人気Youtuberヒカルの情報商材屋時代に情報商材買ったことがあるンゴwww

こんにちは、タロウです。(@syuty

Youtuberのヒカルさんってご存知ですか?

ツイッターより引用

競馬でキタサンブラックに1000万賭けてみたり、祭りの屋台でくじの中に当たりがないことを確かめるために店のくじを全て買ったりしてるYoutuberのヒカルさんです。

最近、VALUでやらかしたり、文春に狙われたりと

かなり炎上気味。

その話題の1つに、【昔、情報商材を売っていた】と言うものがあります。

情報商材とは?

その名の通り情報を売ってお金を稼ぐビジネスです。
例えば、”ゴルフレッスンのビデオ”とか”犬のしつけのノウハウ”とか、過激なところで行くと”お金を稼ぐ方法”とかもあります

そう言う独自のノウハウをPDF(テキスト)や動画にして売るのですが、その中の多くはサポートやコミュニティをつけているのでコンサルティングも兼ねていることが多いです。逆にコンサルティングメインで、その教材としてPDFや動画をつけているパターンもあります。

この辺は見せ方の違いで、あくまで販売物のメインはPDFと動画で
購入者に送りつけて「とりあえず見とけ」「とりあえずやっとけ」と伝えたあと、その中で生まれる質問・疑問に答えると言うものが多いですね。

過去にヒカルさんも情報商材を売っていたことがあるのですが、、、

ヒカルから情報商材を買ったことがある

僕はヒカルさんから情報商材を買ったことがあります。
あれはたぶん2013~14年ぐらいだったかと

”ゼロイチ”という名前の商品を16800円で販売してました。

商品の内容は、アフィリエイトの手法を説明した”下剋上”と呼ばれる商品に購入特典としてヒカルさんのサポートをつけたものです。
(この下剋上は数年に一度内容が新しくなっているので、まだ使えるかも?最新作は確認していないのでわかりませんけど)

トレンドアフィリエイトとは?

トレンドアフィリエイトというのは、アドセンスをメインに使ったアフィリエイトの手法で、
ざっくりいうと

芸能ニュースなど話題のことをブログに書いて、たくさんアクセスを稼いで、
記事の中に貼っている広告をクリックしてもらって稼ぐというもの。

気になる人はこちらからどうぞ
僕がアフィリエイトで月20万稼いでいる方法

いくらぐらい稼げるの?

トレンドアフィリエイトはぶっちゃけそんなに稼げません。

1クリックあたり30円程度で、だいたい100~200回記事が見られると1人ぐらい広告をクリックしてくれるので

1PV = 1PV × 1~0.5%(クリック率) × 30円(単価)
1PV =0.15〜0.3円

という計算ですね。

このブログを読んでくれている人なら知っているかもしれませんが、ブロガーでも月100万PVに到達している人はごく稀です。
マジで有名なブロガーでも100万PVは行ってない方が多いですよ。(芸能人はPVがカサ増しされているので無視)

うちは35万PVぐらいです。

仮に100万PVのブログを持っていても

100万PV×0.3円=30万円 ということになるので全然稼げないのがわかると思います。

多くのブロガーは色々なキャッシュポイントを持っているのでもっと稼いでいます。
大抵は以下の3点

  • 特定の商品をピックアップして販売
    →(よく転職とか促してますよね。あれです。)
  • オンラインサロン
  • 記事広告 (紹介記事書いて1本10万とか)

 

話は戻りまして、、、

要するに、下剋上に自分のサポートをつけて、
僕の特典はすごいよ!だから僕から買ってね!って、やってたわけですね。

ケータイショップが各店舗ごとにさまざまな特典をつけて、ケータイを販売しているようなものです。
例えば店舗によってキャッシュバックの金額が違かったり、粗品が違かったりしますよね。
場合によってはオプション無料っていうのもあるかもしれません。

そして、ケータイショップが契約を取れたら、1契約あたり数万円の仲介手数料(報酬)をもらえるように、”下剋上”を販売した際にも報酬があります。下剋上の値段が16800円・報酬は9800円でした。この報酬は売上本数やキャンペーン期間によって左右されます。

そんなわけで彼が売っていたのはトレンドアフィリエイトの教材なわけですね。

なんでこんなことを知っているか?

何で彼の商材を買ったことがあるか?といえば

僕自身がやっていたアフィリエイトもトレンドアフィリエイトで、僕も下剋上をやっていたし下剋上を販売していたからです。だから、僕も元情報商材屋な訳です。

僕は意識低い「稼がせてくれ」とか「やったのに稼げないじゃないか!」って人と付き合うのがだるくなったので売っていませんけど。
アフィリエイトって数年前まで、楽に稼げるイメージが先行して意識低い人が多かった気がします。そして、そういう人はすぐやめる、、、

最近はそんなことなくなってきましたけどね!

じゃあ下剋上は詐欺か?

じゃあヒカルが売っていた”下剋上”は詐欺商品なのか?というと、
まあ怪しいし、うたい文句がきついですけど、僕自身、月35万ぐらい稼げるようになっているので完全な詐欺じゃないと思うんですよね。

情報って価値だと思うので

ただ、その金額が正当なものなのか?というとちょっとわからないです。

 

例えば、、、

これさえやれば偏差値10アップ間違いなし!!と言われている教材をやった後に『詐欺だ!!偏差値が3しかアップしなかったじゃないか!』とはならないと思うんですよ。

ただ、その教材(テキスト)が1万円だったら『うーん、、、』って思うかもしれないですよね?
でも、塾で5回ぐらいの授業だったらそれくらいの価格でも納得できるわけですよ。

でもでも、その授業が動画配信で「はい、これが授業だから見といてね」って渡されたら、多くの人は『いやいやいや!それだけ渡されても!』ってなると思います。

でもでもでも!
東○ハイスクールとかほとんどそれですよね。映像授業って呼ばれるやつで、動画見終わったら偏差値いくつかわからん大学生に質問できるシステムです。この質問できるっていうのが上手いところですが

 

だけど、情報商材もだいたい質問したら答えてくれますからね。

 

だからまあ、『異常に期待を煽って売るのはダメだけど、まあそんなもんじゃない?』って、思うわけです。実際情報商材って動画100時間とかあるから、なんだったら安いんじゃないかって思いすらあります。

ホリエモンが情報商材売ってた時もありますし、

「いやw これパソコン教室の動画じゃんwww」って思うかもしれないですけど、これも情報教材です。

ただ、情報商材が悪質なイメージなのは
お金稼ぎが先行しすぎて、『寝てても月収500万』とか『スマホ1つ、いいね1つで3万円』とか『いくらでもお金が出てくるキャッシュマシーンを持つ』とかわけのわからんことを言って無理やり売るものが多いからですね。

今のヒカルのお金は全て情報商材なのか?

Youtubeの動画で8桁近い貯金を持っていると言っていましたが、おそらく情報商材だけで1億稼いだとは考えにくいかなと思います。
だって

1億って9800円を1万人に売らないといけないですからね。
1万人もヒカルから買ってたら、もっと情報商材買ったって人が出てきてもいいんじゃないかと思います。

せいぜい2~3000人、つまり2~3000万がいいところかなと。

他にも彼は被災地への仕事する人を派遣して、中抜きして稼いだりもしていたそうです。

ちなみにこれは知り合いの社長にもその話が来たけどやらなかったそうです。
「なんでやらなかったんですか?」と聞くと、被災地の方やボランティアをしている人たちにくそ恨まれるからやらなかったとのことです。

日本中が『みんなが助け合おう!』みたいな流れの中、金儲けに走ったら批判がすごかったんでしょうね。

まあそれも立派なビジネスだと思いますけどね〜

2 件のコメント

    • 自分のコンサルサービスの名前ですね!

      例えばプライベートレッスンジムの
      ワークアウトみたいな

      自分のパッケージ商品として販売してましたよー
      (説明下手かな、、、)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    タロウ

    1990年3月9日神戸生まれ。 webが好きです、でもラーメンはもっと好きです。SEOには自信があります。最近太ってきたせいで着る服がありませんが、太ってきたのであったかいです。 Twitter・Facebookから友達申請よろ!