着圧・弾性ストッキングを妊娠中に使ってOK?産後に有効ってホント?

むくみ(浮腫)がツラい妊娠中に着圧・弾性ストッキングはOK?

妊娠中の女性の多くを悩ませる「むくみ」。

重度になると耐えられない不快感や痛みを伴うこともあり、むくみが深刻になるケースもあります。

妊娠後期になるとお腹も大きくなるので、むくみ解消のマッサージも思うようにできません。

そこで、履くだけの着圧・弾性ストッキングが気になり始める妊婦さんが増えます。

ただ「加圧する=締め付ける」ことが目的のストッキングを、デリケートな時期である妊娠中に使っていいのかという点が気になるところ。

そこで、妊娠中でも着圧ストッキングは使用可能なのか?使用する場合、どんなことに注意すべきかまとめました。

妊婦さんでも着圧ソックスはOK!

結論を先に言うと、妊娠中でもむくみを解消してくれる着圧・弾性ストッキングの使用はOK!

妊娠中でも、寝てばかりいられないのが女性です。
仕事でも家事でも、座りっぱなしや立ちっぱなしで過ごす人は多いでしょう。

足がむくんでツラいなら、上手に着圧ストッキングを活用しましょう。

着圧ストッキングは、靴下タイプやレギンスタイプなどマタニティウェアと合わせやすいデザインです。
オシャレを楽しむように着圧ストッキングを選んでみましょう!

締め付けすぎは逆効果

妊婦さんが着圧ストッキングを使用するとき、気を付けてほしいのが圧力です。

むくみを早く解消したいと思うと、強めの圧力のものを選びがちですが、あまり圧迫しすぎるとかえって血流を悪くします。

最初は圧力が弱いものから使い始めて、効果や使用感を確かめながらピッタリのものを探してください。

また、履いていて苦しくなるような圧力は控えましょう。

例えばタイツタイプのものは、妊娠後期になるとお腹が苦しく感じるでしょう。
不快感があるときは、必ず使用を中断し他のストッキングを試してください。

足の付け根、ひざ裏、足首など締め付けすぎて痛みを感じるときも使用は中断します。

人によっては、お腹まですっぽり履くタイプの方がお腹が安定するように感じる人もいるので、月齢で変えてみるのもいいですね。

心配なら医師に相談

妊婦さんでも使用可能な着圧ストッキングですが、心配な人やむくみが重度な人は産婦人科の先生に相談してみましょう。

あなたの体や赤ちゃんの状態も理解した上で、的確なアドバイスをしてくれます。

また、医療用の弾性ストッキングを処方してくれることもあるので安心して使用できます。

産後に着圧・弾性ストッキングが効果的な理由

妊娠中も大活躍してくれる着圧・弾性ストッキングですが、産後はもっと活躍してくれます。

なぜ産後は着圧ストッキングが効果的なのか、その理由を探ってみましょう。

産後は体内の水分量が不安定になりむくみやすい

産後は赤ちゃんに授乳するので、体内の水分量が不安定になります。

また育児に慣れるまでは、水分補給することすら忘れるほど忙しいなんて日常茶飯事です。

このような状態が続き体内に水分が不足すると、体は勝手に危険を察して水分を溜め込むようになります。
これが、産後むくみやすい原因のひとつです。

産後は、忙しさからあマッサージやストレッチもなかなかできないので、着圧・弾性ストッキングで楽にむくみケアをする先輩ママたちはたくさんいます。

運動不足が続き代謝が悪くなる

子供におっぱいをあげたり抱っこしたりと、産後は同じ姿勢を長時間続けることが増えます。
体を思うように動かせず、運動不足になるとむくみが出たり、むくみが解消されず悪化することも。

だからと言って、子供を放って運動をするなんて不可能ですよね。
ママがストレッチを始めると寝ていた赤ちゃんが泣き出す・・・なんて話も良くあります。

こんな忙しい産後こそ、着圧ストッキングの出番なのです。

疲労や寝不足などのストレスでもむくむ

むくみはストレスでも悪化します。
産後の疲労や寝不足はストレスとなって、体の代謝を鈍らせむくみにつながります。

女性は、自分の見た目が悪くなることに対してもストレスに感じます。

むくんで太くなった足を見て、テンションが下がってしまう人も多いでしょう。

着圧ストッキングで足をスッキリさせれば、ストレスもむくみも徐々に軽減しますよ。

産後に着圧ストッキングを使うときの注意点

産後にとても有効な着圧・弾性ストッキングですが、注意点がいくつかあります。
体に不調が起きないよう、しっかりチェックして使用しましょう。

長時間の着用はNG

産後、一刻も早くむくみを解消してスッキリしたい気持ちは分かります。
しかし、一日中着圧ストッキングを履いてはいけません。

着圧ストッキングは、血流の流れをサポートしてくれます。
これを一日中、しかも長期間に渡って使用すると、本来体が持っている機能が弱ってしまいます。

必ず半日以上は休息時間を設けて、メリハリをつけて使用しましょう。

むくみを早く解消したい場合は、赤ちゃんを抱いたまま安全な体勢でできるストレッチや軽い筋トレに挑戦しましょう。

体に違和感があれば中止する

産後は、体がデリケートになっています。
妊娠前は大丈夫だったことも、出産から産後と体が変化している時期は不調が出ることもあります。

例えば、着圧ストッキングを履いて痒みやしびれが出た場合は、すぐ着用を中断しましょう。

特に産前産後は肌が敏感になる女性も多いので、ストッキングで痒みが出る人がいます。

痒みの原因はたいていが乾燥なので、クリームやオイルを塗ってから着用してください。
これをやっても痒みが出る場合は、他のストッキングを使用してみるか使用を中断してください。

妊娠中~産後と大活躍してくれる着圧・弾性ストッキング!

妊娠中から産後まで、着圧・弾性ストッキングはむくみ解消に高い効果を発揮してくれます。

とはいえ、デリケートな体になっているこの時期は、無理な使用は控えてください。

どうしても使用したいなら、産婦人科の先生に相談しましょう。
医療用の弾性ストッキングを処方してくれることがあります。

むくみケアがし辛くなる妊娠中と産後は、着圧・弾性ストッキングを上手く活用して、ママのケアも育児も両方楽しんでくださいね。