モナーコインは日本発の仮想通貨!その特徴と将来性は?

当サイトおすすめのおすすめ仮想通貨取引所

【1位】ビットフライヤー
国内最大手!本人確認のハガキも一番早く届く仮想通貨取引所です

【2位】Zaif
驚きの手数料-0.01%仮想通貨の積立投資も可能。国内で最も手数料が安いです

【3位】GMOコイン
金融庁の認可をもらった安全な事業所です

今や世界中に千種類を超えるとも言われている仮想通貨ですが、いくつか日本で誕生したものがあります。モナーコイン(モナコインとも呼ばれる)もその一つです。

2017年12月には1MONAが2,000円を超えるなど、日本初の仮想通貨の中ではひときわ注目度が高く、また愛好家が多いことでも知られています。

今回はモナーコインが他の通貨とどんな違いがあるのか、将来性はあるのかをまとめました。

日本発の仮想通貨!

まず大きな特徴は、日本で生まれた仮想通貨である、という点です。

発祥はあの2ちゃんねるで、2013年12月に2chpool ◆bzJIFpVqts氏(のちにMr.Watanabeを名乗る)によって開発され、よく2014年1月から流通が始まりました。

名前の由来は、有名なアスキーアートの「モナー」です。モナーはアイコンにも使われています。

モナーコインの元ネタ「モナー」

これが「モナー」

もともとはビットコインを元に作られたアルトコインのライトコインを元に作られていて、引き継いでいる特徴も多いです。送金速度の速さや、ビットコインよりも総発行数が多い、といった点がライトコインから受け継がれています。

他の仮想通貨と大きく違うと感じるのは、愛好家がいるという点です。もちろん、他の通貨でも将来性などからファンを集めている通貨も多いですが、モナーコインの場合は一味違います。

こちらは秋葉原UDXの大型ディスプレイで2017年10月25日~31日まで流れた、モナーコインのPR動画です。他にも、秋葉原ラジオ会館でも放送されました。

もともと2ちゃんねるが発祥ということもあり、秋葉原でこういった催しを開催するというのは非常に合っていますね。

実はこの動画、とある愛好家が個人でお金を出して放送したもの!かかった費用は100万円だそうです。

いくらファンとはいえ、仮想通貨の宣伝に100万円出せますか?もちろん、この後価格が急騰したので100万円くらいは取り戻せたのでしょうが・・・。

日本のオタクって、たまに度肝を抜くようなお金の使い方をしますね。

使い道が多い!

一応お金ではあるものの、現状は投機目的での所有者が多い仮想通貨です。しかしモナーコインは、実際に決済に使うことが可能で、それも他の通貨と違う大きな特徴となっています。

AmazonやiTunesのギフト券が購入できるamaten、PC用品などを販売している通販サイトパソコンSHOPアーク(ark)などの通販系はもちろん、整体院やメイドカフェといった実店舗でもモナーコイン決済を導入しているお店が増えているのです。

またそれ以外にもモナーコインには、「投げ銭」として用いられる文化も根付いています。

インターネット上でイラストや漫画、動画などを制作しているクリエイターに対して、投げ銭感覚でお金を渡すという使われ方が多いのです。

投げ銭はクリエイターだけに止まらず、何かを教えてもらった時などちょっとした感謝の気持ちの代わりにモナーコインを送るといった文化も広がりつつあります。

また最近では、日本最大級の同人即売会イベント・コミックマーケット(通称コミケ)でも、モナーコイン決済を導入するサークルが増えています。

現金のやり取りをする必要がないのでお釣りを用意しておく必要がなく、スムーズにスピーディーに決済できるためです。

また一時期問題になった、100円玉と韓国の100ウォン硬貨があまりに類似していることから発生した詐欺行為を防ぐ手段としても注目度が高いでしょう。

将来性は?

気になるのは、今後モナーコインが上がっていくかどうかという点です。まずはチャートを見てみましょう。

モナーコインの直近3ヶ月のチャート

モナーコインの2017年12/1~2018年2/1のチャート

2017年12月6日に2,000円を突破したモナーコインですが、それ以降は下がり続けて2018年2月1日時点で500円程度となっています。

2017年の年末くらいから全体的に下落している仮想通貨ですが、ビットコインと比較してもかなり落ちている印象です。

最近ではビットコインも決済に利用できる企業が増え始めていたり、送金速度がさらに速い通貨もあるので、他の通貨と比較して機能的な特徴が目立ってないのかもしれません。

もちろんモナーコインにも優れた機能が備わっています。

その一つがアトミックスワップ

種類の違う仮想通貨の取引時に、仲介者を介さずに当事者だけでやり取りができるようになる仕組みです。モナーコインは、ビットコインとのアトミックスワップを行えるようになっています。

また、モナーコインの価格が上がるかもしれない要素がまだあります。

現在モナーコインの取引は、そのほとんどが日本国内で行われているものです。世界的な認知度はまだまだ低く、取り扱いがある取引所もあまり多くはありません。

しかし知名度が低いということは、それだけ伸び代があるということです。

実際に、モナーコインの取り扱いを始める海外の取引所もじわじわと増えてきています。今後、取り扱いできる取引所がもっと増えれば、価格の上昇も期待できるというわけです。

モナーコインを買うには

モナーコインは、ビットフライヤーとZaifで購入することが可能です。

ただビットフライヤーは、スプレッド(購入金額と売却金額の差額。実質的な手数料)の幅が広いので、よく考えて売却しなければ利益からスプレッド分を引いた時に損をしてしまう場合があります。

対してZaifは、本人確認のハガキが届くまでにかなり時間がかかります。数日でハガキが届き取引ができるビットフライヤーに対して、Zaifは数週間から1ヶ月ほど待たされることもザラです。

すぐに始めたい方はビットフライヤー、手数料が安い方が良いという方はZaifを選ぶと良いでしょう。

ABOUTこの記事をかいた人

マツ

高2から陰キャでコミュ障になり、最終学歴高卒フリーターの人生がけっぷち屑野郎へ。 こっから人生大逆転ホームラン狙ってます。担当はゲームとお菓子調達です。よろしこ 最近、4コマ漫画のブログをはじめました。 クリック