ビットコイン初心者でもわかりやすい!ブロックチェーンとは?

当サイトおすすめのおすすめ仮想通貨取引所

【1位】ビットフライヤー
国内最大手!本人確認のハガキも一番早く届く仮想通貨取引所です

【2位】Zaif
驚きの手数料-0.01%仮想通貨の積立投資も可能。国内で最も手数料が安いです

【3位】GMOコイン
金融庁の認可をもらった安全な事業所です

ビットコインについて調べているとき、ブロックチェーンなる言葉を目にすることがあると思います。

なにやら、仮想通貨と関係性が深いスゴイ技術らしいけど結局のところ何なのかわからない、と言う方も多いですよね。

そこで今回は、ブロックチェーンについてわかりやすく解説します!

ブロックチェーン=分散型台帳技術、分散型ネットワーク

なにやらよくわからない言葉が出てきましたが、重要なのは分散型と言う点です。分散されているんですね、台帳が。

台帳をバラバラに分散させる

台帳とは、商売で出ていったお金(要は支払ったお金)と入ってきたお金(支払われたお金)の流れを、日時や取引相手などをひっくるめて詳しく書き込むための帳簿です。

分散型があるということは、分散されていないものもあるということになります。代表的なのは、日本円などの一般的な通貨です。

日本円は、日本銀行が責任を持って様々なお金の流れを管理しています。このように圧倒的な権力と責任を持っている機関が管理しているタイプが、中央集権型と呼ばれるものです。

日本円は日本銀行によって支配されている

分散型には、中央集権型のような圧倒的管理者が存在しません。でも、お金の流れは誰かが管理しないと、不正など大変なことになりますよね。

じゃあ誰が管理しているのかというと、それは取引に参加している全員です。みんながみんなで管理・監視することで、整合性を保って不正が無いようにしています。

もちろん、人間の目で逐一確認しているわけではありません。実際に仕事をしているのはコンピュータです。

blockchainの管理者はみんなのコンピュータ

世界中に存在するコンピュータをたくさん使って、24時間365日休まずに管理しています。たくさんのコンピュータが同時に高度な計算をしているので、人間の手で不正を加えることが難しいとされています。

ブロックとは?チェーンとは?

ブロックチェーンで一番重要なのはブロック、つまり分散された台帳の部分です。このブロックひとつひとつに取引の内容が事細かく書かれています。

チェーンは、ブロックとブロックを結びつけているものです。これらを合わせてブロックチェーンとなります。

しかし、ただブロックっとブロックがチェーンでつながっているだけではありません。つながれたブロック同士が互いに関連しあうことで、整合性や不正防止を実現しています。

では、どうやってブロック同士を関連づけているのでしょうか?

ブロックの中にはハッシュというデータが存在します。ハッシュは、直前のブロックに書かれている内容を要約したものです。

ハッシュは元となったデータ、つまり取引内容のデータを暗号化して人間には解読できないようになっています。ハッシュから元のデータを復元することもできません。

直前のブロックの要約がハッシュ

直前のブロックがどんなヤツなのかを説明するのが「ハッシュ」

じゃあ、このハッシュが一体どんな役目を持っているのでしょうか?例えば、あるブロックの内容が次のブロックに書かれているハッシュと違う場合・・・

ブロックの内容がハッシュと違うと不正が疑われる

と、なります。すぐに不正がばれるわけです。

ブロックのひとつに間違いや不正があったとしても、それ以外のブロックと連携することで元の正しい状態に戻すことができます。

こういった関係性がブロックの数だけ無数に存在し、連携することで不正を防止しているわけです。

ブロックチェーンが仮想通貨を支えている

日本円などの従来の通貨とビットコインをはじめとする仮想通貨の大きな違いは、中央管理者が存在していないという点です。

国が管理している通貨では無いので、世界中で取引することができます。

仲介者を通さず取引相手と直接つながっているので、銀行などを通すよりも素早く取引することが可能です。仲介者を通さずに行うことをP2P「Peer to Peer=ピア・トゥ(ツー)・ピア」といいます。

要は、これまでの通貨と比べて圧倒的に自由度が高く、可能性に満ち溢れている通貨ということです。

しかし、それだけ自由だと安全性が心配になります。管理者がいなければ不正し放題です。

それを解決するのが、ブロックチェーンという技術。ブロックチェーンは、多数のコンピュータによって監視・管理されています。コンピュータが行っていることをマイニング、そのコンピュータを提供している有志の方たちをマイナーと読んだりもします。

マイナーは今や世界中に数え切れないほど存在しているので、不正しようにも現実的ではありません。何せ、相手は数え切れないほどのコンピュータです。人間ごときが太刀打ちできるわけないですよね。

仮想通貨だけじゃない、ブロックチェーンの未来

ブロックチェーンは、もともとビットコインの根幹を支える技術として発表されました。なので、ブロックチェーンはビットコインをはじめとした仮想通貨特有の技術という考えを持っている方もいます。

しかし、ブロックチェーンの肝は中央管理者が存在せず、全員で管理・監視をする点です。別に、金銭的な取引に限った話じゃありません。仮想通貨以外にも、あらゆることに利用できる可能性があります。

仮想通貨ブロガーのイケダハヤトさんも、いろいろな可能性をあげていました。もはや、「ビットコインよりもすごいんだ!」とまで発言しています。

仮想通貨の取引をしている人の中でも、ブロックチェーンについて理解している人は少ないかもしれません。取引だけなら、ブロックチェーンのブの字も知らなくてもできますからね。

しかし今後の未来のことを考えれば、勉強しておいて損はないはずです。

ABOUTこの記事をかいた人

マツ

高2から陰キャでコミュ障になり、最終学歴高卒フリーターの人生がけっぷち屑野郎へ。 こっから人生大逆転ホームラン狙ってます。担当はゲームとお菓子調達です。よろしこ 最近、4コマ漫画のブログをはじめました。 クリック