映画「ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク」を無料で観る方法

「ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク」

© 1996 Universal City Studios, Inc. & Amblin Entertainment, Inc. All Rights Reserved.

1993年の「ジュラシック・パーク」から4年、1997年に続編として公開されたのが「ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク」です。

前作からは数学者イアン・マルコム博士、ジュラシック・パークを建設させた実業家ジョン・ハモンド、ハモンドの孫の姉弟などが再登場し、新キャラクターも多数、さらに恐竜の数も前作から大幅にパワーアップしています。

批評家からの評判はあまり得られず、ゴールデンラズベリー賞似て3部門にノミネートされてしまいましたが、興行収入は全世界で6億ドル越え、日本でも95億と100億円に迫る大ヒットとなりました。

今作の公開後の2001年「ジュラシック・パークIII」、2015年の「ジュラシック・ワールド」とシリーズ化も制作され、さらに2018年には最新作「ジュラシック・ワールド/フォールン・キングダム」の公開も予定されています。新作公開の前に、全シリーズの視聴を済ませておきたいですよね!

今回は、「ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク」が無料で観れちゃうお得な方法をご紹介します!

「ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク」を無料で観る方法

映画「ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク」は、動画配信サイトHulu(フールー)で配信されています。

Huluは、最初の2週間は無料でお試しができて、お試し期間だけで退会してもOK!つまり、「ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク」も無料で見れちゃうということです!

お試し期間が終了しても、月額933円(税別)で全て見放題なので結構お得です!
Huluの公式サイトはこちら!

「ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク」の作品データ

あらすじ

コスタリカの沖合いに浮かぶ離れ小島、ロス・シンコ・ムエルタス。そこは“サイトB”と呼ばれる、<ジュラシック・パーク計画>において恐竜をクローン生産させるための拠点だった。ところがハモンドの会社は倒産寸前で、この危機を救おうと甥のルドローは恐竜を生け捕り、見せ物にする計画を発表する。マルカムはハモンドに探検隊のリーダーを依頼されたが、一度は断った。だが恋人の恐竜学者サラがすでに出発したことを知り、慌てて彼も“サイトB”へ向かうのだが……。

出典:allcinema

スタッフ

原作 マイケル・クライトン
「ロスト・ワールド」
監督 スティーヴン・スピルバーグ
脚本 デヴィッド・コープ
製作 コリン・ウィルソン
ジェラルド・R・モーレン
音楽 ジョン・ウィリアムズ
配給 ユニバーサル

キャスト

ジェフ・ゴールドブラム イアン・マルコム博士
ジュリアン・ムーア サラ・ハーディング博士
リチャード・アッテンボロー ジョン・ハモンド

夢の恐竜パニックムービー!

スピルバーグ監督の作品の中でもっとも評判の悪い作品なんじゃないかと思うくらい、批評家受けが悪くて悲しくなりますが、普通に私は好きです。

前作よりもティラノサウルスをしっかりと沢山出したり、ティラノをアメリカ本土に上陸させたり、はたまた人間も恐竜に対抗出来たりと深く考えずにエンターテイメントを前面に押し出した作りでして、前作の続編というよりはお祭り的な映画になっています。

「ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク」ワンシーン

© 1996 Universal City Studios, Inc. & Amblin Entertainment, Inc. All Rights Reserved.

簡単に言えば、前作で作り上げた世界を使って、他にもこんなことがあったら面白いだろうね、という事を全部突っ込んだような自由な作り方。ある意味プロ野球選手がシーズンオフにファン感謝祭をやっているようなもんです。

ですから前作を観て、こんなのが観たいなと思った子供たちや恐竜好きの夢をかなえたような作品だったのではないだろうかと思っています。

そもそもCGを駆使した映像づくりは他の恐竜映画とは比べるまでもないくらいに高いので、闇夜の町でバスを追いかけたり、自由に闊歩するティラノサウルスはこの映画でしか見られないようなものです。

前作のような深みは無い

私は恐竜がリアルに動けばはっきりいってそれで満足度が上がってしまう人間なのでこの映画が好きですが、批評家たちの言い分は、まず人の命を軽視しすぎなこと。まあ恐竜が暴れまわるからね。

家族愛のテーマが単純に描かれており深みがないこと。深みはなかったかもしれない。

前作の壮大さが失われてしまっていること。まず間違いなく壮大な映画ではありませんね。

というわけで確かに批判点を挙げ連ねれば反論ができないのですが、それって恐竜が暴れる映画に必要なことなの?と疑問に思ってしまうのも事実です。だってファン感謝祭でへらへらしている選手に対して真剣みが足りないって怒りますかね。

挙句に金儲け主義の手抜き映画だと罵倒されてしまいます。批評家と違って商売してるんだから金儲けしてもいいんじゃないかと思うのは私だけでしょうか。

映画作りは崇高に清貧に暮らすものにしかできないのでしょうか。そんな人が恐竜が単純に暴れまわるだけの映画を作ってはくれないでしょうし、そんな人が急に恐竜が暴れまわるだけの映画を作ったのならば窮屈すぎて精神がやばくなってるんじゃないかと思います。

そんな訳で偉大な前作と比べて大分ニュアンスが違う作品であるというところが悪い所でしょう。

前作を観て頭からっぽにして見るべし

前作『ジュラシック・パーク』を観てその壮大さに惹かれ続編に期待するのは無理からぬことですが、この作品は全然そんなんじゃありません。

恐竜が出てきてもっと暴れたらいいのに・・・と前作を観て思ったのなら安心してください。この映画こそそれです。

「ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク」ワンシーン

© 1996 Universal City Studios, Inc. & Amblin Entertainment, Inc. All Rights Reserved.

というわけでまずは前作を観てみることをお勧めします。前作が面白くなかったのならばまず観る必要はありません。

前作が面白ければとにかく観た方が良いと思います。評判が良くないといってもあくまでも前作と比べるからの話であって、普通に面白い映画です!

Huluのお試し期間中なら無料で見れますよ!
Huluの公式サイトはこちら!