【ビットコインの始め方】ビットコインはどうやって入手するの?

さあ、ビットコイン始めましょう!

と言われても、どこで手に入れればいいのか、わからなければどうしようもないですよね。今回は、ビットコインの入手方法を解説します。

ビットコインを入手する方法は、買うか貰うかの2択です。ただ買う方法も、もらう方法もいろいろな方法があります。

買う

一番わかりやすいのが買う方法です。大体の人は、ビットコインを日本円などで購入しています。

ビットコインを買う方法は、主に次の2パターンです。

  • 販売所で買う
  • 取引所で買う

これらは別に違う会社が運営しているというわけではなく、同じ業者のサービス内に販売所と取引所があります。ブログのカテゴリーみたいなものです。中には片方しかない業者もあります。

ビットコインの業者は販売所と取引所の両方を持っている

販売所

販売所は、業者が仮想通貨を売りに出し、それを個人が購入するところです。個人が所有している仮想通貨を業者に売ることで、日本円などの通貨に換えることもできます。

仮想通貨の購入価格と売却価格は業者が決定している、というのが大きな特徴です。

取引所

販売所とは違って取引相手はユーザーです。交換所と呼ばれるときもあります。

株式売買のように、買いたい人が希望購入金額を、売りたい人が希望売却価格を提示して、お互いの希望が合致したときに売買が成立します。

特徴は、自分で購入価格や売却価格を決めることができる、という点です。

ここまでの要点をまとめると、

  • ビットコインは販売所と取引所で購入できる
  • 2つの違いは、取引相手と購入・売却価格を自分で決められるかどうか

ということになります。

もらう

ビットコインは、誰かからもらうこともできます。

もらえるってお得ですよね。もらったビットコインの価値が上がれば、そっくりそのまま利益になりますからね。

ビットコインをもらう方法は、

  • マイニング
  • ポイントサイト
  • すでにやっている人からもらう
  • VALU

などの方法があります。

マイニング

仮想通貨について調べていると、よく見るのがこの「マイニング」という言葉です。このマイニングは、仮想通貨において非常に重要な作業になります。

語源は「採掘する」という意味の「mine(マイン)」で、これを現在分詞にした「mining」です。

こう聞くと、ビットコインがネットのどこかに眠っていてそれを掘り起こす作業がマイニングと考えてしまいがちですが、本来はもうちょっと複雑な作業になります。

ビットコインのような仮想通貨は、日本円やUSドルのような国が管理している通貨とは違って、誰かが、もしくは特定の機関がまとめて管理をしているわけではありません。

仮想通貨の取引、流通量、個人が所有している残高など、すべての情報をブロックチェーンという仕組みで管理しています。そのブロックチェーンを管理・運用をしているのが、世界中に多数存在しているコンピュータです。

じゃあそのコンピュータって誰が提供しているの?ってなりますよね。

実は、世界中から有志を募って所持しているコンピュータを使わせてもらっているます。有志がコンピュータを使っていない時間、使っているときでもパフォーマンスに余力があればその分も使って、ブロックチェーンの管理を任せているんです。

自分のパソコンを使わせるわけですから、電気代もかかるしCPUなどに負担もかかります。その見返りとしてビットコインをもらうまでの一連の作業が、「マイニング」です。

ポイントサイト

ポイントサイトは、通販で商品を購入したり、クレジットカードや見積もりなどのサービスに申し込んだりする見返りにポイントがもらえるサービスです。自己アフィリエイトに少し似ていますね。
>>ポイントサイト比較

ポイントを貯めていくと、現金や電子マネーなどに交換することができるのですが、中にはビットコインに交換できるサイトもあるんです。

モッピー、ポイントタウン、PeX、PointExchangeなどは、貯めたポイントをそのままビットコインに換えることができます。モッピーはビットフライヤーコインチェック、それ以外はビットフライヤーのみに対応しています。

ポイントスタジアムなど直接ビットコインに換えることができないサイトでも、ポイントサイト同士でポイントのやり取りもできるので、上記のサイトを経由することでビットコインに交換することも可能です。

ただポイントサイト自体、ポイントがなかなか貯まらないんですよね。

ミニゲームをこなしたりアンケートに回答することで数円分のポイントがもらえるのですが、それを毎日やったところで1年で貯められるのはせいぜい千円分くらいが関の山だと思います。

中にはたくさんポイントを獲得できる案件もありますが、クレジットカードの発行だったり、保険の見積もりだったりとハードルはかなり高めです。

がんばれば、無料でも千円分くらいのビットコインはもらえます。興味はあるけど手持ちが無い、私財を投入したく無いという方が、初めてビットコインに触れるのにちょうど良いかな、といった感じです。

すでにやっている人からもらう

仮想通貨には、送り先と額を指定して誰かに送金する仕組みもあります。

先日、ブロガーのイケダハヤトさんが、仮想通貨のひとつであるネム(XEM)を100円分、先着1,000人にプレゼントしてました。

イケハヤさん以外にも結構やってるみたいです。Twitterで検索すると結構でてきます。
詐欺の危険性もあるので注意しましょう

もちろん、家族や友人からもらうこともできます。

VALU

一時期ブロガーなどインフルエンサーの中で話題になったVALU。人間ひとりひとりを株式会社のように見立てて、株式売買に似たようなことをするサービスです。YouTuberのヒカル氏とその取り巻きが炎上したこともありました。

現実の株式売買では日本円などの通貨で取引をしますが、VALUの取引で使われるのがビットコインなんです。

VALUのサイトで自分のVALU(株のようなもの)を公開し、それを誰かが購入する際にビットコインで支払われます。ちなみに、VALUの時価総額ランキングを見てみると・・・

VALUの時価総額ランキング

2017年12月28日午後2時ごろのVALUの時価総額ランキング

億り人“や”自由億“どころじゃ無いですね。

VALUは、芸能人やインフルエンサーだったりと、ある程度ネット上の影響力が無いとなかなか資金を集めるのが難しいのです。

まとめ

ビットコインだけでなく、他の仮想通貨でもだいたい一緒です。ポイントサイトだけは、ビットコイン以外の仮想通貨に交換できない場合がほとんどですが。

ただもらう方法に関しては、もらえる量が極端に少ないか、ある程度知識がある人じゃないとその資格すらもらえないといった方法しかありません。

結局はだいたいの人が、コインチェックなどの業者を利用して、販売所や取引所で売買をすることがほとんどになります。

これがまた、なかなか大変なんです。

手続き自体はそこまで難しくないのですが、手続きをしてから実際に取引できるようになるまでに、本人確認やら審査やらに時間がかかります。ここ最近、仮想通過を始めようとする方が増えてきているということもあって、このタイムラグがさらにひどいことに・・・。

1週間ならまだ早い方、Zaifなんかは3週間たってようやくハガキが着たなんて方がほとんです。日々、価値が変動する仮想通貨なんで、早いところ取引に参加したいって方は多いと思うんですがね。

ABOUTこの記事をかいた人

マツ

高2から陰キャでコミュ障になり、最終学歴高卒フリーターの人生がけっぷち屑野郎へ。 こっから人生大逆転ホームラン狙ってます。担当はゲームとお菓子調達です。よろしこ 最近、4コマ漫画のブログをはじめました。 クリック