好きだけじゃカバーできない?年の差不倫の悩み

ダンディな男性

あなたと不倫相手の年の差はいくつですか?

不倫相手がうんと年上の男性の場合はその包容力から離れられないし、若い年下の男の子の場合は若者ならではの明るさやバイタリティがあって、どちらもすごく魅力的ですよね。

でも悩み多き不倫関係ですから、やはり年の差カップルには年の差ならではの悩みがつきものです。

これからご紹介する年の差不倫のお悩みの中で、あなたにも身に覚えがあるものはありませんか?

話が合わない

年の差が大きければ大きいほど生きてきた年代が違うので、当時流行っていたものや好みなどが根本的に食い違ってしまいます。

最初は相手の好みや価値観が新鮮に感じられていても、付き合いが長くなってくるにつれて噛み合わない話にイライラすることも。相手が年上の場合は古臭い考え方にげんなりするし、相手が年下の場合は非常識な考え方に付いて行けない……なんてことは当たり前のように起こります。

年の差がない同年代カップルだったらもっと楽しくお付き合いできたのに、なんて考える日は近いかもしれません。

束縛が強い

どういうわけか、年の差カップルほど相手からの束縛の強さに疲れてしまう傾向にあります。

年の差がある分、相手が同年代の異性と接触することに不安や焦りがあるのでしょう。かわいいやきもちなら嬉しくても、ファッションや交友関係にいちいち口を出されてはたまりませんよね。

特に不倫相手が既婚者の場合、「自分は結婚してるくせに私の交友関係にごちゃごちゃ言わないで!」という気持ちになってしまうでしょう。

自虐的な発言が増えてくる

「君だって本当はもっと若い子と付き合いたいんでしょ?」
「どうせ俺には大人の包容力なんてないから」

そんな自虐を不倫相手の口から聞いたことはありませんか?

年の差への不安からくる自虐的発言なのでしょうが、何回も繰り替えされるとフォローする気も起きなくなってきますよね。離れていってほしくないからそう言っているのだとしても、「そんなことないよ」の一言にすら「気持ちがこもってない」なんていちゃもんを付けられたらカチンときてしまいます。

こんなに女々しい人だったっけ? と思うようになったらこの関係が終わる日も近いかもしれません。

もしも年の差がなかったら…

もし彼との年の差がなかったら、どんなカップルになっていただろう。そんな風に考えたことはありませんか?

もちろん、年の差があるからこそ上手くいっている不倫もたくさんあります。

けれど、「年の差なんて関係ない!」と自信を持って言い切れるような関係ではないのなら、その不倫を続けていいのかもう一度よく考えてみてくださいね。

ウィルキャプチャ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

みどり

こんにちは( ,,・ิω・ิ,, ) フリーライターのみどりです。タロログでは恋愛や自分でもこっそりやってる占いの記事を主に書いているので見てやってください。宜しくお願い致しますm(_ _)m