2018年2月2日仮想通貨が大暴落!!原因はインドにあった?

当サイトおすすめのおすすめ仮想通貨取引所

【1位】ビットフライヤー
国内最大手!本人確認のハガキも一番早く届く仮想通貨取引所です

【2位】Zaif
驚きの手数料-0.01%仮想通貨の積立投資も可能。国内で最も手数料が安いです

【3位】GMOコイン
金融庁の認可をもらった安全な事業所です

2018年に突入してから、仮想通貨の価格がいまいち低迷していますね。

2017年12月17日におよそ220万円にもなったビットコインですが、先週の2018年2月2日の金曜日におよそ86万円にまで下落、そこから週末にかけて80万台から90万台をウロウロしていました。

ピーク時と比較すると約4割ほど、半分以上も下落してしまったことになります。

1月のコインチェック騒動のときも少しは下落しましたが、流出したのがNEMであったこともあって、半日もすれば元の価格に戻っていました。

今回の下落はコインチェック騒動の時を大きく上回る値動きですが、いったいどんなことが原因だったのでしょうか?

インド財務相の発言が原因か

世界中で急速に広まっている仮想通貨、世界各国も法規制など対応に追われています。

反応は国によって様々で、法律を整備するものの比較的オープンな国、かなり厳しく規制している国、中にはほぼ完全に禁止を明言しているような国もあります。

そんな中、2月1日にインドの議会で財務大臣が、仮想通貨に対して否定的な意見を出しました。

The government does not recognise cryptocurrency as legal tender or coin and will take all measures to eliminate the use of these cryptoassets in financing illegitimate activities or as part of the payments system.

出典:COINTELEGRAPH

Googleで翻訳すると次のような感じになります。

政府は暗号侵害を合法入札または硬貨と認識せず、これらの暗号セットの使用を排除するためのあらゆる手段を取って不正な活動の資金調達や支払いシステムの一部として行う。

確かに、仮想通貨を硬貨として認めない仮想通貨による決済を排除する、といったような内容に取れますね。

これを受けてTwitterなどでも、「インドは仮想通貨を禁止にする」「インドでは仮想通貨は違法になる」といった書き込みやつぶやきが拡散されました。

ただ、これは誤報だとする意見も見られ、かなり混乱が見られました。「全面的に禁止する」という内容ではなく、「犯罪などの不正行動に使われるようなことが内容に、あらゆる手段を取っていく」といった内容だったそうです。

世界の仮想通貨事情

国が何か動きを取れば、かなり敏感に反応してしまう仮想通貨ですが、では他の国々は現時点でどのような態度を取っているのでしょうか?

比較的ゆるやか

我が国日本はここ最近、仮想通貨に対しての法整備は進められていますが、特に禁止にするといった方向でもなく、世界の中でもかなりゆるい国となっています。

法整備といっても、詐欺などのトラブルを防止するために取引所を登録制にしたり、暴力団などの犯罪組織の資金源になることを防止するために本人確認を徹底したりといった内容です。

アメリカやロシアでも法整備はされているものの、受け入れらている傾向にあります。

他にも台湾やベトナム、シンガポールも仮想通貨に対して比較的ゆるい国です。

そこそこ厳しい

お隣の中国韓国はかなり厳しくなっています。

とくに中国はICOが全面禁止で違法となり、中国を拠点としていた取引所も一時停止に追い込まれたりと、かなり混乱が見られました。

これを受けてか、中国最大の取引所でもあったBINANCEも、本社を東京に移すのではないかといった噂があるほどです。

2018年2月5日時点で世界最大の取引高を誇るUpbitもあり、世界的に見ても仮想通貨の取引量が多い韓国ですが、政府はどちらかといえば否定的な態度を見せています。

今回の暴落の原因ともされるインドも、元から仮想通貨に対してかなり厳しい国です。

他にもアイスランド、ベネズエラ、ボリビア、コロンビア、ヨルダン、レバノン、タイ、インドネシア、マレーシア、ネパールといった国々で規制されていたり中には完全に禁止のところもあります。ボリビアとベネズエラでは、仮想通貨を理由に逮捕者が出たというニュースもありました。

ヨーロッパの国々はEUとして規制の動き

2017年12月に、EU全体で仮想通貨取引所に対する規制を行うことが決定されました。

EUの中でも、オーストリアスイスなどの国では、実際に仮想通貨による決済をいち早く導入していたり、仮想通貨専用の銀行が誕生したりとかなり寛容的です。

このように、ヨーロッパの国々では仮想通貨に対して寛容的な国が多いのですが、コインチェックをはじめとした騒動やマネーロンダリング防止の観点から今回の規制の動きが出ました。

2月5日現在、上がる様子はなし

ひとまず下げ止まりはしましたが、V字回復といったような動きは今のところ見せてはいません。

果たして今後また上がるのか、それともこれで終わってしまうのか。今後上がるとするならば、今が買い時なんでしょうね。

ちなみにこ1年のビットコインの値動きはこちらです。

ビットコインのチャート

果たして、ここから再び上昇するのか!?

ABOUTこの記事をかいた人

マツ

高2から陰キャでコミュ障になり、最終学歴高卒フリーターの人生がけっぷち屑野郎へ。 こっから人生大逆転ホームラン狙ってます。担当はゲームとお菓子調達です。よろしこ 最近、4コマ漫画のブログをはじめました。 クリック