映画『亜人』ネタバレ0の最速レビュー

映画『亜人』を公開初日(9月30日)に見てきました。

その時思ったこととか感想を

亜人ストーリー

あじん【亜人】〈名詞〉
命を繰り返す新人類。その姿は人と全く同じ。

  1. 絶命→蘇生→完全復活と、命をリセットし続ける。
  2. 死んで初めて自分の真実を知る。
  3. 亜人にしか見えない「ある能力」を持つ。

病気の妹を救うために研修医となった永井圭(佐藤健)はある日、事故で死亡。しかし、直後生き返る。
亜人と発覚し、崩れ去る圭の人生。国家に追われ続け、非人道的な実験のモルモットとなってしまう。

そんな圭の前に突如、人類に牙をむく亜人最凶のテロリスト【佐藤】(綾野剛】が現れる。
自分の運命に葛藤する圭は、佐藤が描く亜人の未来に共感できないでいた。
やがて始まる、佐藤による衝撃の国獲りゲーム。
衝突する人類と亜人、そして亜人と亜人。

【絶対に死なない男】と【絶対に死なない男】の終わることなき、【エンドレス・リピート・バトル】が始まる。

公式HPよりhttp://ajin-movie.com/

 

映画が始まって

せっかくなら4dxでみるかと、ちなみに4DXで映画を見るのは初。

4DXは専用の劇場?スクリーン?があり、その部屋のシートはいつもの席より幅も足元の空間も広かった。

今回は『佐藤健演じる”永井”』と『綾野剛演じる”佐藤”』が主演なのですが、これ混乱しません?
劇中で「佐藤さん!」とか「佐藤!」とか呼ばれるたびに、綾野剛がリアクションすると言う謎仕様。

初めの方は混乱しました。
え?俺だけかな?まあいいや

 

今回は4dxで見ているので、音・光・風・水・揺れの演出がとてもすごい。

殴り合いに合わせて揺れる座席
銃撃戦に合わせて『シュ!』っと吹き付ける風
爆発が起これば足元、スクリーンから上がるスモーク
舞う血飛沫に合わせて、顔にかかる水(霧)

ありゃヤバいっすわ。
臨場感がパない。

映画とは別ののエンターテイメント的要素がありますね。

そして、この4DXをより体感できるのがバトルシーン
きっと4dxに合う映画ってアクションものの映画だと思うんですけど、確かに亜人のバトルシーンは4dxの演出も加わって今まで見てきた映画とは比べ物にならないほどの臨場感がありました。

そしてそのバトルシーンに入ると同時に

 

秒速で酔った

 

自慢じゃないが、僕は乗り物酔いが半端じゃなく

飛行機新幹線はもちろん
バス・タクシー
強いては地下鉄でも酔う。

ディズニーランドではスペースマウンテンではゲボが出るほど酔って、30分ぐらい寝たきりになるし、
運転免許の1日講習のシュミレーションでは講習が受けられないほど酔う。

修学旅行のバスは例外なく一番前の先生の隣
先生の隣で常に手元にエチケット袋を持たされていた。

バスの後ろの方はイケてる集団が席を向かい合わせにしてきゃっきゃと遊んでいたのを覚えている。(昔は対面にできるバスあったよね?今もある?)
そんな楽しそうな声を聞きながら「いいなぁ、、、俺も混ざりたいなぁ」と思いながら、みんながトランプを持っている中僕はエチケット袋を持って、日光のいろは坂を耐えていた。

 

それが今も覚えている小学校の修学旅行唯一の思い出です。
はい。

 

ちなみに、唯一酔わない乗り物が自分で運転する車ぐらいなのだが、軽自動車で少し荒れた道路を走った時は自分の運転でも酔った。

そんな三半規管ゲキ弱人間の僕がこの4dxの演出に耐えられるわけもなく、クライマックスの佐藤健と綾野剛演じる”佐藤”の戦いでは目を開けることもできなくなり目を閉じて昔飼っていたフェレットのことを考えていた。

またフェレット飼いたいな。。。とか

 

そして、じーっと耐えてると、席の揺れが収まってきた。
どうやら戦いが終わったらしい。

ゆっくり目を開けると

佐藤健が裸になっていた。

何を言っているのかわからないと思うけど、
耐えに耐えて、目を開けたら佐藤健が裸で笑っていたのだ。

僕にとって亜人のストーリーとか展開はいまいちわからないけど、佐藤健の裸がみれるということだけ伝えておきたい。

亜人レビューまとめ

「映画の進化は、三半規管弱々人間を選別するほどのところに来てしまったか。。。」とそんな感想です。

わかる人少ないと思うんですけど、脳神ネウロの新人類シックスって言うキャラが、「進化についてこれない旧人類が悪いじゃん!」みたいなこと言いながら人をぶっ殺しまくるんですね。4DXはそれとおんなじ雰囲気を感じました。

4DXは新しい機能で画期的な技術だと思うんですが、これがスタンダードになったら旧人類の三半規管弱々人間は映画と言う文化から切り離されて行くんかなと

とりあえず旧人類の僕は、これからは映画は通常版のものを楽しみたいと思います。

 

 

あと、映画のネタバレとか書くブログあるけど、
アレよくないと思うんだよね。

「この記事もネタバレじゃん」って言われたら返す言葉もないんだけど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

タロウ

1990年3月9日神戸生まれ。 webが好きです、でもラーメンはもっと好きです。SEOには自信があります。最近太ってきたせいで着る服がありませんが、太ってきたのであったかいです。 Twitter・Facebookから友達申請よろ!