ラオスでおっぱい “見せられながら” 夜ごはんを食べた話でもしようか

ラオスでおっぱい見ながらご飯食べてきた

見てたのではない。 ”見せられた”のだ! 

 

ご無沙汰です。

5月いっぱいでタロログを卒業して、バンコクに住んでいるケニーこと髙橋です。

久しぶりにも関わらず、冒頭から卑猥な感じで申し訳ない

未だに英語もタイ語も話せないけど、日々のクラブ活動で友達は増加傾向(タイ人ばかり、日本人はいない)

タイ人には言葉も話せないバカな日本人だと思われているのか、いっつもこんな感じで遊ばれてる

服を脱がされたり

服脱がされたり

服を脱がされたり

服脱がされたり

灰皿ならぬ、バケツテキーラ

子供が砂場で遊ぶような、小さいバケツでテキーラ飲まされたり

 

まー友達になってくれてありがとう。コップンカップ

あ、でも今回はバンコクじゃなくて、先日までラオスに行ってたのでそこでの話しをさせてもらおうかと。

初っ端から汚い画像ばかりだが、タロログだからいっか。。。

ラオスで過ごす初めての夜とおっぱい

バンコクから1時間半のフライトを終え、空港からタクシーで15分ほど行ったところにあるホテルでゆっくりと時間を過ごした

1時間半といえ、あのLCCの足元の狭い感じはものすごく疲れる

 

19時近くまで日があるのだが、さすがに20時にもなると日が暮れて、あたりは真っ暗になる

 

バンコクと違って首都のくせにラオスビエンチャンはまだまだ栄えてない。僕から言わせて見れば首都のくせに ”田舎” だ

 

街に出ても、オシャレな感じのレストランなんかない

 

まーラオスにはそこまで期待もしてなかったので、空腹を満たすため僕と友達はオープンエアのレストランに入った

ラオスのオープンエアのレストラン ラオスのビールはめっちゃ安い

ビールは、このサイズで約120円ほど、2人で飲んでおなかいっぱい食べても1200円ほど

おそるべしラオス、安すぎるるうう!!!

 

 

 

まー事件はそんなかんじで食事を楽しんでるときにおきる

 

 

友人
ちょっとトイレ行ってくるわ!

高橋くん
了解

友人
ちょっとはなれてるみたい!

高橋くん
おっけーい。ま、盗まれないように荷物見ながら飯くっとくわ

 

 

 

 

スタッスタッスタッスタッスタッ

 

 

 

 

友達が席から離れて間も無く、サンダルをひきづりながら歩いたような音が僕に近づいてくる。

 

 

タイ料理(ラオス料理もタイ料理も変わらない)の中でもおなじみのソムタムを食う僕。

 

 

 

 

スタッスタッスタッスタッスタッスタッッッッッッッ

 

 

 

止まった、、、、

 

 

僕の目の前で止まった、、、

 

 

その距離、1mもないだろうか。

 

 

 

 

2歳くらいの子供を抱えたお母さんが僕の真ん前で止まったのだ。

 

 

 

そしてなにやらゴニョゴニョと言っている

 

 

 

高橋くん
いや、ラオ語わかんねーから俺

 

ラオス人女性
ゴニョゴニョ

高橋くん
イングリッシュプリーズ、イングリッシュ

 

 

ラオス人女性
ゴニョゴニョ

 

 

 

 

 

僕が首を傾げたような表情をしてるとラオ人女性は驚きの行動をとった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぺろっ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

服をまくりあげて “おっぱい” を登場させてきたのである、、、

 

 

 

 

 

 

実際は子供を抱えていたから、もっと窮屈に服を脱いでいたな。

 

 

 

 

 

 

 

ンガッンガッンガッンガッペロッ

 

 

 

 

 

って感じだっただろうか。

 

 

 

 

効果音はどうでもいいとして、こうなると

おっぱい大好きタロウ
お前ただでおっぱい見れてラッキーじゃん!

 

なんてタロウ社長の声が聞こえて来そうなので、ラオ人女性のスペックから書いておこう

この女性の特徴

  • 年齢:40〜50
  • 肌の色:かなり黒い
  • 体型:かなり痩せてる
  • 顔:お世辞にも美人とは言えない
  • 服装:かなりボロボロのTシャツ
  • 他:子連れ

 

思わず電車内でくすっと笑えるようなネタを期待してるタロログファンには申し訳ない。

少しおちゃらけた感じで書いてきたが割と笑えない状況だ。

ルックス的なことでなく、これがラオスの貧困層と言われる方たちなのであろう。

 

 

 

 

 

ラオ人女性はその後もごにゃごにゃ僕に言い続け、寝ている子供の口を、自分の乳首に当てて、何かをアピールしている。

 

 

 

 

ミルクが出ないのであろうか?

 

 

 

 

その後も寝ている子供口を自分の乳首に当て何かをアポールするのが続く

 

 

 

なんのことかさっぱりわからない僕は、シカトしてソムタムを食べ続ける

ソムタム 別名:パパイヤサラダ

※タイ人ならみんな大好き『ソムタム 』 別名:パパイヤサラダ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パッッッッ

 

 

 

 

 

 

 

 

僕とソムタムの間に女性の手の平が現れた。

 

 

 

 

高橋くん
(あ、金か。この手のひらは金くれってことか。)

 

 

 

少し頭のおかしなラオ人くらいに思っていたがこの時初めてわかった。

 

 

 

この人、金が欲しいから僕に寄ってきて、こゆパフォーマンスをしてるのか、、、と

 

 

 

結局、僕の友達がトイレから帰ってくる10分弱であろうか?

 

 

 

ソムタムを食い続ける僕を見つめながら、

おっぱいを見せながら、

時より手のひらをソムタムと僕の間に出しながら、

ゴニョゴニョ言いながら、

僕から1mもないであろう距離にラオ人女性はたち続けていた。

 

 

 

 

見たくもないおっぱいを近距離で見ながら10分間耐えた。

そして結果的にお金を渡さなかった僕。

なんでかわからないが女性が立ち去ったあとも鳥肌が止まらなかった。

 

 

そしてこの後も小さな男の子が僕の横に現れ、またゴニョゴニョ言って、金をくれとばかりに手のひらをだしてきた。

この時も僕はお金を渡さなかったので、他の日本人女性のところへ子供はチップをもらいにいったが、、

日本人にお金をせびる子供

とにかく距離感を感じてほしい。

まさにこの距離でおっぱいを見せられつづけたのだ

タイ、そしてラオスで感じたチップという言葉のカラクリ

 

その次の日の朝、僕は近くのカフェに立ち寄ろうとホテルをでた。

 

カフェをめがけ歩き出したその時である。

 

 

 

またか、、、

 

 

 

今度は子供を抱えたラオ人男性が、僕に手を出してきて

 

「チップ、チップ、チップ」

 

と、言っている。

 

 

ホテルを出て5秒で通行人にお金を請求された。

LINEのやり取り

こんなことがラオスでは何度もあったな。

 

悲しいが、これが僕にとってのラオスだ。

 

 

 

 

そもそも、チップというのは、

お店でいいサービスを受けたことに対する、 ”感謝の意味” ではないだろうか?

 

いくら日本人の僕がラオス人からしてみればお金持ちと言えど、五体満足の通行人にすれ違い様にお金を請求されたからと言って渡していたらキリがないし、ここで「チップチップ」と言われて渡すお金が、そもそもチップと言えるのすら謎だ。

 

タイバンコクでも

  • 食事をしていたら、皿を下げてくれた→その後にチップくれと一点張り
  • 隣の人にライターを借りた→なんでライター返すととともにチップをくれないんだと怒られる
  • トイレを済まし手を洗ったら、手を拭く用にとティッシュを差し出してくれた→チップを渡すまで、トイレの出口にたって、出してくれなかった

 

ラオ人の女性のおっぱいも含め、これが僕が出会ったタイ、ラオスのチップ制度である。

日本では考えられないことの数々だが、これが海外であり、逆に考えれば日本人は「おもてなし」なんて言葉のごとくサービスを安売りしすぎなのでは?なんてことすら感じてしまう。

※もちろん、タイ、ラオス共々、こんな人ばかりではないので勘違いしないように

最後に、、、

タロログなのに最後ちょっと真面目になってしまい、おもしろいことかけなくてすいません。

ケニーこと髙橋のバンコクライフは最高に楽しいので、またお目に書かれれば!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ケニー

ピンポンキャッチという「箸を使って、1分間でピンポン玉をいくつキャッチできるか!?」という企画のギネス記録を持ってましたが、最近中国人に記録を抜かれた上、僕はピンポン球を投げ、親友がキャッチするというスタイルから、投げる側の凄さが認められず、ギネス記録保持者の欄から名前まで抹殺されました。