そもそも投資ってなんなの?

バイナリ―オプションは金融取引、つまり投資の一種です。でも、そもそも投資とはどういったことを指すのでしょうか?この辺りがアバウトな方も多いと思います。

また、「投資をすること=詐欺に遭う」と思っている人もいるはず。しっかりリサーチして臨めば安全なので、あまり不安に思うことはありません。

今回は「投資とはなにか」「投資にはどんなものがあるのか」を具体的にご紹介しましょう。

そもそも投資とは?

そもそも、「投資」とはどんなことを指すのでしょう?投資という言葉が使われているもののなかでも、「設備投資」や「金融投資」などは聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか。

投資には「将来的に収益が増えると見込まれることへ生産能力を増加させること、資金を支出すること」「利益を得ることを目的として、事業や株、不動産などへ資金をつぎこむこと」という意味があります。

投資は、大きく「金融投資」と「物的投資」の2つに分けることができます。金融投資は、株や債券、FXやバイナリ―オプションなどといった有価証券への投資を指します。

一方「物的投資」は機械や装置など事業に必要なものへの設備投資、原材料などの在庫増加分を表わす在庫投資、住宅を購入する住宅投資などを指します。

それでは投資の代表的な例を以下でご紹介しましょう。 

投資の中でも、馴染みが深いものでいうと株がありますね。企業が発行している株に投資することを「株式投資」といいます。

運用方法は、株が安い時に購入し株が固くなったら売却し、利益を得るという仕組みです。また、一定の時期に株主になっていると配当金が得られたり、株主優待制度を受けられたりすることもあります。

運用方法だけみると簡単そうですが、株の取引で利益を上げることはそんなに簡単なことではありません。株を売買する時期によっては高い利益を期待することもできる一方で、株を持っている企業が倒産すると所有している株はただのゴミになってしまうのです。

株の投資方法には「グロース投資」と「バリュー投資」があります。グロース投資は企業の将来性を期待して投資する方法、バリュー投資は企業の実績・実力から判断して株が安くなっているものへ投資する方法を指します。

FX

「為替に大きく変動があった翌朝は電車が遅延する」・・・なんて話しを聞いたことがある人もいると思いますが、それがこのFXです。「外国為替取引」とも呼ばれています。

FXとは、通貨(円やドル、ユーロなど)を売買することによって利益を得る取引のことです。

レバレッジという手元にあるお金の◯倍の勝負が可能なので、うまくいけば大きな利益を生み出しますが、その分負けたときの損失は大きくなります。これがFXのメリットでもあり、デメリットでもある部分といえるでしょう。

このほかにFXのメリットとしては、為替手数料が安いこと(外貨預金の約100分の1)、スワップポイント(通貨間の金利差で得られる収益のこと)が毎日得られることなどが挙げられます。

債権

債権には国が資金を調達することを目的としている個人向け国債と、企業が同じ目的で発行しているものがあります。

満期になると利息分が必ず支払われるので安全性が高いですし、1万円という比較的少額から投資できるのが魅力です。

満期は3年・5年の固定金利と10年の変動金利があり、利率が低いことや満期にならないとお金を引き出すことができないのがネックな部分でもあります。

不動産投資

不動産投資とは自分が購入した不動産(マンションやアパートなど)を第三者に課すことで利益を出すことです。

不動産投資を行う場合は、銀行からお金を借りて投資を始めることができます。不動産には資産価値があるので、銀行もお金を貸してくれることが多いです。

しかし不動産の種類や、立地場所によって価格は大きく異なってくるので、居住者を確保することが難しいと、不動産の購入代金を銀行に払えなくなる場合もあるので物件購入時には注意が必要です。

居住者がいれば毎月安定して家賃収入を得られる一方で、築年数の経過や人口減少などで空室となるリスクも高いため、資産運用初心者には難しい投資の一種といえるでしょう。

投資信託

投資信託とは、投資を第三者に任せることです。銀行や企業など資産運用のプロが個人投資家からお金を預かり、株やお金に投資を行います。その結果、儲けがでたら利益の一部を投資してくれた人に分配することになるのです。

こういったことから、投資信託は資産運用が初めてという人や知識があまりない人でも、気軽に始めることができる投資ということができるでしょう。

一方で、投資信託にかかる手数料が高いという面もあります。手数料が銀行や企業などの利益になるからです。実際に銀行へ行って投資信託の勧誘を受けたことがある人も多いと思いますが、それは手数料を受け取りたいから・・・という理由があるからです。

上場投資信託

上場投資信託はETFとも呼ばれています。証券取引所に上場して取引が行われている投資信託のことです。

上述した投資信託となにが違うのかというと、第三者任せではないという点が大きく異なります。資産運用の知識がある程度あって、自分で取引を行いたいという人はETFがおすすめです。

個人で取引することは難しいのでは?・・・と思う人もいるかもしれませんが、ETFは証券会社に口座を開設できれば、あとは株の取引きと同じように進められるので気軽に始めることができるでしょう。

また、投資信託と比べてETFの方が手数料が安いですし、少額の資金から始めることができるのも嬉しい点です。ただ、市場全体が影響を受けるような場合は、ETFでも損失がでることもあるので注意しましょう。

J-REIT

J-REITという投資方法をご存知でしょうか?J-REITは投資信託の一種に分類されますが、不動産に投資を行うという点が他の投資信託と異なります。

具体的には、投資家から資金を集めてビルやマンションといった不動産を購入し、賃貸収入・売買益などを投資家に分配することを指します。

この仕組みはアメリカで生まれて、Real Estate Investment Trust(不動産投資法人)と呼ばれています。 この頭文字をとってREIT、さらに日本で行われているので先頭にJapanのJがつき、J-REITとなっているのです。

少額から投資ができ、いくつかの不動産に投資ができるので分散投資になります。個人で不動産投資を行うより売却手続きが簡単というメリットがあります。一方で実物不動産に投資するより価格変動が流動的で、それがリスクになることもあります。

先物取引

先物取引も良く耳にする投資の一つで、石油のニュースで取り上げられることがありますね。石油やガスなどのエネルギー資源や農作物、金、プラチナなどが、将来の定められた時期にどのくらいの価格で売買できるか・・・その権利を取引することになります。

先物取引もFXと同じように、何倍掛けるかというレバレッジを効かせることができますが、その分利益が大きいものになったり、反対に大きな損失になることも考えられるので気をつけなければいけません。

預金

「預金も投資なの?」と思われる方もいるかもしれませんが、利子が戻ってくるので投資の一つになります。

預金は銀行にお金を預けることです。銀行はこのお金を資金として欲しがっている企業などに貸し出します。そこで発生した貸出利息と預金利息の差額が、銀行側の儲けとなり一部が預金者へ利子として戻ってくるのです。

預金は元本が保証されますし、もし銀行が倒産などの理由で預金を払い戻すことができなくても1,000万円までは保証されるので安全性が高い投資といえるでしょう。

しかし金利が安いのがデメリットです。リスクが低い分、金利も低くなっています。銀行にもさまざまありますが、ネット銀行が比較的金利が高いとされていて、5年の定期預金で0.2%くらいです。もし100万円を5年預けたとしても、2,000円の利子しかとれません。

その他

その他にも投資方法はいろいろあります。例えば養殖や宇宙の土地など、現実的なものから目に見えないようなものまで、実にさまざまな投資先があるのです。

最近ではビットコイン(仮想通貨)が人気になってきていますね。ビットコインは日本では2009年に仕組みが作られました。

ビットコインは簡単にいうならば、インターネット上に存在する実物のないお金のことです。現金のように中央銀行で発行しているのではなく、発行主体がありません。そして最大発行量が2100万ビットコインというように制限が定められています。

ビットコインはすべてコンピュータが管理していて、コインを誰かに送金すると、そこに不正がないか第三者が検証を行います。この検証に携わった人は、報酬としていくらかのビットコインを受け取ることができるという仕組みです。

人気を集めているビットコインですが、サイバー攻撃に弱いことも露呈されており、2014年には世界最大規模ともいわれていた取引所のマウントゴックス社が多額のビットコインを盗まれて経営破たんしました。

リサーチを徹底して安全な投資方法を選ぼう

投資には実にさまざまな方法があることが分かりましたね。投資を行う場合は、メリットとデメリットをきちんと理解しておいてください。資金はいくらあるのか、リスクはどのくらいあるのかをしっかり見極めた上で、より安全な投資方法を選びましょう。

初心者が投資を始めて、楽に儲かることはないと思ってください。どの投資にもリスクとリターンの相互関係があるのです。短い期間でまとまったお金を手にするよりも、「うまい話はない」と思って堅実にコツコツと資産増やしていく方が初心者には賢明といえるでしょう。

自分に合った投資方法を選び、比較的少額でローリスクのものから始めてみてくださいね。

 

この記事を読んだ方におすすめの記事

【初心者必見】5分でわかるバイナリーオプションとは

2017.03.23

「バイナリーオプションとは何ぞや?」という初心者の方に、どういう投資方法なのか、国内業者と海外業者のメリットデメリット、確定申告、安全性、口コミなどをご紹介いたします。

バイナリーオプションは詐欺なのか?武井壮が挑戦

2017.07.27

バイナリーオプションは、一時、ステマなどが流行ったこともあり詐欺のイメージがつきまといます。そこで、武井壮さんが実際に海外の怪しい業者を使ってバイナリーオプションに挑戦します。結果はいかに・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

浅田

タロログのメシアでございます。この写真を撮ったあと、ポニーに太ももを蹴られました。痛かったです。でも大事なところ蹴られなくてよかったです。