格安SIMを店舗で購入する場合のメリット・デメリットまとめ

格安SIMを店舗で購入する場合のメリット・デメリットまとめ

ネットで購入するのが一般的なイメージがある格安SIMですが、実際のお店で購入する方法もあります。

大手キャリアの携帯を購入するときは、だいたい実店舗で購入する方が多いでしょう。一応、ネットで購入することも可能ですが、店頭でスタッフにわからないことを聞きながら決めたほうが安心という方が多いと思います。

一方の格安SIMも、業者によってはお店を構えて営業しているところもあります。ただ、あまりメジャーなイメージは無いですよね。

今回は、格安SIMを実店舗で購入した場合のメリットとデメリットや、ネットと店舗のどちらで購入した方がいいのかも含めて解説します。

実店舗で購入する場合

格安SIMは、格安SIMを提供している業者の直営店か、いろいろな携帯サービスを取り扱っている代理店(大手キャリアも含む)で購入することができます。

どちらで購入しても、同じサービス同じ端末を契約・購入することができますが、契約するときやその後のサポートなどに大きな違いがあります。

直営店で購入する場合のメリット・デメリット

直営店を営業している格安SIMの業者は、

などがあります。これらの業者の直営店で購入する大きなメリットは、専門スタッフがいるということです。

サービスの契約時などにわからないことがあれば、その場で聞くことですぐに解決することができます。直営店なんで、常駐しているスタッフもその格安SIMについてのプロフェッショナルばかりです。

ネットで購入する場合は自分で全て調べて申し込まなければならず、それが格安SIMから遠ざかる1つの原因となっています。ちなみに僕もそうでした。

わからないことがあったら、専門知識を持つプロに聞くのが1番間違いありません。格安SIMは安くなる分、大手キャリアと比較してできないことや不便に感じる部分もあるので、とくに気になることは多いと思います。よく確認しておきましょう!

もちろん、デメリットも存在します。それは、そもそも店舗数が少ないということです。

格安SIMは、大手キャリアのように大々的にお店を構えないという方針が、料金の低価格化の理由の1つとなっています。あまり、実店舗に力を入れていないんですね。

例えば、LINEモバイルのお店。

タロログ社屋がある千葉県柏市内では、ビックカメラ柏店の中、1店舗のみとなっています。大手キャリアの1つドコモの専門店は柏市内に5店舗あるので、比較してみるとやはり少ないですね。

ちなみに僕の地元である野田市には1店舗もありませんでした。ドコモ・au・ソフトバンクのお店は各1店舗以上はあるんですが・・・。

近くに直営店がなければ遠くのお店に足を運ぶという方法もありますが、その分の交通費を払うのは少し癪ですよね。せっかく電話料金を安くするために格安SIMを検討しているのに、そのためにお金を払わなければならないのは。

一応、最近は直営店も増えつつありますが、今後大手キャリアほどの店舗数に上るかどうかは微妙なところです。

代理店で購入するメリット・デメリット

直営店以外でも、格安SIMを店舗で購入することができます。

それは、代理店で購入する方法です。代理店とは、家電量販店の携帯電話コーナーや携帯ショップなどになります。

このような代理店で購入するメリットは、様々な業者や端末を扱っているということです。

中には、大手キャリアを扱っているお店もあり、格安SIMに決めかねている人でもキャリアと比較しながら選ぶことができます。

そうです。多数の業者を扱っているということは、それらを比較することができるんです。

もちろんお店のスタッフに聞けば、よりわかりやすく解説してくれます。自分の要望を伝えれば、ぴったりな業者を探すことも可能です。

格安SIMにしたいけどどの業者にするか決めてない人、そもそも格安SIMにするかどうかも決めかねている人は、代理店で購入するのもアリですね。逆に利用する業者が決まっているのであれば、専門の直営店や公式サイトから購入するといいでしょう。

しかし、なんでも聞けば答えてくれる、というわけでもありません。

代理店のスタッフは、いろいろな業者の表面的なことはわかりますが、より専門的なことまで突っ込まれて聞かれるとわからない場合もあります。それは、あくまで携帯電話全体の専門知識を持っているだけで、個々の業者に関する知識を持ち合わせていないからです。

いざ困ったときにあてにできないというのは、携帯電話に詳しくない人などには辛いかもしれませんね。

ネットでのお申し込みがおすすめ!

ここまで、格安SIMを店舗で買う場合のことについて、いろいろ解説してきました。

直営店は店舗数が少ない、代理店はより専門的なことを突っ込んで聞けない、いろいろとうまくいかないところがありますね。

そこであえて僕がおすすめするのは、ネットの公式サイトからの申し込みです。

確かに自分で全てやるとなると、わかりづらい部分があると思います。でも、ネットで調べれば方法はいくらでも探せるので、そんなに難しいことではありません。

正直なところ”自分でネットで調べて解決方法を見つける“といったことができないと、格安SIMを使用していくうえで起こりうるトラブルに対処しきれないと思います。

そういった方は、大手キャリアを利用するのが無難でしょう。”安心“や”使いやすさ“をお金を払うことで提供しているのが、大手キャリアです。

格安SIMにするのであれば、おすすめはLINEモバイル

LINEモバイルは、月額500円から使用できる格安SIMです。

月額500円プランは一月のデータ利用が1GBまでですが、追加で500円支払うことで1GB増やすことができます。2GB追加なら1,000円プラス、4GB追加なら2,000円プラスといった具合に容量を増やすことが可能です。

また、LINEの利用分はデータ使用に含まれず使い放題となっています。LINEを頻繁に使う人にぴったりです。
※LINE@は対象外

この他にも、LINEのID検索が利用できたり(格安SIMは通常、LINEの年齢認証ができないのでID検索を使うことができません)、利用金額に応じてLINEの課金に使えるポイントがもらえたり、あまったデータ容量をLINEモバイルを利用している友達とわけあたりすることもできます。

スマホ利用者であれば、多くの人が使ったことがあるLINE。そんなLINEをよく利用する人向けの格安SIMです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マツ

高2から陰キャでコミュ障になり、最終学歴高卒フリーターの人生がけっぷち屑野郎へ。 こっから人生大逆転ホームラン狙ってます。担当はゲームとお菓子調達です。よろしこ 最近、4コマ漫画のブログをはじめました。 クリック