痛快スパイアクション「キングスマン」を無料で観る方法と感想

「キングスマン」

© 2015 Twentieth Century Fox Film Corporation

若手ハリウッド女優のクロエ・モレッツを一躍世界的スターに押し上げた「キック・アス」。そのメガホンをとったマシュー・ヴォーンが2014年に監督を務め、世界累計興行収入4億ドルを突破する大ヒットとなったのが「キングスマン(原題「Kingsman: The Secret Service」)」です。

イギリスが舞台ということでスパイ映画でありながら紳士的な振る舞いを見せるキャラクターたち、それとは裏腹にお下品なネタもふんだんに盛り込んだ作風が受け世界的に大ヒットしました。

そんな「キングスマン」ですが、2018年冬、続編となって帰ってきます。その名も「キングスマン: ゴールデン・サークル」です!最新作公開の前に、前作をおさらいしておきましょう!!

今回は、「キングスマン」がお得に観れちゃう方法をご紹介します!

「キングスマン」を無料で観る方法

映画「キングスマン」は、動画配信サイトU-NEXTで配信されています。

残念ながら「キングスマン」は見放題サービスの対象ではありませんが(いわゆるPPVというものです)、実質無料で観る方法があるんです!

U-NEXTのPPV(有料コンテンツ)は、ポイントで購入する仕組みを取り入れています。「キングスマン」もポイント購入の対象作品となっており、324円相当のポイントで視聴することが可能です。

そして!U-NEXTの無料トライアルに申し込むと、600円相当のポイントが特典としてもらうことができます!この特典ポイントを使用することで、「キングスマン」も無料で観ることができるんです!

U-NEXTの公式サイトはこちら!

「キングスマン」の作品データ

あらすじ

17年前に父を亡くし、無職のままロンドンで母と暮らすエグジー。彼の前に現れたハリーは、普段は高級テイラー「キングスマン」の仕立て職人、だが裏の顔は秘密裏に活動する国際課報機関のスパイだった。

同僚だったエグジーの父にかつて命を救われたハリーは、リエグジーをキングスマンの新人候補としてスカウトする。並みいるライバルたちの中、新スパイの座を賭けて熾烈な競争をくり広げるエグジー。ー方、ハリーは世界規模のテロ計画を進めるIT富豪、ヴァレンタインの行方を追っていた。

果たしてエクージーはエハリーの助けを得ながら新たなスパイとなることができるのか? そして、エハリーはヴァレンタインの怖ろしい計画を阻止することができるのか?

出典:映画公式サイト

スタッフ

原作 マーク・ミラー
「Kingsman Vol.1 – The Secret Service」
監督 マシュー・ヴォーン
脚本 ジェーン・ゴールドマン
マシュー・ヴォーン
製作 マシュー・ボーン
デビッド・リード
アダム・ボーリング
製作総指揮 マーク・ミラー
デイヴ・ギボンズ
スティーヴン・マークス
クローディア・ヴォーン
ピエール・ラグランジェ
音楽 ヘンリー・ジャックマン
マシュー・マージェソン
配給 20世紀フォックス

キャスト

コリン・ファース ハリー・ハート/ガラハッド
タロン・エガートン ゲイリー・“エグジー”・アンウィン
サミュエル・L・ジャクソン リッチモンド・ヴァレンタイン
マーク・ストロング マーリン
ソフィア・ブテラ ガゼル

キャラに小道具、セリフもアクションも◎!

「キックアス」でスマッシュヒットを飛ばし、僕らを完全に魅了したマシュー・ボーン監督によるスパイコメディ青春映画。「キングスマン」は底抜けに面白いおすすめ映画です!

何がすごいってアクションはパルクールを多用した現代的なアクション。開始序盤からこのアクションだけで「よっしゃこの映画は当たりだ!」と確信できるほど手に汗握るクオリティ。

それに加えてコメディ要素も充実しており、特に悪役リッチモンド。ヴァレンタインを演じたサミュエル・L・ジャクソンは最高でした。はっきりいってこの敵役だけでも十分に一本の映画になります笑

ストーリーはさえない高校生ゲイリー・“エグジー”・アンウィン(演:タロン・エガートン)がハリー・ハート(演:コリン・ファース)という腕利きスパイに見初められてスパイ学校に入り卒業して世界を救うと単純ですが、随所にセンスのあるセリフがありどのシーンも面白いです。

「キングスマン」ワンシーン

© 2015 Twentieth Century Fox Film Corporation

スパイ映画としておなじみの小道具も秀逸で、特にハリーの使う超万能ステッキは必見。イギリス紳士の優雅さを醸し出しつつ最先端、この映画の象徴といっても過言ではありません。

映像・セリフ・演技と三拍子そろった上に小道具・衣装に至るまで良し、まれにみる快作でした!

主役の影が・・・

これだけ褒めといてなんですが、「キングスマン」は実は賛否両論で否定的な意見もあります。

まずは、主演のタロン・エガートンが周りに食われまくっており主演としての魅力がなかなか見えない点。コリン・ファースが事実上の相手役なんで新人には厳しい環境ですが、もう少し爪痕を残して欲しかった。アクションが十分にできるのでミスキャストとは言えませんが、物語の序盤なんかは「お前はいいから、ハリーを出せ」と思ってしまうくらいにバランスが悪いです。

そして『キック・アス』でもちょっと言われた過激すぎる暴力描写。これはもう治らないでしょうね・・・。映画としての実力は群を抜いているのですが、殺人シーンなどでコメディの枠では収まらないような描写が随所に見られます。私はそれほど気にしないタチですが、アクションスパイ映画なのに対象年齢がつくというのは残念でした。

グロ描写さえ耐えれれば最高の映画

早い話が全ての人に見てほしいほど秀逸な作品なのに悪乗りが過ぎて対象年齢が限られる映画です。過激な暴力や性描写が苦手な人は絶対に見ない方がいいでしょう。

ただそこさえ大丈夫ならセンスの塊のような映画なのでワクワクドキドキ、クスクスゲラゲラ「これはおもろいわ~」って言える最高の映画となるでしょう。友人と集まってみんなでわいわい見る映画としては最適だと思います。

「キングスマン」ワンシーン

© 2015 Twentieth Century Fox Film Corporation

次回作はなんとか悪乗りをおさえて老若男女が楽しめる映画にしてもらいたいもんですが、まず無理だと思います。期待したいですが・・・。

U-NEXTの無料トライアルなら、「キングスマン」も無料で観ることができます!
U-NEXTの公式サイトはこちら!

ABOUTこの記事をかいた人

マツ

高2から陰キャでコミュ障になり、最終学歴高卒フリーターの人生がけっぷち屑野郎へ。 こっから人生大逆転ホームラン狙ってます。担当はゲームとお菓子調達です。よろしこ 最近、4コマ漫画のブログをはじめました。 クリック