【ビットコインの始め方】ビットコインが安全に送金できる仕組み

ビットコインの取引を始めると、取引所でビットコインを購入したり日本円に換えたり、取引所で売買してみたりと、いろいろな方向でビットコインの流れが発生します。

一見簡単そうに見えますが、実はいろいろな人や複雑な仕組みの上で成り立っているんです。

仮想通貨の世界では、大きな額のお金が絶えず動いています。もしも、不正がいとも容易く行うことができるような状態では、誰も安心して取引することができないですよね。

今回は、ビットコインの送金を安心・安全に行うための仕組みについて解説します。

送金に必要なのはビットコインアドレス

ビットコインアドレスとは、ビットコインのユーザーが所持しているウォレットに紐付けされた個別の文字列のことです。27~34文字の英数字からなる複雑な文字列になっています。
ウォレットとは、ビットコインを取引する際にひとりひとり必要になる口座やお財布のようなものです。

簡単にいうと、銀行口座の口座番号のようなものです。銀行口座振込を行うとき、振込先の口座番号を知らないと振込できないですよね。

つまり、送金したい相手のビットコインアドレスを指定することで、ビットコインの送金が行えるようになるわけです。

ウォレットには、それぞれ紐付けされた秘密鍵という特有の文字列があります。秘密鍵は、ウォレットに送金されたビットコインを取り出したり送金したりするのに必要です。要は銀行口座の暗証番号のようなもの。

ビットコインアドレスは、この秘密鍵から生成された公開鍵という文字列からさらに生成されます。つまりビットコインアドレスは、元は秘密鍵から生まれたものということです。

こう聞くと、ビットコインアドレスを知られるとそこから秘密鍵を知られてしまうんじゃ無いか、と心配になるかもしれません。安心してください。

秘密鍵と公開鍵とビットコインアドレス

ビットコインアドレスは公開鍵から、公開鍵は秘密鍵から生成されますが、逆を追って生成・解析することは不可能です。

公開鍵とビットコインアドレスは誰でもわかる状態になっていますが、秘密鍵だけは漏れたりしない限り所有者だけしか知りえないようになっています。
(別に覚えなければならないというわけではなく、ウォレット内に記録される)

この仕組みのおかげで、安心してビットコインのやり取りが行えるというわけです。

ビットコインの信頼を確立させているもの=ブロックチェーン

ビットコインが人から人へと流れるときの仕組みはわかりました。ただ、これだけではビットコインを信頼を確立するまでには至っていません。

銀行を例にします。

普段なにげなく銀行口座振込をしている人が多いと思いますが、実はかなり重要な条件のもとに成り立っています。

例えば、僕が松田に10万円振り込むとしましょう。このときに必要なのは、

  • タロウの口座から松田の口座に10万円を移す
  • タロウの口座残高に10万円引いた額を書き込む
  • 松田の口座残高に10万円を足した額を書き込む

と言った作業です。

万が一、この中の「タロウの口座残高に10万円引いた額を書き込む」行程が行われなかった場合、10万円余計に発生してしまいますよね。こんなことが起こってしまうと、お金の価値も信頼も一気に失われてしまうんです。

こういったことが起きないためにも、日本円は銀行が責任を持って抜かりなく管理しています。

しかし、ビットコインをはじめとする仮想通貨には、銀行のような管理する機関が存在しません。あるのは、ビットコインの取引場所を提供している業者と、取引をする個人だけです。

では、ビットコインは銀行のような仕組みを使わずに、どうやってその価値と信頼を得ているのでか?それを可能にしているのが、ブロックチェーンと呼ばれる仕組みです。

ブロックチェーンは、分散型台帳、もしくは分散型ネットワークなんて言われたりもします。って言われも、よくわからないですね・・・。

台帳はわかりますよね。会社やお店など、入ってくるお金・出ていくお金といったお金の流れを記録しておくものです。ブロックチェーンにも、仮想通貨のお金の流れが漏れることなく書き込まれています。

では、なぜその台帳を分散させるのでしょうか?

分散された台帳はひとつひとつがブロックと呼ばれていて、それぞれが連動して動いています。

もしよからぬ考えを持つ人間が、どれかひとつブロックを改ざんしようとしても、それに関連するすべてのブロックに手を加えなければなりません。そもそも、この作業自体がかなり何回で時間がかかるものです。

加えて、ブロックの中には仮想通貨の取引データが、24時間365日絶えることなく常に新たに書き込まれています。ブロックを改ざんしようとするには、この書き込みスピードを上回る速さで作業しなければなりません。

ブロックチェーンは、世界中の有志(マイナー)が提供している多数のコンピュータの計算によって管理されています。その膨大な数のコンピュータの計算力を相手に、勝てる人間なんていないですよね。

これがブロックチェーン、並びにビットコインをはじめとした仮想通貨の信頼につながるわけです。

まとめ

このように、ビットコインの世界では、銀行のような仕組みとは違った新しい仕組みで安心・安全性が確保されています。

ブロックチェーンは簡単に触れているだけなので、さらに詳しい内容は別記事にて解説します。

ABOUTこの記事をかいた人

マツ

高2から陰キャでコミュ障になり、最終学歴高卒フリーターの人生がけっぷち屑野郎へ。 こっから人生大逆転ホームラン狙ってます。担当はゲームとお菓子調達です。よろしこ 最近、4コマ漫画のブログをはじめました。 クリック