ファンダメンタル分析はバイナリーオプションに使えるのか?

ファンダメンタルという言葉を聞いたことがありますか?ニュースをよく見ている方はきっと耳にしかことがある言葉だと思います。

今回はファンダメンタルとはどんなことを意味するのか、バイナリーにファンダメンタル分析は使えるのかを考えていきます。

ファンダメンタルってなに?

hands-global

引用元:pixabay

 

まず、ファンダメンタルとはどんなことを意味するのかをご説明しましょう。ファンダメンタルとは簡単にいってしまえば「業績」のことです。

もう少しグローバルに捉えると、「経済活動の状況を表わすための要因」「経済を行う上での基礎的条件」ということができます。

この要因や条件は、どんなことから判断されるのでしょう?たとえば経済成長率(国内総生産GDP)や貿易収支、物価指数(物価上昇率)、失業率や雇用率、株価、財政収支などが影響してきます。

金やプラチナ、原油価格なども当てはまります。さらには経済市場に影響力のある人物(首相や有名人など)の発言やツイートなどで経済が大きく変動する場合もありますね。

各国のファンダメンタルについては、週・月・四半期単位で公表されていて、これをもとにトレーダーが分析を行いお金が動かすので、大切な判断材料となっているのです。

トレーダーの間ではファンダメンタルのことを「ファンダ」というように短縮して呼ぶ場合もあります。「ファンダ的に今のアメリカは強い」=「今のアメリカの経済状況がいい」というような使われ方をするので覚えておきましょう。

バイナリーにおけるファンダメンタル分析とは!?

それではファンダメンタルが、バイナリーオプションとどのように関係してくるのかを考えてみましょう。

どんなときに使うの!?

バイナリーにおけるファンダメンタル分析は、主に海外の業者と取引する際に使うことができます。世界経済の動きや政治活動の流れなどを考慮しながら、購入するかどうかを決めなくてはいけません。

各国より発表される資料をみて、その国の経済指標や政治状況が安定しているかを見極めます。そこからレートが高くなるか低くなるかを判断し、購入するかどうかを決める・・・ということになるのです。

バイナリーには不向き説は本当?

さて、ここまでファンダメンタル分析について説明してきましたが、実際にバイナリーを行う際にこの分析は有益となるのでしょうか?

世界経済の流れを知ることは、マメにニュースを見たり新聞を読んだりしないといけないので日々忙しく働いている人にとっては大変なことかもしれませんね。

さらに、世界経済は常に動いているので知りたいニュースが寝ている間や仕事をしているときに大きく動いてしまうと、先に相場が動いてしまっている・・・ということもあるでしょう。

そして難しいのが、一般人にできるファンダメンタル分析には限度があるという点です。世界の経済指標をニュースや資料から細かく分析することは、初心者にとってはとても難しく、「買いだ!」と判断しても逆にレートが動いてしまうことも考えられます。

もう1つバイナリーで難しいことがあるのでご紹介しましょう。経済指標が発表された後は、相場が大きく変動する時間になります。海外のバイナリー業者では、入札を行った時に大きな値動きがあると購入できないことがあるので、注意しなければいけません。

値動きが激しいと「倍率を高くすることで大儲けできる!」と考えてしまいがちですが、このようなときに使えるワンタッチ取引を、掲載指標発表後は多くの業者ができないように設定してしまうので大儲けはできない仕組みになっているのです。

世界経済の流れに詳しく、長年レートの動きを把握している人ならともかく、付け焼刃で勉強をしたバイナリー初心者にとってはファンダメンタル分析をバイナリーに活かすことはとても難しいことといえるでしょう。

ファンダメンタル分析を取り入れるなら?

ファンダメンタル分析をバイナリーに活かしたいなら、経済指標が発表される前にポジション調整が行われる時があるので、そこを狙うといいでしょう。これはどうしてかというと、経済指標が発表される前にあらかじめ不必要と判断されたものを売却したり、発表後の変動を狙って購入する動きがみられるからです。

経済指標発表前のほうが比較的購入しやすいのですが、値動きの行方はその時その時で変わってきます。発表前より発表後のほうが有利になる場合もあるので、前後の流れを日々チェックしておくことが大切といえるでしょう。

まとめ

ファンダメンタルについて理解できましたか?世界各国のファンダメンタルを日々分析することは一般人にとってとても難しいことです。それらを分析してバイナリーに取り入れることは、初心者には危険かもしれませんね。

もしファンダメンタル分析をバイナリーに活かしたいのであれば、毎日のニュースに目を向け世界の状況を事細かにチェックしたり、長期的に経済指標の動向に目を向け日々分析を行うことが必要になるでしょう。

どちらにしてもファンダメンタル分析だけに頼らないで、テクニカル分析など別の方法を組み合わせて予想することが大切なのです。

その他、投資方法

テクニカル分析はバイナリーオプションに有効なのか?

2017.05.24

ギャンブルで使われるマーチンゲール法はFXでも有効!?

2017.05.08

【負けない投資法】バイナリー使えるグッドマンとウィナーズって?

2017.04.29

この記事を読んだ方におすすめの記事

バイナリーオプションは詐欺なのか?武井壮が挑戦

2017.07.27

バイナリーオプションは、一時、ステマなどが流行ったこともあり詐欺のイメージがつきまといます。そこで、武井壮さんが実際に海外の怪しい業者を使ってバイナリーオプションに挑戦します。結果はいかに・・・

アンジャッシュ児嶋がバイナリーオプションに挑戦

2017.03.08

アンジャッシュの児島さんが、バイナリーオプショントレーダー「ぼり平先生」にレクチャーを受けながら自腹でバイナリーオプションにチャレンジします。先生のアドバイスで素人の児島さんでも勝つことができるのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

浅田

タロログのメシアでございます。この写真を撮ったあと、ポニーに太ももを蹴られました。痛かったです。でも大事なところ蹴られなくてよかったです。