着圧・弾性ストッキングで足の冷え性は改善する?しない?

ツラい冷え性!着圧・弾性ストッキングで改善できる?

足先が冷たくて眠れない、毎年冬はしもやけに悩まされる、部屋をどれだけ温めても寒い。
そんな症状に悩んでいませんか?

これらの症状=冷え性に悩んでいる女性はたくさんいます。

冷え性に悩む女性の中には、着圧・弾性ストッキングで冷え性対策をしている人が多いのですが、本当に効果があるのか知りたいですよね?

着圧ストッキングと冷え性の関係をフカボリしましょう。

冷え性の原因

冷え性を改善するには、まず原因を知らなくてはいけません。
主な原因は以下の4つです。

不規則な生活やストレス

不規則な生活を続けている人や、慢性的にストレスにさらされている人は、自律神経が乱れている可能性があります。

自律神経とは、私たちが生きていくために24時間休むことなく働き続けている神経です。
「交感神経」と「副交感神経」をバランスよく使いながら循環器や呼吸器などの活動をサポートしてくれます。

この自律神経が乱れると、体温の調整が上手くできなくなり冷え性の原因になります。

血行不良

私たちの体には、冷えると血流の量を増やして体を温める機能があります。

血流が上手く体の末端まで行き渡ればいいのですが、日常生活の中で血行不良になるような行動をしていると、それが難しくなります。

例えば、締め付けがキツい服や靴、食生活の乱れ、運動不足、ストレスなどは血行不良を起こす原因になります。

血液が上手く流れないと、冷え性に悩まされることになります。

筋肉が少ない

女性に冷え性が多いのは、男性に比べて筋肉が少ないからです。

筋肉は血流を良くする働きをするので、筋肉量が少ないとスムーズに血液が流れなくなります。

特に下半身の筋肉で「第二の心臓」と言われるふくらはぎの筋肉がない人は、心臓へ血液を送る力が弱くなるので、結果むくみや冷えが起きます。

また、筋肉は熱を発する性質があるので、これが少ないと体全体が冷えてしまいます。

女性ホルモンの影響

女性ホルモンが乱れると、体温調節機能が低下するので冷え性につながることがあります。

生理不順や生理痛がひどいならホルモンの乱れで冷えが進行し、血行不良になっている可能性があります。

また、更年期などで女性ホルモンが乱れるのも、血行不良につながります。

冷え性に着圧・弾性ストッキングが有効な理由

原因を見ても分かるように、冷え性の大きな原因は血行の悪さです。

特に足先に冷えを感じる人は、足先までじゅうぶんな血液が行き届いていない可能性が高いでしょう。

血液の循環を良くするには、筋トレやストレッチで筋肉を増やすか、自律神経を整えるために生活習慣を改善する必要があります。

しかし、これらは忙しい女性にはハードルが高いですよね。

そこで活躍してくれるのが、着圧・弾性ストッキングなのです。

着圧・弾性ストッキングの口コミ徹底調査!むくみは改善した?

冷え性に効果があるかどうか、実際に使った人の声を聞くのが一番です。

着圧ソックスを使用している女性たちの口コミを見てみましょう。

冷え性対策に着圧・弾性ストッキングを履いている女性はたくさんいます。

冷え性の女性には手放せないアイテムになっているようです。

着圧・弾性ストッキングは冷え性対策に効果大!

口コミを見ても分かるように、冷えで悩んでいる女性にとって、着圧・弾性ストッキングは欠かせないアイテムになっています。

冷え性を放っておくと、血行不良が進行し新陳代謝まで悪くなり、脂肪が落ちにくい体になります。

また、冷えた体にはセルライトが付きやすくなるので見た目にも悪影響です。

ただ履くだけの着圧ストッキングで、冷えの悩みが解消するのなら使ってみない手はありません。
冷たい足先に困っているなら、一度試してみる価値はありますよ!