ペアーズ体験談 メンヘラOLとお茶しちゃった話

こんばんは!
ペアーズで恋人探しを楽しんでいるラビット・ペロ平です。

前回、三十路の美人看護師とホテルで「素敵な一夜」を経験し、すぐに別れた僕。
次の相手を探そうとペアーズで検索すると魅力的な女性を見つけました。

相手の女性は社会人になったばかりの23歳OL。
お姉さん好きの僕としてはやや若すぎる感じがしますが・・・

写真はとても可愛かったので会うことにしました。
まさらこのコがメンヘラ依存体質だったなんて。

1日でマッチングからデートが成立した珍しい例

メンヘラオンナとはペアーズの「無料いいね!」で見つけました。
アプリでログインすると、ポイントを消費せずに「いいね!」を押せる便利システム。

23歳の新卒社会人で恋愛対象ではありませんが・・・
プロフィール写真は可愛かったです。

(どうしようかな? メイド・イメクラのお店なら指名するレベルだけど・・・)
悩みましたが、モノは試しと「いいね!」を押してみる事にしました。

(あんな可愛い女の子がすぐに返事するワケがない)
そう思ったら、その日のうちに「いいね!」を返され、すぐにマッチング。
さらに話は進み、デートのやり取りが始まります。

女性「とても楽しい人ですね! お兄さんはどこにお住まいなんですか?」

僕「埼玉県の●●ってどころです。 大宮や浦和を下った場所にありますよ」

女性「私は大宮に住んでます! 良かったらお茶しませんか?」

まさか女性からデートの誘いがあるとは・・・
これが出会い系サイトならサクラや悪質業者を疑いますが、ここはペアーズ。
そうしたトラブルをまき散らす「裏の業界」の方々がいるとは思えません。

ちょっと不安な気もしましたが、仕事終わりの大宮でお茶する事にしました。
ここまで1日の出来事です。

ペアーズでは1日でマッチングしデートが成立する事もある

可愛らしい小動物タイプの女の子

集合場所は大宮「まめの木」というシンボル像の前。
土曜日の夕方とあって学生服を着た高校生もいれば、スーツ姿の就活生、近くのイベントに参加したコスプレイヤー。
様々な人が「まめの木」の前で現れ、横切り、消えてきます。

さいたま市大宮といえばターミナル駅としてかなり大きな街。
「まめの木」は池袋の「池フクロウ」のように1つの待ち合わせスポット。
デートはもちろん、友達の集合場所として定番です。

大宮豆の木前

1日でマッチングした相手が本当に現れるか?
不安でしたが、相手の女性はちゃんと時間通りに来てくれました。

髪を2つに束ねたツインテール、150センチくらいの小さな身長、白いワンピース。
かなり幼い印象を受けます。

お互いに挨拶をして、駅近くにあるカフェに向かいます。
この可愛らしい小動物タイプの女の子がメンヘラだったとは・・・

埼玉県さいたま市大宮の待ち合わせ場所は「まめの木」が定番

行動をチェックすると感じる疑問点

土曜日の夕方とあってカフェはどこも満員。
お話するお店を見つけるのも苦労しました。

僕  「すみません。なかなか空いてるお店が見つからなくて」

女性「・・・」

僕  「スタバみたいないカフェと昔ながらの喫茶店、どちらが好きですか?」

女性「なんでもいいですよ」

これらの会話は不貞腐れた声ではありませんが、笑顔でもありません。
少しずつですが噛みあうようで噛み合わない会話。

カフェ選びの段階から少しずつ沸き起こるハズレ臭。
風俗やデリヘル、出会い系サイトを経験した人はわかりますが、こうした「男の勘」はよく当たります。

「顔が可愛いから」という理由で話だけでもしたい。
そう思いましたが、思い返せばこの段階でさっさと帰ればよかったです。

なんとかカフェが見つかり、僕はオーダー、彼女は席取りをお願いしました。
「デートは男が全部払う」。
そういう気質ではありませんが、初回のデート費用は僕が負担しようと思っていました。

女性は男の何倍以上の時間を浪費してくれます。
化粧や洋服選びなど男が想像できない苦労があるから。
もちろん、一緒にお茶をしてくれた労いの気持ちもあります。

しかし、このコは僕に頼むモノを告げて、席取りにいきました。

「おごってもらってすみません」や「私が払いますから」。
こうした一言もなしです。

別にアイスティー300円くらいを払ってほしいワケではありません。
ただ、「デート費用は男が払って当然」とふんぞり返る彼女の姿がうかがえます。

席に着いても「ありがとうございます」の一言もなし。
ちょっとイラっとしましたが、自己紹介をして世間話を始めますが・・・

僕  「どんな仕事をしてるんですか?」

女性「仕事は普通のOLです。今は事務職ですが、けっこう仕事は頑張ってるんですよ。社会人になりたてで全然仕事はできないんですが、周りの期待もありますし。プライベートを充実させようとペアーズ始めたんですが、変な男が多くて困ってます。●●さんは紳士的な年上だから会ってみようと思ったんです。それから・・・」

僕  「・・・」

嘘ではなく、「ずっと彼女のターン」という感じで話が続きます。

僕は頭の中で「今日の夕食は何作ろうかな~」と半分意識を失っていました。

女性「あと、資格の取得も頑張ってるんですよ。専業主婦には憧れますが、夫の収入だけでは心配ですし。それから・・・」

そんな感じで話しまくる彼女。

  • 好きな人には自分からアピールするけど続かない
  • オトコはホテルに行ったらすぐに別れる
  • 悔しいから何度も電話やメールで自分から誘ってしまう
  • 自分はこんなに仕事や恋愛をがんばってるのに報われない

こうした苦労話を1時間くらい聞かされました。
お互いの飲み物がなくなった機会を見て、カフェを後にしようと提案しました。

メンヘラ女性も「門限があるから」と清純さをそれとなく僕にアピールしてきます。
もちろん、飲み物の片付けを彼女がやるはずがありません。
当然のように自分だけカフェの外に出てきました。

別れ際に彼女からLINE交換を提案されました。
これが普通に可愛い女の子だったら喜んで交換しますが、相手はメンヘラ。
最悪の場合、住所などを特定され、ストーカーに発展する可能性も十分にあります。

僕はそれとなく理由をつけて断りました。
あの時の彼女の顔が「ひきつった」のは夢に出ましたね(笑)
帰りの電車でペアーズを開き、彼女をブロックしたのは言うまでもありません。

メンヘラオンナは口説きやすいが後が大変なので初回で手を切る

まとめ

  • ペアーズで1日でマッチングする女性は注意が必要
  • 「男がおごるのが当然」という女性は要注意
  • ペアーズのような優良サイトであっても「常識知らずのメンヘラ」はいる
  • メンヘラに目を付けられると危険

 

 

メンヘラもいるけど、、、出会いやすさはNo.1!
あなたもペアーズ初めてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ラビット・ペロ平

寝取られ・ブラック企業勤めを経て、出会い系と風俗にハマり、身体の経験を積む。 「ラビット・ペロ平の恋愛講座」を運営中。 http://rabbita-love.com/