セフレから彼女に昇格したけどすぐ別れた女性にインタビューしてみた

こんにちは、みどりです。

今回は「セフレの彼を好きになってしまった」「どうやったら彼の本命になれるの」と悩んでいる女性のために、実際にセフレから彼女に昇格した女性にインタビューしてみて、

  • 彼女に昇格するためのコツやテクニック
  • 本命にしてくれる男性の行動や性格

をお届けしようと思ったのですが、
インタビューしてみたら

付き合ったけどすぐ別れた!
しかも付き合ってから1回も会っていない!!

ということが分かり
「あれれ、、これじゃ~説得力が出ない 」ってなりました(泣

あと、話し聞いていて「彼、インタビューした女性のことそんなに好きじゃなくない?」って思うことがあったので、

今回は、

セフレなのに女性を勘違いさせる”罪なセフレ男子”の特徴と見分け方

に変更してお届けしま~す 笑

カフェの店内
※写真はNGだったのでイメージです。

 

~千葉の某カフェにて~

みどり;
はじめまして。
まず簡単に自己紹介お願いできますか?

Kさん:
はい。20代後半のOLです。
趣味は国内外の旅行です。

みどり:
ありがとうございます。
セフレから彼女になったという経験があるとのことですが、
その彼とはどうやって出会ったんですか?

Kさん:
彼は大学のゼミの後輩でした。
わたしが大学にいた頃は特に何もなく、あまり仲もよくありませんでしたが、
卒業式のあとに誘われていっしょに飲みに行った時からセフレになりました。

みどり:
その1回の飲みでそのままセックスにいたったんですか?

Kさん:
2軒飲みにいって、そのあと彼の家でさらに飲むことになり、
その後セックスしました。

みどり:
家に行ったということは、抱かれてもいいかな~って思っていたんですよね?

Kさん:
その時は、まさか後輩とそんな関係になるとは思っていませんでした。
男友達も多く、別に2人で飲んでも何もないと思っていました。
ただ2人ともお酒が好きだったので、もっと飲みたかったので家に行きました。

みどり:
お酒好きなんですね 笑
(男性の家にノコノコ付いて行くって、、もしかしてKさんガード緩い⁉)

彼は、最初は身体目的だったんですかね?

Kさん:
はじめに飲みに誘ってくれた時は、そんな目的ではなかったと思います。
もともと2人ともお酒が好きなので、飲みに行こう!と言う話をしていたので。
私が部屋に何も考えずに行ったから、彼も我慢できなくなったんだと思います。

みどり:
(そりゃそうだ!)

セフレになろう! 的は話はありました?

Kさん:
ありませんでした。

みどり:
そうなんですね。
逆に、セフレになろうよ って言われていたら、その後付き合っていたと思います?

Kさん:
言われていたら、付き合ってないと思います。
(うん、それは共感できるな)

みどり:
それはなぜですか?

Kさん:
そう言うことを言う人のことを好きになれない気がするからです。
曖昧な感じで、お互い好意があるのかな?くらいで関係が続いていたので、付き合うことになったのだと思います。

 

【特徴】
女性を勘違いさせる”罪なセフレ男子”の特徴 その1

セフレという関係を明確にしない

 

みどり:
Kさんは彼に好意はなかったんですよね?
彼は好意があったんですかね?

Kさん:
私は最初は好意はありませんでしたが、
2人で飲みに行って話してみて、少し興味を持つようになりました。
だからセックスに応じたのだと思います。

彼の方は、正直よくわからないです。
はじめに飲みに行った時は、遠距離の彼女がいましたが、
少しは私に好意を持ってくれていたと思います。

みどり:
彼には遠距離の彼女がいたんですね
遠距離だからKさんと会ったのかもしれませんね。
(彼はセックスしたかっただけという気がするのは私だけ・・・)

 

【特徴】
女性を勘違いさせる”罪なセフレ男子”の特徴 その2

自分に好意があるんじゃないかと匂わせる

 

みどり:
セフレ関係はどのぐらい続きました?

Kさん:
1年くらいです。
私が就職で遠くに引っ越したので、
会えたのは卒業後すぐの春休みと、そのあとのGWと冬休みだけでした。

みどり:
そうすると、定期的に会っていたのではなかったんですね。
(たまに会ってセックスできる都合のいい女と思われてたのかな~)

連絡はどのぐらいの頻度で取っていました?
やり取りはどんな内容が多かったですか?

Kさん:
連絡はほとんど取っていませんでしたが、
冬休みに会った時には、彼と付き合えたらいいな、と少し思うようになっていました。

みどり:
(連絡ほとんど取っていなかった、、やっぱり彼はセックスしたかっただけなような・・)

 

【見分け方】
女性を勘違いさせる”罪なセフレ男子”の見分け方 その1

男性から連絡はほとんど来ない

 

みどり:
付き合えたらいいなと思うようになったキッカケはなんですか?

Kさん:
社会人になって、いいなと思えるような人との出会いが全くなく、
彼が一番男らしくて頭が良くて、私のタイプだな、と認識したことです。

また彼が彼女と別れていたのもきっかけのひとつです。

みどり:
あ!彼別れたんですね。
社会人になると出会い少なくなりますもんね。

 

【特徴】
女性を勘違いさせる”罪なセフレ男子”の特徴 その3

頭が良い

 

みどり:
会った時は、セックス以外にデートとかしたんですか?

Kさん:
家でおしゃべりくらいはしましたが、外でのデートはしていません。

みどり:
頻度は少ないけど、たまに会ってセックスするだけだったんですね。
(なんか、悲しい・・・)

 

【見分け方】
女性を勘違いさせる”罪なセフレ男子”の見分け方 その2

外でデートはしない

 

みどり:
彼が自分に好意も持ってくれていると感じました?

Kさん:
好意を持ってくれている感じもしましたが、
早くいい彼氏が見つかるといいね!とよく言われていました。

みどり:
それ、つらいですね・・・
どういうところで好意を持ってくれているかもって思いました?

Kさん:
一緒にいる時は、セックスの時以外もとても優しかったです。
また駅の改札まで送ってくれて、ハグされた時に、私のこと好きなのかな?と思いました。

みどり:
ハグされたら 好意持ってると思いますねw

 

【特徴】
女性を勘違いさせる”罪なセフレ男子”の特徴 その4

優しい

 

みどり:
セックスが終わった後はどんな感じでした?

Kさん:
終わった後はだいたい、ハグされたまま寝ていたと思います。

みどり:
終わった後も優しかったんですね。

 

【特徴】
女性を勘違いさせる”罪なセフレ男子”の特徴 その5

ピロートークが上手

 

みどり:
ちょっと、ディープな話ですが、セックスの内容的にはどんな感じでした?

Kさん:
セックスはいつもだいたいお酒を飲んで、眠たくなってきたら布団に入って、
そのあと彼が胸や下腹部を触ってきて、フェラをして、そのまま挿入でした。
前戯でたくさんいかせてくれるので、気持ちがよかったです。

みどり;
恋人みたいなセックスだったんですね!

Kさん:
そうだと思います。

 

【特徴】
女性を勘違いさせる”罪なセフレ男子”の特徴 その6

ラブラブセックスをする

 

みどり:
Kさんは付き会いたいなと思ってから何か努力はしましたか?

Kさん:
遠距離だったので、冬休み以降はメールや電話の回数を少しだけ増やしました。
週に1回か、2週間に1回くらいです。

みどり:
彼はちゃんと返答してくれましたか?
あと、彼から質問系のメールとか電話ってありましたか?

Kさん:
返事は比較的早かったと思います。
でも彼から連絡が来ることはありませんでした。
会話の中では自然な質問などはありました。

みどり;
彼からは来なかったんですね・・・(なかったんかーい!)

 

【見分け方】
女性を勘違いさせる”罪なセフレ男子”の見分け方 その3

連絡したら返信はくるけど、やっぱり彼からは来ない

 

みどり:
会う時は事前に約束をつけていました?
それとも突然、明日帰るから会える的な感じでした?

Kさん:
突然行っていました。

みどり:
彼からいつ帰ってくるの? はなかったんですか?

Kさん:
卒業した後すぐの春休みの時に、聞かれたような気がします。

みどり;
彼は受け身だったんですかね・・・
(そこまで好きじゃなかったってことだろ!)

 

【見分け方】
女性を勘違いさせる”罪なセフレ男子”の見分け方 その4

基本、受け身

 

みどり:
付き合おうと切り出したのはどちらからですか?
そして、何かきっかけはありました?

Kさん:
私はメールや電話の回数が増えて、やっぱり好きだと思うようになったのですが、
彼にまた、早くいい彼氏ができるといいね!と言われて悲しくなり、
私は彼が好きだからそんなこと言われたら悲しい、と伝えました。
そこで、彼も私が好きだと言ってくれて、彼から付き合おうと言ってくれました。

みどり:
理想な形ですね!!!
(もぉ~!彼の気持ちがよく分からない)

 

【特徴】
女性を勘違いさせる”罪なセフレ男子”の特徴 その7

告白されたらとりあえず付き合う

 

みどり:
その後、彼とはどうなりましたか?

Kさん:
付き合うことになりましたが、
彼も就職して、距離がさらに遠くなっていたため、すぐには会えませんでした。
付き合ったのが春でしたが、私はすでにGWは海外に行く予定だったので会えず、夏休みに会う約束をしました。

彼はもともと連絡をマメにとるタイプではなく、メールの頻度は3日に一度程度でした。
付き合っていない時よりは増えましたが、私は付き合ったら連絡を取りたいタイプで、
特に遠距離なので、メールや電話で連絡を取らないとお互いの仲を深められないと考えていました。

そこで連絡が取れない彼に私が寂しくて我慢できなくなり、付き合ってる意味もわからなくなって、会う前に別れてしまいました。

みどり;
別れちゃったんですね・・・
(すぐ別れたんか~い!!!)

 

【見分け方】
女性を勘違いさせる”罪なセフレ男子”の見分け方 その5

付き合っても連絡は少ない

 

みどり:
その後、彼から連絡とかありました?

Kさん:
特になかったです。

みどり:
そうなんですね・・・
(やっぱり・・・)

 

【見分け方】
女性を勘違いさせる”罪なセフレ男子”の見分け方 その6

追わない

 

みどり:
最後に、セフレから彼女になれた要因はなんだと思いますか?

Kさん:
残念ながら、すぐに別れてしまいました。

お互いもともと少しは好意があったのと、
遠距離だからどうせ付き合えないだろう、と諦めていたため、あまりガツガツしていなかったことが、
彼女になれた要因だと思っています。

感想

正直、彼がKさんのことをどう思っていたかは分かりません。

でも、彼の行動や話を聞くと

  • 自分から行動するほどKさんに好意はなかった
  • でも、セックスは恋人みたいに楽しみたかった
  • 彼女と別れていたし、告白っぽいこと言われたからとりあえず付き合ってみた
  • やっぱりそんなに好きじゃなかったから、1回も会っていないのに後追いしなかった

というふうに感じてしまいます。

ワンナイトラブから始まる恋愛もあると思いますが、男性からセフレ認定を受けている可能性もあります。

もし男性が好きなのであれば、男性の行動をしっかりと見極める必要がありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

みどり

こんにちは( ,,・ิω・ิ,, ) フリーライターのみどりです。タロログでは恋愛や自分でもこっそりやってる占いの記事を主に書いているので見てやってください。宜しくお願い致しますm(_ _)m