夢を叶える 目標に近づく方法

 

10年前ぐらいからずっと考えていたことがあります。それは

 

夢は本当に叶うのか

どうすれば自分の夢に近づくことができるのか?

 

ということです。

結論から言うと、100%叶える方法はないですが
夢を叶えるためのかなりベストに近い方法を見つけたと思っています。

夢を叶える方法

まず、夢を叶えるといっても、この方法では非現実的なことは無理です。

自力で空飛ぶとか
20代後半からプロ野球選手目指すとか
アメリカの大統領になるとか

でも、たぶんなりたい自分にはなれるんじゃないかと確信しております!(夜中でテンション高め)

目標を達成するために必要なことは変わることです。
将来の自分というのは、常に自分の行動の先にしか存在していません。

仮に【テニスの大会でベスト4に入る】という目標があったとすれば、

毎日、家でテレビを見ているような生活を続けていてはテニスが上手くなることはありません。
暑いくても、寒くても外に出て、練習を頑張る必要があります。

ではどう変わればいいのか?

大前研一さんの言葉でこんな有名な物があります。

人間が変わる方法は3つしかない。

1番目は時間配分を変える。
2番目は住む場所を変える。
3番目はつきあう人を変える。

この3つの要素でしか人間は変わらない。最も無意味なのは『決意を新たにする』ことだ。

多くの人は、「変わろう!」「明日から〜〜しよう」と考えても、数日たつとその行動をやめてしまうため、決意・覚悟だけではなんの意味もないということです。

 

そうならないように目標を達成するときは

  • 長期目標
  • 中期目標
  • 短期目標

の3つを持ち、日付をつけるのが良いとされています。

例えば、

長期目標が「通訳になる」        2020年10月31日
中期目標がTOEICで800点を取る      2019年12月15日
短期目標が英語の教材を3冊終わらせる   2018年3月31日

という感じです。まずは短期目標から達成して行くわけですね。

そして、最も重要なのが毎日の行動をしっかりと持つということです。毎日というのが重要で、

「一週間で英単語を500個覚える」
「土日にイングリッシュカフェに行く」
「できるときにできるだけ、Skype英会話をする」

というのは、習慣化できないので意味がありません。
やる日とやらない日を作ると、自分の中で甘えが出てきて、「今日は忙しかったから、明日」とか「朝時間がないから、時間のある日やろう」というのは徐々にやらない日が増えてきてしまうので、

毎日やるというのがコツです。

 

今回の英語の目標で言えば、
毎日単語を50個覚える」とか
毎日イングリッシュカフェに行って話しかける」とか
毎日、朝Skype英会話をしてから出社」とか

もう一度言います。
毎日できることにするというのが大切です。

 

 

うん、

でもさ、、、

 

 

 

 

 

 

俺自身、この話10回以上本で読んだけどほとんどできてねーしwww(ハナホジ)

 

 

 

と言うわけで、「分かった。毎日やればいいんだろ。やるよ」と思うかもしれませんが、
それでも甘えが出てきてできなくなる場合がほとんどだと思います。

 

 

 

毎日の継続を続けるために

毎日の目標を決めても達成できない場合はどうすればいいのか?

目標達成の可能性をあげるために必要ことは

  • 他人に応援・監視してもらう(強制力)
  • 飴を用意する(自主性)

ということだと思います。

先ほどの話をわかりやすくするために2つの具体例をお話しします。

 

なんでライザップって成果が出るの?

僕が思ったのは、なんでライザップってコミットできてんの?ってことなんですよね。

ライザップが痩せる理由って、独自のメソッドって言ってますけど。

本当のところはトレーナーと二人三脚で、厳しい食事管理をしてもらえるから痩せているんです。

ライザップの体験者のブログを読んだら、晩御飯で
「肉なら食べてもいいということで、焼肉に来ました! 油が多い肉は避けてタンとハラミを1人前づつ。美味しかった〜」みたいな記事があったのですが、

それ糖質制限以前に量もめっちゃ少なくない?
その量で満足できてるならライザップに行くほど太ってないよね

 

あとは、TKOの木本さんがライザップをしている時、テレビで言っていたのが
「間食もたべれるんですよ!昼にお腹が空いたらナッツ食べるんです」と言ってナッツをたべてお腹を満たしていました。

5粒のアーモンドで
さすがにそれは痩せるでしょ、、、

 

いずれにせよ

「自分が痩せるためになんで40万も払わないといけないのか」
「だったら自分で痩せて40万を他のことに使おう」

っていう人がほとんどだと思います。
これが20万ぐらいならもっとやる人は増えるわけです、間違いなく。

まあ、覚悟を決めて大金を払ったから「お金を使ったからにはせめて結果を出そう!」という考え方から自主的に動けているということですよね。

これは【お金を使うと言うムチ】と【トレーナーに励ましてもらうと言うアメ】で動いてるわけですよね。

応援してもらってダイエットに成功した友達

ダイエットに関してもう一つの例なのですが、

昔シェアハウスに住んでいた時、ダイエットをしていた友達が

○月△日までに60キロまで痩せなかったら、みんなにご飯奢ります。
応援してください!!

と張り紙をしていて、実際に痩せていたんですね。

痩せ方が、ライザップもびっくりのスピードだったので「すげぇ。。。」と思っていたんですが、
一点だけ気になっていたのが、、、

損得の関係性です

これを表にすると

  成功 失敗
応援者 得しない(±0) 得する(+1万円)
挑戦者 損しない(±0) 損する(-1万円)

ってことですよね

応援する側は、ダイエットが失敗した方が得するのに純粋に応援できるの?っていうことなんですよね。

結論から言えば、みんな(僕含め)優しかったので、「お金とかいらないから成功して欲しい!」っていう気持ちで応援していました。
当たり前だけど本当にみんな優しいなぁって思ってました。

とは言え、もし失敗してたら、お金をもらえるからといってみんなが失敗を喜べないと思うので、
そういう意味では成功してくれて本当に良かったと思うし、個人間ではこれがベストだったと思うわけです。

どうすれば飴をもらえるか

どうすれば強制力と自主性を発揮できるかを考えた結果、

あらかじめお金を出しておいて、

  • 目標を達成できたらお金が帰ってくる(飴がもらえる)
  • 目標を達成できなかったらお金は帰ってこない

というのが一番いいんじゃないかなと思うわけです。

そしたら、自主的に頑張りますから。
応援する側で言えば、成功失敗にお金が関係ない方が心から応援できると思うんですね。

もはやこういうビジネスモデル作ろうかと思うレベルです。

  1. あらかじめ目標へコミットして、入金
  2. 毎日作業報告
  3. 目標を達成できた場合のみ、出金可能

 

じゃあ友達にお金を渡そう。となると、微妙な空気になるわけですよね。

一番仲のいい友達には、お金関係を抜きにして応援して欲しいわけだから。

 

 

で、考えました。

頑張ったらお金をくれる人って誰だろう。と

 

考えました。

考えた結果

 

 

それは俺なんじゃないかと思ったわけです。

 

ここからはサロンの話になっちゃうので、
サロンに入ってない人は読まなくてもいいです。

 

といっても他人にそれをやるのは難しいのですが、

サロンでやったらみんなもっと行動するんじゃないかなって

 

現状だと、一番記事更新した人・面白い記事書いた人がお金もらえることになってるんですが、
僕のイメージする成功って他人と比べることじゃないと思うんですね。

 

だから、

「毎日ブログ書く」でも
「毎朝6時に起きて、筋トレする」でも
「毎日通勤時間はケータイをいじらず本を読む」でも
「毎日アフィリエイト記事を更新する(外注含む)」でも

なんでもいいから自分でコミットして毎日できることを考えて、それを毎日報告してもらえたら、
毎日できた人にのみ、お金を返してあげようかなって。

実際は手数料とかかかってるので全員に返金したらやばい大損なのですが、俺の人生経験上

どんなに追い詰めても、
どんなに怒っても、
どんなに甘やかしても、
どんなに長時間説得しても、

やる奴は2〜3割以下なので、たぶん大丈夫だと思っています。

損益分岐的には6割程度の人が行動したらその時点で僕の大損なのですが、
みんなが作業してくれるならそれでもいいかなって思ってます。

※最悪、赤字が20万を超えた時点で一度考えさせてください、、、

 

具体的な報告の仕方やルールなどはサロンで近日中に連絡するので少々お待ちを

 

 

サロンの説明みたいになっちゃったのですが、サロンに入っていない人は
例えば親にお願いしてもいいと思います。

10万渡しておいて「達成できたら返して?」って、
親は無条件に子供を応援してくれますからね。

ただ、やっぱり大金になればなるほど、関係がこじれる可能性もありますし。
親にお願いしづらかったり、「俺毎朝起きるから!報告するから!」とか言っても

『は??』って言われそうじゃないですか。

 

だから僕がお手伝いする方がいいんじゃないかなと思ったのですが、その辺はご自身でオネシャス

最後に

もちろん日々コツコツ努力を続ければ必ず夢が叶うわけではありません。

叶わないことも多いだろうし、思考停止して作業マシーンになっては意味がないかもしれません。

ですが、MLBシーズン最多安打記録保持者であり、プロでの通算安打世界記録保持者のイチローはこう言っています。

引用:http://fundo.jp/

小さなことを積み重ねることが、

とんでもないところに行くただひとつの道だと思う。

 

イチローかっこよすぎですね。

ちなみにこんな言葉もあります

夢に近づくための最低条件は

目標に向かって歩き出すこと、そして歩みを止めない事だ

 

 

 

こっちの方は今僕が作りました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

タロウ

1990年3月9日神戸生まれ。 webが好きです、でもラーメンはもっと好きです。SEOには自信があります。最近太ってきたせいで着る服がありませんが、太ってきたのであったかいです。 Twitter・Facebookから友達申請よろ!