制約率を劇的に上げるページ構成の概念。ワンメッセージ、ワンマーケット、ワンアウトカム

こんにちは、太郎です。

最近企業のコンサルに入っているので、
本格的にアフィリエイトから本当に遠ざかっています。苦笑

というわけで、今日は僕が企業でコンサルしている内容

【ページ構成を考え直す。ワンメッセージ、ワンマーケット、ワンアウトカム】

についてお話していきたいと思います。

そのページのメッセージを考え、伝える

基本的にはお客様へのメッセージは全てのシーンで
【ワンメッセージ、ワンマーケット、ワンアウトカム】を意識する必要があります。

ワンメッセージ、ワンマーケット、ワンアウトカムとは、簡単に言うと
1ページに対して、一個のメッセージ、一つのアクションだけを用意しなさい』ということ。

たとえば、ウェブページの種類にランディングページというものがあります。

ランディングページ(以下LP)とは、
広告などを打つときに必要になってくるページのことです。

ランディングページの構成

広告を打つ場合、広告からくるユーザーというのは、
『自社のことは知らないが、広告に対しての興味はある。』という
興味の内容は絞られているユーザーになります。

ここで大事なのは、自社のことを知ってもらうことではなく、
LPで紹介しているサービスへのアクション(申込み・お問合せ)をもらうこと。

そのため、LPにはメニューバーも会社説明もサイドバーもフッターも必要ありません。

なぜ『必要ない』のかと言えば、
興味の対象以外のページに移動されると反応率が落ちてしまうからです。

※PPCでサイトのTOPページにアクセスを誘導することもあるが、その場合は商品自体がキーワードとマッチしているので問題ありません。

つまりLPには、、、

ページの出口にはお問い合わせしか用意しない。
⇒訪問時の行動は、離脱か問合せページのどちらかになる。

これがLPの正しい構成です。

一般的なサイトの構成

逆に、サイト自体の役割は、

  1. お客様のニーズを読み、
  2. 詳細ページへ誘導し、
  3. 商品の魅力を伝えること

PPCの際との違いは、もともと大きなニーズからユーザーを誘導してきているので、
他の商品・ページへ移動しても問題ありません。

例えば、ビックカメラに冷蔵庫を買いたいお客来た時、『絶対に特定の商品を売らなければならない』ということはありません。

入店したお客は、購入することは決めていて、どれにするかを比較検討しにきているからです。

サイトにも同じことが言えます。
『サイトにきたお客様に自社商品の理解を深めてもらう』がサイトの目的でなので、TOPページ自体が商品説明・お問い合わせというサイトはありえません。

これは、ビックカメラに一歩でも入店したお客様に、今日の来店の理由を聞かずに、いきなりテレビをうりつけるようなものです。笑

つまり、サイトに誘導した段階で、ユーザーの欲求のレベルが違うのであれば、誘導するページも分ける必要性があるということです。

まとめ

サイトを作る場合には、商品設計・ターゲットをきちんと確認する必要があります。

こういったことがわからないうちにサイト設計をしてしまうと、非常に離脱の多いサイトになってしまいます。

無料でウェブマーケティングを勉強しませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

タロウ

1990年3月9日神戸生まれ。 webが好きです、でもラーメンはもっと好きです。SEOには自信があります。最近太ってきたせいで着る服がありませんが、太ってきたのであったかいです。 Twitter・Facebookから友達申請よろ!