イーサリアムとは?ビットコインとの違い、将来性について解説

当サイトおすすめのおすすめ仮想通貨取引所

【1位】ビットフライヤー
国内最大手!本人確認のハガキも一番早く届く仮想通貨取引所です

【2位】Zaif
驚きの手数料-0.01%仮想通貨の積立投資も可能。国内で最も手数料が安いです

【3位】GMOコイン
金融庁の認可をもらった安全な事業所です

時価総額が2018年1月時点でおよそ1億ドル、ビットコインについで世界第2位を誇るのがイーサリアムです。

アルトコインの中でも人気の高いイーサリアムですが、以外に詳しく知らない方も多いのではないでしょうか?

仮想通貨取引をなんとなくでやっている方も多いと思います。2017年はそれでも儲けることができましたからね。

しかし、今後はどんどん仮想通貨の取引が活発になり新しく始める人も多くなり、何となくでは儲けられなくなっていくでしょう。仮想通貨の知識はどんどん吸収していくべきです。

ビットコインや他のアルトコインと何が違うのか、なぜビットコインに次ぐほどの時価総額になったのか、こういった点を理解すると、今後のイーサリアムを見る目も変わりイーサリアム投資の付き合い方も変わるはずです。

イーサリアムは仮想通貨のことではない!?

世界第2位(2018年1月時点)の仮想通貨として有名なイーサリアムですが、厳密には仮想通貨そのものを指しているわけではありません。

イーサリアムとは、とある壮大なプロジェクトの総称のことなのです。

イーサリアムの目的

そもそもイーサリアムの本来の目的は、ビットコインのそれとは大きく異なります。

ビットコインは、国などの中央集権型の管理者を介さずに当事者同士でのお金のやり取りを可能にするために生み出されました。

ビットコインによって、世界のどこにいても、いつでも誰にでも、よりスピーディーに送金することができるようになったのです。

イーサリアムの本来の目的は、こういった決済システムの変革ではありません。

イーサリアムは、ブロックチェーン上に誰でもアプリケーションが作成できるプラットフォームを構築する、ということを目的として作られました。

実際に、イーサリアムのブロックチェーンを利用して不動産投資のサービスを行っている会社があります。シンガポールを中心に不動産案件を扱うREIDAOという会社です。

こうした例はまだまだ少ないですが、イーサリアムを企業で利用するための団体「Enterprise ethereum Alliance」も結成され、日本からもトヨタなどが参加しています。

仮想通貨としてのイーサリアム

イーサリアムの本来の目的はわかりました。でも、「仮想通貨の話はどうなったの?」と思いますよね。

イーサリアムは、ブロックチェーン上にアプリケーションを作るためのプラットフォームです。すでにいくつかのアプリケーションが誕生しています。

このアプリケーションを利用するためにはコストが必要です。このコストの手数料として利用されるのが、イーサ(ETH)という通貨になります。これが仮想通貨としてのイーサリアムの正体です。

つまり、もともと仮想通貨のイーサリアムは、イーサリアムのブロックチェーン上に作られたアプリケーションを利用するために用いられる通貨ということになります。

イーサリアムからICO

イーサリアムにはもう一つ、ICOに利用されることが多いという特徴があります。

ICOとは「Initial Coin Offering」の略で、企業などが新しい事業を始める際の資金調達として独自の仮想通貨を発行し、それを販売することでお金を集める手段のことです。

すでにICOによってたくさんの仮想通貨が生まれました。その中にはイーサリアムが元になって生まれたものも多数存在します。

  • OmiseGO(OMG)
  • オーガー(REP)
  • COMSA(CMS)

などがその代表例です。なぜイーサリアムからICOすることが多いのか、その理由についてはのちほど解説します。

ビットコインとの違い

そもそも目的からしてビットコインと大きく異なるイーサリアムですが、仕組みに関してもビットコインには無い点がいくつかあります。

スマートコントラクト

Smart Contract、日本語に訳すと「賢い契約」となります。簡単に解説すると、ある契約の内容とそれが実行されるための条件をあらかじめ記録しておいて、条件が整い次第自動で行うための技術のことです。

例えば、あなたがとある喫茶店でコーヒーを買うとします。そこで店員さんから「コーヒー10杯で1杯無料になります!」と言われたとしましょう。きっとコーヒー好きのあなたは、その店に足繁く通うことになるはずです。

それから毎日通い続け11日目となった日、あなたは店員さんに「コーヒー10杯購入したので1杯無料になりますよね」と問います。しかし、店員さんはこう答えたのです。

そんな約束しましたっけ?

もう、あなたはカンカンに怒るはず。店員さんと言った言わないの問答を繰り広げる羽目になるでしょう。

実際に似たようなキャンペーンがあれば、ポイントカードのようなもので記録を取ったり、1杯購入するごとにサービス券を配ってそれが10枚集まったときに1杯無料でもらえる、といったような仕組みになります。

スマートコントラクトは、条件が達成されたときに忘れずに契約を実行するように、条件と契約内容をブロックチェーンに記録しておきます。

ビットコインのブロックチェーンには、いつ誰が誰に対していくら送金したか、といった取引内容だけが記録されます。つまり過去の記録です。

イーサリアムのブロックチェーンはこの過去の記録に加えて、未来に予定されている契約についても記録することができます。

イーサリアムとERC20

上でイーサリアムはICOによく利用されると解説しました。それを可能にしているのがERC20という規格です。現在たくさんの種類がある仮想通貨ですが、バラバラに存在するよりも同じ規格で作ったほうがいろいろと捗るということで生み出されました。

仮想通貨を入手するには記録しておくためのウォレットが必要になるのですが、通常は通貨の種類ごとにウォレットを用意する必要があります。

しかし、ERC20という規格を利用して生み出された通貨はウォレットを分ける必要がなく、一つのウォレットにすべての通貨を記録しておくことが可能です。

イーサリアムからICOするときにこのERC20の規格を利用することができます。上のスマートコントラクトとこのERC20が、イーサリアムからICOする業者が多い理由です。

将来性は?

ブロックチェーンで誰でもアプリケーションやサービス、さらに新しい仮想通貨までも作ることができるイーサリアム。すでに生み出されたものも多く、今後もなかなか期待できそうです。

イーサリアムのもう一つの特徴として、注目や期待をしている著名人、企業が多いという点です。

ホリエモンこと堀江貴文さんは、およそ4年前の2014年の4月の時点でイーサリアムの可能性に言及しています。

ビットコインに対しては「詐欺だ!」とまで発言した(のちにこの発言を後悔していると述べた)ジェームズ・ダイモン氏がCEOを務めるJPモルガン・チェースも、イーサリアム連合には加盟しました。

日本を代表する自動車メーカー・トヨタも、Enterprise ethereum Allianceに参加しています。

このように多くの人からその将来性を期待されているイーサリアムですが、懸念材料がないというわけでもありません。その一つが発行上限枚数です。

ビットコインは、発行枚数の上限が2100枚と決まっていて、その希少性も価値を上げた要因の一つと考えられています。

しかし、今のところイーサリアムには発行枚数の条件が定まっていません。2018年1月の時点での発行枚数もおよそ1億枚とビットコインをはるかに凌駕しています。希少性もへったくれもありませんね。

もう一つが、上でも述べたアプリケーションの開発やサービスの提供、ICOをするためのプラットフォームとしてのイーサリアムですが、過去にある事件が起こっています。それがThe DAOです。

The DAOとは、イーサリアムのブロックチェーンを利用した投資ファンドのプロジェクトです。多くの投資家から資金を集めて、イーサリアムでICOした独自通貨を出資してくれた投資家たちに発行しました。

しかし、事件が起きてしまいます。The DAOのプジェクトで集まった資金、約65億円もの大金が盗まれてしまったのです。

この事件自体はThe DAOの惰弱性を突いたものであり、イーサリアムのせいではありません。しかし、元がイーサリアムだったこともあり、このときはイーサリアムの価格も下落してしまいました。

このようにいろいろなアプリやサービス、ICOといったプロジェクトの起点となっているため、そのプロジェクトに問題が発生するとイーサリアムにまで影響が及んでしまう可能性があるのです。

幸いThe DAO以降は大きな事件は起きていませんし、2017年中は1月ごろ1,000円程度だったのが1年経過した2018年1月13日には16万円に達するなど(伸び率約160倍!)今後の伸びにも期待はあります。

イーサリアムを買うには

時価総額第2位ということもあり、おおよその取引所で取り扱いがあります。

そんな中でもおすすめの取引所はコインチェックです。日本国内の取引所のため本人確認が必要ですが、

  • 本人確認用のハガキが届く前から売買取引ができる(出金はできない)
  • 扱っている通貨の銘柄が国内としては多い

といった点が魅力となっています。

国内の業者を利用する場合はどこを選んでも本人確認が必要なのですが(法律で定められているので)、その多くが本人確認用のハガキが届かないとほぼ何もできないという業者です。

コインチェックは、出金はできないものの入金と仮想通貨の取引自体はできるので、いち早く取引を始めることができます。仮想通貨は日々刻々と毎分毎秒のように価値が大きく変動しているので、1秒でも早く取引ができる状態にしたいですよね。

というわけで、すぐに取引を始めたいならコインチェックがオススメです。

ABOUTこの記事をかいた人

マツ

高2から陰キャでコミュ障になり、最終学歴高卒フリーターの人生がけっぷち屑野郎へ。 こっから人生大逆転ホームラン狙ってます。担当はゲームとお菓子調達です。よろしこ 最近、4コマ漫画のブログをはじめました。 クリック