日本最古の遊郭”吉原”へ行って殺されるかと思った話

吾輩は社長である。今期の売上はまだない。
どうやって売上を立てればいいかとんと見当けんとうがつかぬ。

 

そんな悩みを抱えていると、とある会社から、
吉原のレポートを書いてくれとの仕事をいただいた。

 

テーマは

精力剤サプリをバカのみしたら
オティンティンは本当にギャンギャンになるのか!?

 

めちゃくちゃいい話のように感じるが、正直全く乗り気になれない。

なぜかというと、以前日本最古の遊郭飛田新地へ行った際、モデルみたいな女の子が裸になっても我の愚息はピクリとも反応をしなかったからだ。

あと!そういうサプリ胡散臭くてやだ!

 

でも、この話をしたらうちスタッフどもは

「え?俺行きたい!」
「代わりに行きますよ!!」

と言いはじめるではないか、

不思議だ。。。

 

全然やりたくなかったけど、みんなにそう言われると、ただでさえ少ないセックスチャンスを棒に振るのもシャクだなと思ってくるものである

俺が行くよ!!と、ダチョウ倶楽部的な流れで行くことになってしまった、、、

 

 

という話をヒデブに相談すると

吉原に行くのが夢だと語る男

吉原に行くのが夢だと語る男

「死ぬまでに吉原の最高級店に行くことが、僕の夢で今の仕事のモチベーションです!」とやたら熱く語り始めた。
しかも、聞いてもいないのに「絶対に〇〇か××って店がいいですよ!」とやたら推してきて、本当に吉原に詳しかった。行ってないくせに。

そんなこんなで、本当に案件を受けるべきか迷っていたのに、その日のうちに吉原に行くことになったのである。

 

 

 

ちなみに、、、
本当に勃たなかったら本当のことを書いていいか?という確認もしたら

承諾が取れた

快諾してくれているので、今回は全てノンフィクションです。

 

この記事は「精力剤おすすめランキングサイト|ぎんぎん君」の提供にてお送りさせていただきます。

精力剤おすすめランキングサイト|ぎんぎん君

吉原とは

まずは吉原って何?ということろからおさらいしましょう。

吉原とは江戸幕府によって設立された日本最古の遊郭。
時代物の漫画やアニメなどでもよく話に出てくるように、江戸を説明する際に必要となる程重要な役割を果たしていた。

元々は江戸幕府開発のため職人男性が増え、江戸の市街地に遊女屋が点在して営業が行われていたため、風紀の問題から店を一箇所に集めたのが始まり。

初めは日本橋の近くにあったが、明暦の大火後浅草に移転している。

明治以降は、社交場所・遊び方が遊郭から芸者へと移って行き、吉原は需要の縮小とともに規模も縮小。1956年には売春防止法から吉原遊廓は廃止される。

しかし!その一帯はソープランドとしての営業を続けている。それが吉原!

吉原遊郭自体はもう存在しないが、
その名残として高級ソープ店が多い街ということだー!!!

基本金額

基本プレイ時間は120分と長め。

料金は「入浴料」と「サービス料」に分かれており、大体の場合は入浴料しか書かれていません。高級店は特に、
入浴料とはその名の通り、お風呂に入る料金。サービス料は別料金で、嬢へのサービス料。

金額は総額で、35,000円から88,000円程度です。
それより上の金額もありますが、一般的には公開されてないようです。(会員制なのかな?よくわからん)

 

今回は予算は潤沢にあるので、金額の高い店から探して行くことに、

入念なリサーチ

ちなみにパソコンを開いているのは平日のドト○ルである。

この時めっちゃ興奮してました。
平日の昼のド○ールで

 

予約は必須!お店に電話すべし

吉原は、時間の短い飛田新地と違い。金額が高くて、時間も長い
人気の嬢は予約しないと、当日行っても門前払いらしい。

というわけで電話してみた。

ヒデブ

俺ではなくヒデブが

店:
はい。〜〜店です

ヒデブ
あの〜ちょっとお伺いしたいのですが、、、〇〇さんは空いていますでしょうか?
店:
いや、予約は16時で終わりなので、もう終わりですね。

ヒデブ
あ、(高級店だから)予約はすぐ終わっちゃうってことですかね?
店:
いえ、〇〇さんは16時までです。
HPとかご覧いただければわかると思います。

ヒデブ
え?〇〇さんは21時までいるのでは?
店:
いや、今日は16時までなんですよ。
だから今日はおしまいですね。HPよく見てもらえればわかるので見てくださいね!

ヒデブ
わ、わかりました。
ごめんなさい!!

店:
はいではまた何かあれば

 

ガチャ!

 

 

結構ちゃんと怒られました。

 

タロウ
どうしよう、やっぱり無理かも、、、

ヒデブ
とりあえず街に行って見ましょう!

 

執筆代欲しさに吉原に行くことに

吉原への行き方

吉原駅の最寄りは三ノ輪駅です。

と行っても東京の地下鉄は出口が多く、どこの出口に出れば最寄出口かわからなかったのですが、てきとうに出たら吉原に一番近い3番出口に出ていました。

吉原への最寄出口

吉原が我々を呼んでいるとしか考えられない!

吉原に向かう前にこのクラチャイダムを飲みます。

いや、初めて飲むけど1日5粒って多いな!!

心なしか、ヤル気が出てきました。

そして三ノ輪駅から吉原に向かって歩き始めます。

3番出口を出たら、大通りではなく少し細い道へ入りまっすぐ歩きましょう。

吉原へ向かう道

すると、、、道中に、、、

うちの税理士さんの事務所がありました

そんなミラクルある!?

さすがタロログの顧問税理士、
うちの会社が潰れるまではここのお世話になることを固く誓いました。

 

はい、ではうちの顧問税理士事務所を通り過ぎ歩き続けると、、、

郵便局

郵便局があるので左に曲がりましょう。

見たこともないコンビニ

すると聞いたことのないコンビニがあります。このコンビニを通り過ぎて100メートルほどで

吉原へ到着!!

吉原の街並み 吉原の街並み

両サイドに風俗店が立ち並んでいます。

 

 

ちなみに歩いている最中ヒデブはずっと

「クライアントに嘘をつけば、予算が10万円もあるから俺もいける!」
「安いお店に行けば高級店2人で行けますよ!」

とかめっちゃ言ってました。

この嬉しそうな顔

 

案内所にて

案内所のようなものがありまして、そこで「安くするよ!写真だけでも見てってよ!」と声をかけられました。

むやみにうろつくよりはいいかな?と、「本当に写真だけでもいいですか?」「絶対ここで決めませんよ」と伝えると「いいですいいです!ぜひ見るだけ!」というので、入店

お兄さん(と言ってもおそらく40代)は鼻の潰れた長州力のような顔をして、体格もめちゃくちゃでかかったです。

 

しかし基本は客商売、「ご予算いくらぐらいでしょう?」と丁寧に聞いてくるので「金(取材費)はあります!10万円まで行けます!!」と強気で言うと良客と判断してくれたのか、上機嫌になる強面お兄さん。

「そんなに予算あるならどのお店でもいけますね!」と、プロフィール写真とお店名刺?がセットになったものを20〜30枚見せてくれました。「おすすめは〇〇で〜、この辺の女の子は〜〜〜」と説明を始めてくれました。

注意点としては、

  • タトゥが入っている子が多く、そういうのが嫌な人(お客)は事前に確認しておくこと
  • MANZOKUという雑誌を見たといえば安くなること
  • 高級店であればあるほど、モザイク・フォトショ修正はないこと

を教えてもらいました。

ただ、その後も「どこにしますか?」「ここがいいですよ!」とあまりにもしつこかったので、

いろんなお店を見たいと伝えたのですが、それでも食い下がってきてめんどくさくなり、今回の企画の件(サプリの効果を試すこと)を全てしゃべってしまいました。

「飛田新地ではチンコが勃たず、知り合いの精力剤を試す必要があってそれを吉原で試そう」ということ、「僕の分の予算はあるが、付き添っている人間の分の予算はない」ということ、

これらを伝えると、、、

お兄さんの顔がどんどん渋くなって行きました。

お兄さん:
薬っていうのはなんですか?やばいやつ?
クスリとかかな?
飲むタイプの?そうじゃなくてこれ?

 

と、

 

 

注射器のようなジェスチャーをしました。

会話だったのでわからないんですが、彼の言う薬は明らかにドラックの方な気が、、、たぶんだけど、ちょっとだけダメな方のドラックなのかな?

気のせいであることを祈るばかりです。

 

タロウ
い、いえ、あの〜漢方みたいな。ネットで販売しているものです。
お兄さん:
そういうのはね。効かない!
効くのはシアリス・レビトラ・バリフ、、、(あと何個か言ってけど忘れました)だけが効くの。そうじゃないやつはただ血行がよくなってたくさん飲んでもポッポーってなって死ぬだけ!

タロウ
あ、いや〜そういうことじゃなくて、、、
あの、実際に試せばいいだけで、それがどうなるかっていうのは、、、
お兄さん:
え!?じゃあ意味ないじゃん?
効かないからね!それ

 

明らかに表情が怒っています。。。

 

お兄さん:
じゃあ隣のお兄さんは行かないわけ?

タロウ
え〜、行かないといいますか、、、予算はないですね、、、
お兄さん:
そしたら、お兄さんは来ない方がいいわ。今すぐ帰り?
冷やかしだと思われると怖いよ?

タロウ
怖い、、、?と言いますと?
お兄さん:
平日のね、吉原はかなりピリピリしてるからさ笑
そういう冷やかしとかね。嫌いなんだわ!
変なこと言ってるとお兄さんみたいなのはやられちゃうかもしれないよ?笑

 

ヒデブうん、、、えー、、、
一旦出ましょうか。
タロウ
そ、そうだね、、、

お兄さん:
いや、ここで決めたほうがいいよ?
絶対安くするんで

 

タロウ
えー、まあね。
うん、一旦ね、取材もあるし
ヒデブ
そ、そうですよね!

 

そう言って少し強引に案内所を後にする僕ら。

お店を出て、歩いてから「怖かったねー」と話しかけると、ヒデブはなんのリアクションもしてくれません。よく見るとヒデブが青ざめた顔をしています。

「どうしたんだろう?」と思っていると、急に

 

ガッ!

 

ヒデブが僕の手を取り早足で歩き始めました。

 

タロウ
え??どうしたの?

ヒデブ
このまま振り返らず歩いてください。
さっきの(案内所の)人が追いかけてきてます。
 

血の気が引きました。

今思えばそこまでされるわけはないと思うんですが、その時は本気で「捕まったら殺される。。。」と思いました。

 

 

パッと振り返ると、、、

確かにいる。。。

 

 

 

タロウ
走って逃げた方がいいかな?

ヒデブ
不自然にならないように駆け足で大通りだけ歩きましょう。

 

 

 

そう言って逃げ回る僕ら、

その間もずっと色々なお店から

「お兄さんどう!?」
「安くするから見てってよ!」

と声をかけられますが、こっちはそれどころじゃありません。

 

『捕まって裏路地でボコボコにされるんだろうか、、、』なぜか悪い予感ばかり脳裏に浮かんでしまいます。

すれ違う人全てがヤクザに見えます。

 

両手を汗でびちょびちょにしながら歩き続ける僕、

風俗店が無いような場所にたどり着き、そっと後ろを振り返ると、、、
お兄さんはいませんでした。

 

しばらく心臓のバクバクが止まりませんでした。

 

っていうか、あれ捕まったらどうなってたんかな。誰か教えてくれ、、、

 

そしてお互い一言も喋らずに、遊郭街を迂回しながら

 

三ノ輪駅

三ノ輪駅に
ってきました

 

このままではクライアントに怒られてしまう、、、

 

僕らはココスに逃げ込み作戦会議を開くことに。
作戦会議の結果 、送迎してもらえばさすがに大丈夫だろうということで

  1. 僕はお店に電話して送迎をしてもらう!
  2. ヒデブは待機!

ヒデブはこの辺りから、「僕が代わりに行く!」とは言わなくなっていました。たぶんびびったんでしょう。
あいつは所詮、床オナ野郎です。

「じゃあ僕待ってますから」と彼は近くのココス待機となりました。

いざ吉原の店へ入店

(お店の名前を出すと殺されるんじゃないかと怖いので店名は伏せさせていただきます。)

結局、120分88,000円の最高級店へ
三ノ輪駅まで高級車が迎えにきてくれました。

と言っても三ノ輪駅からお店までは車で3分ほど。すぐにお店につき、入り口でお金を払い、待合室へ
待合室ではドリンクなどのサービスがあります。確認すると1000円ぐらいの高級栄養ドリンクでした。さすが高級店、この辺もこだわってるんだなぁと

 

すぐに、女の子が迎えにきてくれました。

可愛い、可愛いけど、、、

 

トシ盛ってんな

10歳は盛ってないだろうって感じですが、僕と同い年ぐらいでしょう。

 

部屋に行って、一緒に風呂に入っていろんな話を聞いてくれます。この辺は15分しかない飛田新地とは違いますね。

ヨーイドン!で始められない僕としては時間が長い方がありがたかったです。

 

何をすればいいか全くわからないため、
全て女の子に任せました。

飛田新地との違いは、時間があるからかわかりませんが全体的に丁寧でしたね、、、

 

 

終わって見て、、、

ここからはタロウさんに変わって、この私ヒデブがお送りします。

全て終わったタロウさんはここ(ココス)戻ってくることになっています。

 

帰ってきました!

よっこらせ、と

 

どこか一皮むけたようにも見えます。

 

ヒデブ
どうでした?120分8万8000円

タロウ
すごかった。

ヒデブ
すごかった!どう?(これは期待しかない!)
タロウ
いやなんか贅の極みっていうか、これが遊び方の頂点なのかなって思ったんだよね。
ヒデブ
なるほど、具体的には?
タロウ
体洗われるのはすごかったです。擦り付けてきます。
あとお風呂とか初めて会った女の子とゆったり入るのとかもなんか不思議でした。(なぜか敬語になるタロウ)
だけど、、、
ヒデブ
けど?
タロウ
なんか生理的に無理というか、楽しめなかった。
ヒデブ
もったいねぇえええ!!!
タロウ
でさ、、、これほんとどうしようか相談したいんだけど
ヒデブ
どうしたんすか?
タロウ
俺やっぱりお店ダメだわ。
ヒデブ
???
と言いますと?
タロウ
ダメでした
ヒデブ
ん?
タロウ
つまり、、、まあその、
勃たんかった。。。
ヒデブ
いやいや!!!
サプリの紹介してるのにダメじゃん!
全然ギンギンくんじゃないじゃん
タロウ
そうだね。ふにゃふにゃくんだね。
むしろ柔らかいモノの企画にしたいから、セブンイレブンのスイーツのさ、もちぷにゃとかの記事広告に切り替えて欲しいよね。
ヒデブ
タロログにそんな大企業からオファーが来るわけねーだろ
殺すぞ
タロウ
それは間接的に今回のクライアントもディスってるからやめてください。
ヒデブ
どうすんの?
嘘つくの?
タロウ
いや〜、、、うーん、正直さこっちは命の危険を感じてるからね。
こう、なんていうかなぁ、、、切り替えらんなかったよね。
ヒデブ
漫画とかである、命の危機を感じると生存本能からちんこたつみたいなやつ嘘だったんだね。
タロウ
ね!笑
ヒデブ
『ね!笑』じゃねえ!笑うな。
殺されてーのか
タロウ
気になってたんだけど、君なんで俺にそんな強気なん?
俺年上なんだけど、、、
ヒデブ
そんなことどうでもいい。全く勃たなかったの?
タロウ
うーん、、、
女の子が服脱ぐ前ぐらいにはちょっと硬くなったかなぁ?
ヒデブ
弱いな
タロウ
弱いね

タロウヒデブ
うーん、、、

 

 

 

正直にクライアントに相談してみたら

正確にはタリーズではなくドト○ルでした。

 

結論

人は命の危機を感じるとおちんちんが勃たない!!

 

 

この記事は「精力剤おすすめランキングサイト|ぎんぎん君」の提供にてお送りさせていただきました。
皆さんはぎんぎん君を見て、ぜひ夜のお悩み解決してください。

 

 

 

追記:
この記事を公開前に見せた時のクライアントの反応がこちらです

 

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    タロウ

    1990年3月9日神戸生まれ。 webが好きです、でもラーメンはもっと好きです。SEOには自信があります。最近太ってきたせいで着る服がありませんが、太ってきたのであったかいです。 Twitter・Facebookから友達申請よろ!