不倫の結末にありがちなパターン

人生の分岐

人の気持ちは不変のものではありません。どんなに燃え上がった恋愛も、いつかは変化の時を迎えます。

では不倫の恋には、どんな結末が待ち受けているのでしょうか?

来るべき時に備え、よくある不倫の結末を心に留めておきましょう。

配偶者にバレて不倫相手と別れる

真っ先に思いつく嫌なパターンが、不倫が配偶者にバレて関係を終わらせざるをえなくなるものです

特にあなたが女性で不倫相手が既婚男性の場合、奥さんの勘は想像以上に鋭いもの。ある日突然「嫁にバレた」なんてメールやLINEが届いて強制終了させられる場合もゼロではありません。

また別れるだけならともかく、慰謝料を請求されるケースも。相手はノーダメージで家庭に戻り、自分だけ慰謝料を払わされたら最悪ですよね。

そうならないためにも、日頃から不倫バレしないよう細心の注意を払って行動してください

離婚して不倫相手と再婚する

不倫の恋は、必ずしも不倫相手との別れで結末を迎えるわけではありません。

不倫相手への気持ちがどんどん深まっていき、離婚して財産分与や慰謝料を払ってでも不倫相手と結婚したいと考えるようになることも。元配偶者さえ納得してくれれば、みんな幸せになれる最高のパターンかもしれません。

ただ実際には、一番可能性が低いのも現状です

あまり過度な期待をせず、こうなったらいいな、と夢見るくらいに留めておいた方がいいでしょう。

不倫相手への気持ちが冷める

最初に人の気持ちは不変のものではないと言いましたが、それなら恋の熱が冷めてしまうことも当然あり得ます

不倫が始まったばかりの頃は非日常へのワクワク感やバレたらどうしようというドキドキで燃え上がっていた恋の炎も、激しかった分だけ燃え尽きるのは早いもの。体の相性だけを求めてぐだぐだ続くこともありますが、そんな風に関係を続けても虚しいだけですよね。

また実は相手が不倫慣れしていて、そろそろあなたに飽きたから次の不倫相手を見つけようとするパターンも。なんだか面白くない終わり方ですが、こんな相手にしつこくするだけ時間の無駄だと思って諦めましょう

依存しすぎないよう気を付けて

不倫の恋の結末は、必ずしもハッピーエンドとは限りません。

相手が離婚して自分と再婚してくれたとしても、「また不倫しているかも」という不安が拭えないことだってあります。これ以上自分を苦しめないためにも、不倫相手に依存しすぎないよう気を付けましょう

「今この時を楽しむ」というスタンスでいれば、不倫が結末を迎えてもきっと次の恋に生かすことができますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

みどり

こんにちは( ,,・ิω・ิ,, ) フリーライターのみどりです。タロログでは恋愛や自分でもこっそりやってる占いの記事を主に書いているので見てやってください。宜しくお願い致しますm(_ _)m