていうのは波がありますからね。」

タロウ:
「ふむ」

先生:
「だから広告を貼って売上に応じて月いくらっていうことじゃなくて、自分たちでサイトを作って売上を稼いだ方がいいですよ。
お客さんに左右されているのはあんまり儲からないから。」

タロウ:
「ん?アフィリエイトとかですか?」

先生:
「そうですね。自分たちでサイトを作って稼いだ方がいいと思います。」

タロウ:
「僕、広告って言いましたけど僕がやってるの【アフィリエイト広告】なので、他人のサイトに広告を出してるわけじゃなくて自分たちでサイト作ってますね。
だから先生がやった方がいいっていうこともうやってますよ」

先生:
「違いますね。」

なんだか雲行きが怪しくなってきました。
そこまでアフィリエイト進めてなかった??

先生:
「だから他人のサービスを紹介して、紹介料でお金をもらっても月200~300万ですか?
でも電話占いのサービス自体は3000~5000万売上で、そこから2~3割入ってきたらどうですか?」

タロウ:
「儲かりますね、、、」

先生:
「ね?だから自分でやった方がいいんですよ。
アフィリエイトはもう10年後には無いですからね。

※弊社はアフィリエイト事業をメインとした会社です。

 

タロウ:
!!??
どういうことですかね?」

どういうこと?

どういうこと、、、

先生:
「電話占いも、クリック単価とか会員登録でいくら〜とか言ってもそんな儲からないでしょ?
アフィリエイト広告はもう無くなっていきますよ」

※アフィリエイトに関する僕の本です

 

タロウ:
「じゃあ新しいビジネスモデルを考えた方がいいってことですか?」

先生:
「いや、まずは技術力のあるエンジニアを雇ってください。新しいサービスを作るのもエンジニアの方がいればお金かからないでしょ?」

いや、人件費はどこに、、、

タロウ:
「はい、そうですかね?」

先生:
「うん。そうじゃ無いと何百万もかかるでしょ?」

タロウ:
「えっと、儲かってないけど挑戦して人をいれた方がいい?勝負した方がいいですか?」

先生:
「社員として雇うんじゃなくて、役員報酬っていう形で迎えて、
売上に応じた金額を払えば初めはお金かからないですよね?」

タロウ:
「売上に応じて、折半する感じですか?」

先生:
「そうそう」

先生:
「結構一人でやってる人もいますから、
まずは技術力の高いエンジニアを雇いましょう。

タロウ:
「えっと、じゃあやっぱりビジネスモデルを考えるってことですか?それが無いと始まらないですよね?」

 

先生:
「いや、違うのよ、
みんな”エンジニア”ってひとくくりに言うけどね。細かく分けるとフレームとか言語とか色々あるの」

タロウ:
「フレームですか?フロントエンジニアとかそういう話ですか?」

先生:
「そう、例えばいろんなwebサービスも0から作るとお金がかかってしょうがないけど、フレームを買ってくれば簡単み作れるのよ。」

タロウ:
「ああ、そういうパッケージを買って来るってことですかね?」

先生:
「そう。そういう人がいれば簡単にサービスを作れるでしょ?」

タロウ:
「なるほど、じゃあ技術力の高いエンジニアを探してきて、新しい事業を展開しないと先がない?」

先生:
そう。まあね、人数を30人50人と増やしていきたい大きくなっていきたいのであれば、そうした方(アフィリエイトをやめた方)がいいですけど

今は、月の売上が数百万あって、社員が3人いて、みんなに給料払って、経費払って、余ったお金で生活して、少し貯金できて〜ってぐらいですか?それくらいでこれからも小さくやって行ってもいいっていいのかってことですよね。

タロウ:
「なるほど、、、わかりました。」

 

ここで電話を切りました。電話の時間は21分でした。

電話占いの感想・まとめ

恋愛に関しては、それが本当かどうかはよくわかりませんが
全く結婚できる気配がないので当たってるといえば当たってるのかも?

得意不得意があるのかわかりませんが、仕事に関してのアドバイスは占いなのか、
自分の意見なのかが全くわからなくてあまり参考にできないかなと思いました。

どこに占いの要素があったのかがよくわからなかったですね。
アフィリエイト、オワコンかぁ。。。(当たってるのだろうか?)

 

でも、僕がイメージしてた占いって、なんというか、怪しげなイメージで
占い師は『あなた〜〜でしょ。』って言って、僕が「なんでそんなことわかるの!!」って感じだったんですが、どちらかというと相談という意味合いが多かったように感じます。

心が弱っている人には刺さるんだろうな

 

これに3500円出してスッキリしたかというと、、、
うん、まあ占いだしね、、、

 

 

「アフィリエイトがオワコン・儲からない」という言葉を信じるか信じないかは、

 

あなた次第

 

 

 

 

 

興味のある人はヴェルニで占いやってみてはいかがでしょう?

▶︎電話占いであなたの悩みを相談してみる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当記事はアフィリエイト記事である。
発生はまだない。(たぶん発生しない)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

タロウ

1990年3月9日神戸生まれ。 webが好きです、でもラーメンはもっと好きです。SEOには自信があります。最近太ってきたせいで着る服がありませんが、太ってきたのであったかいです。 Twitter・Facebookから友達申請よろ!