リップルとは?仮想通貨ではない?特徴・目的・将来性について解説

当サイトおすすめのおすすめ仮想通貨取引所

【1位】ビットフライヤー
国内最大手!本人確認のハガキも一番早く届く仮想通貨取引所です

【2位】Zaif
驚きの手数料-0.01%仮想通貨の積立投資も可能。国内で最も手数料が安いです

【3位】GMOコイン
金融庁の認可をもらった安全な事業所です

2017年の爆上がり以降、上がっても下がっても大きな話題になっている仮想通貨。2018年1月の時点で、時価総額ランキングで圧倒的王者として君臨しているのが元祖ことビットコイン、2位はイーサリアムとなっています。

そして第3位にいるのが、今回のテーマであるリップルです。

イーサリアムの記事でも解説しましたが、ビットコイン以外の仮想通貨であるアルトコインには、ビットコインのようなお金としての機能以外に付加価値として特別な機能を備えていることが多いです。

ただ今回のリップルは、どちらかといえばお金としての機能にフィーチャーしたアルトコインとなっています。もちろん、ビットコインとは違った方向性です。

それ以外にも、他の仮想通貨とはちょっと違った面があるリップル、今回はそういった点をまとめました。

リップルの目的

リップルの大きな目的は、ブリッジ通貨として世界に革命を起こすことです。ブリッジは橋渡しの意味を持ちます。

何を橋渡しするのかというと、異なる二つの通貨です。例えば、日本から日本円をUSドルに替えてアメリカに送金する場合。

いろいろな中継点をぐるぐるまわる

これまでの仕組みではアメリカに送金されるまでに、日本の銀行、中継銀行、そしてアメリカの銀行を経由する必要がありました。経由が多いのでそれだけ時間がかかり、その都度手数料がかかるという、時間もコストもかかる非合理的な方法しかなかったのです。

それをリップルで行う場合、リップルを経由することで時間もコストを改善できるようになります。

経由するのはリップルだけになるので、必要な行程が2つ減ることになります。

日本円からリップル、リップルからUSドルに

また、リップルは処理速度に優れた仮想通貨なので、さらに送金にかかる時間を大幅に削ることが可能なのです。

他の仮想通貨と比較すると、ビットコインの1時間以上、イーサリアムの2分以上に対して、リップルは驚異の4秒、ビットコインの900倍の速さを誇ります。

仮想通貨を使わない従来の方法では3~5日かかっていたものを1時間にまで短縮しているので、ビットコインも十分驚異的なスピードではあるのですが、リップルはさらにそのはるか先に行ってしまったのです。

もちろん送金コストも大幅に抑えることが可能になりました。従来の銀行を経由する方法と比べると、およそ6割は安くなります。

リップルは仮想通貨ではない!?

ビットコインをはじめとした仮想通貨は、ブロックチェーンという非中央集権型の仕組みによって成り立っています。国や銀行といった管理者がいなくても、安心安全に運営と管理ができる仕組みとして、仮想通貨以上に注目を集めている技術です。

そんなブロックチェーンですが、実はリップルには採用されていません。リップル独特の分散型台帳システム、XRP Ledgerを利用して運営されています。

ブロックチェーンを採用していないんじゃ、仮想通貨と呼べないんじゃないの?」と思われた方もいるかもしれません。鋭いです。

実際に、仮想通貨に詳しい著名人の中にも、リップルは仮想通貨として扱うことに疑念を持っている方がいます。

2018年1月時点で時価総額ランキング第6位のライトコイン(LTC)の創始者であるチャーリー・リー氏はツイッターで、「リップル(XRP)は仮想通貨ではない」とつぶやきました。

ブロックチェーンで成り立っている仮想通貨は管理者という存在がなく、利用者全員で管理・監視をしていくという仕組みで成り立っています。

しかしリップルの場合は、Ripple Labs inc.(リップルラボ)という会社が運営しています。ブロックチェーンの仮想通貨とは逆なんです。また、マイニング行為もありません。

  • ブロックチェーンを採用していない
  • そもそも中央管理者が存在する

といった点から、リップルは仮想通貨ではないという意見があるわけです。

将来性は?

将来的に価格が上がるかどうかは、ぶっちゃけわからないというのが仮想通貨ではあります。

ただ、リップルの場合は他の通貨と比較して、余計にわかりづらい印象です。

年末年始から2018年1月中旬ごろにかけて、仮想通貨業界では大きな下落が何度かありました。これは銘柄にかかわらず全体的に暴落したわけですが、リップルは特にその幅が大きかったのです。

2017年12月に2万ドルを突破したビットコインは翌1月中旬に1万ドル割れ、2018年1月13日ごろの時点で1,400ドルだったイーサリアムは数日後に800ドル割れとなり、下げ幅はざっくり半分といったところでした。

対してリップルは、2018年1月初めの頃は4ドルを突破するかどうかという感じでしたが、中旬ごろに仮想通貨全体の暴落に伴って下落、一番低かったときは1ドルを割ってしまったのです。そもそもビットコイン以上に急速な価格上昇があったので、その反動ということもあったのかもしれません。

仮想通貨の時価総額ランキングが確認できるCryptocurrency Market Capitalizationsというサイトで見てみると、

ビットコインチャート

BTCが大きく動いた2017年10/21~12/20のチャート

イーサリアムチャート

イーサリアム直近3ヶ月のチャート

ビットコインもイーサリアムもどちらも大きく値上がりしています。が、リップルとなると

リップルのチャート

リップル直近3ヶ月のチャート

その伸び方が異常というのがわかりますね。その後の落ち幅もやはり異常です。こういった価格変動の幅を、ボラティリティ(volatility)と表現したりもします。

今後、再び暴騰もあるかもしれません。中には今年中には500円くらいはいくんじゃないか(今の4~5倍)、将来的には数千円になるだろう、といった予想をしている方もいます。ただ、同時に暴落の可能性も無いとは言い切れないでしょう。

リップルを買うには

日本の仮想通貨取引所といえばビットフライヤーが有名ですが、残念ながらビットフライヤーでリップルを購入することがはできません。また、何かと話題のZaifにも取り扱いがなく、実はリップルって以外に日本で取り扱っているところ少ないです。世界第3位なのに。

日本の取引所でリップルを購入できるのは、コインチェックやビットバンクなど2018年1月時点で5つです。

そんな中でおすすめなのがコインチェック。タレントの出川哲朗さんが出演されているCMが話題ですね。

コインチェックのメリットは、

  • 扱っている銘柄が多い(日本の取引所としては)
  • 売買ができるまでにかかる時間が早い

といった点です。

海外の取引所と比較すると日本の取引所は、取引ができる仮想通貨の種類がかなり少ないです。コインチェックも海外と比べてしまうと全然足りないですが、それでも13種類あります。

あとは、実際に売買取引ができるようになるまでが、日本の取引所としてはかなり早い方です。

日本の取引所は、仮想通貨法や犯罪収益移転防止法といった法律によって、仮想通貨の取引を行うためには本人確認が必須となっています。

そのため日本国内の取引所では、

  • 身分証明書コピーの提出
  • 身分証と一緒に写っている写真の提出(IDセルフィー)
  • ハガキの受け取り

といった行程が必要です。これはコインチェックも同様。

ただ、すべての行程を終了していなくても限定的に機能を利用できる取引所もあり、そのルールは取引所によって様々です。

ハガキが届かないと何もできない業者もあれば、ハガキが届かなくてもビットコインや日本円の入金ができる業者などもあります。

そんな中、コインチェックではハガキが届くまでに、

  • 日本円の入金
  • 仮想通貨の入出金
  • 仮想通貨の売買

ができます。できないのは日本円の出金、要は利益確定だけですね。

利確ができなくても売買取引自体に参加できればそれだけチャンスが増えるわけだし、実際に取引をしてみないとわからないこともあるので、早く実際に触れるという点はかなり大きいです。

リップル以外にも、豊富な銘柄を取り扱っているコインチェック、おすすめです。

ABOUTこの記事をかいた人

マツ

高2から陰キャでコミュ障になり、最終学歴高卒フリーターの人生がけっぷち屑野郎へ。 こっから人生大逆転ホームラン狙ってます。担当はゲームとお菓子調達です。よろしこ 最近、4コマ漫画のブログをはじめました。 クリック