不倫が寂しいと感じる瞬間ベスト3

寂しくて元気がない女性

たとえ配偶者や家族がいても、彼と会っている間だけは幸せ。そんな幸せいっぱいだった不倫関係にも、「寂しい」と感じる瞬間はふいに訪れます。

でもどんなときにそう感じるのかを知っておけば、対処できるかもしれません。

今現在不倫中の方も、これから不倫が始まりそうな方も、これを読んで自分が寂しさに耐えられるかどうか考えてみてください。

1位:会いたいときに会えない

配偶者や家族がいる状況では、会いたくなったときすぐ会いに行くという訳にはいきません

不倫の最低条件は、決して相手や自分の奥さん・旦那さんにバレてはいけないということです。当然彼に会う時間帯や、場所は制限されてきます。

また、会えないだけではなく、ちょっと電話で声が聞きたいというときにも対応できるか分かりません。

これまで会いたいときにいつでも会え、連絡したいときにはいつでもできる自由な恋愛を楽しんできた方には、少々辛い状況かもしれません。

2位:カップルのイベントが楽しめない

クリスマス、バレンタイン、誕生日、記念日……。

カップルにとってのイベントは一年の中でたくさんありますが、好きなときに会うことのできない不倫カップルはこれらのイベントも二人でお祝いできるとは限りません

特にクリスマスや誕生日は、不倫相手ではなく家族を優先せざるをえないでしょう。

クリスマスにカップルだらけのイルミネーションの中を一人で歩くのは、これから恋人ができるかもしれないフリーの人より寂しいかもしれません

そんな孤独感を、あなたは耐えられますか?

クリスマス一人で歩く女性

3位:誰にも恋愛相談できない

2回目になりますが、不倫は配偶者や家族にバレないことが最低条件です。

ですから彼との関係にあなたが悩んだとき、これまでの恋愛のように友人へ気軽に相談するというわけにはいきません。直接彼と関わりのない友人でも、誰がどこで何を見たり聞いたりしているか分からない以上、不用意に彼との関係を話さない方がいいでしょう。

また例え不倫を打ち明けたとしても、もし友人に反対されたり軽蔑されたりするというリスクがあります。

誰にも応援されない恋愛ほど、寂しいものはありません

不倫が辛いのは当たり前

不倫は二人の間に大きな障害があるからこそ燃え上がり、自由な恋愛では味わえないような幸福感を得られるものです。不倫を続けていく上で感じるかもしれない寂しさも、ある種不倫の醍醐味かもしれません。

寂しい気持ちに胸が押しつぶされそうになっても、負けない強さを手に入れましょう。そうすればたとえ不倫の関係でも幸せな未来が待ち受けているかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

みどり

こんにちは( ,,・ิω・ิ,, ) フリーライターのみどりです。タロログでは恋愛や自分でもこっそりやってる占いの記事を主に書いているので見てやってください。宜しくお願い致しますm(_ _)m